Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

わらぶき農家の製作⑤小物製作Part-2

小物製作2回目は臼を作ります、従来線にわらぶき農家を含め数ヶ所配置しています。

①素材は面相筆軸、ヤスリで平坦にしてから♯600耐水ペーパーで滑らかにし、軽く面取りします。
②1mmドリルでセンター出しした後、フチが1mm弱になるまで3.2mmドリルで丁寧にザグリます。(写真拡大すると少しズレていました)
③フラットアースで塗装後に軽くウェザリングして切り取れば完成、写真撮影で気付いた付着小片はピンセットで取り除きました。
④杵がないと餅を搗けないので今回作ってみました、軸はフラワーアレンジメント針金、2mmプラ角棒に針金が通る0.6mm穴を空けて削り、それらしい物ができました。 1.5mmの方が加工は楽ですが、角棒は1・2・3mmしか常備していません。


照明組込み後に他の小物類と合わせ、せっかく作ったので目立つ場所に配置予定です。

次に生垣を作ります。 手入れの生き届いたカッチリしたタイプ、写真例は背が高く中が見えないので、もう少し低くします。

素材は3x10mm工作材、裏は防風林から水田へ続くので生垣なし、右2枚が両サイド、左2枚が正面用、コーナー部を斜めに削りダークグリーンに塗装します。

塗装していない底面と建物ベースに接着する内側下部をマスキングします。

マスキングしていない面それぞれ約30mm毎に瞬着をたっぷり塗り、緑色フォーリッジ滓の山に押し付け、指で押さえ地肌が見えない様に接着します。 固着後に余分なフォーリッジ滓を取り除き形を整えます。

完成した生垣部品4本を仮置きして様子を見ます、両サイドは防風林横まで長くしてあります。 腰の高さの生垣で解放感があり良い雰囲気だと思います、従来線は2x10mmを使いましたが今回は厚目にしました。 装着はまだ先になります。


もう一つ小物中の小物、縁側隅に置かれた新聞紙束を作ります。 従来線は0.8t板紙製ですが、小片にすると板紙層間接着力が弱かったので、別の方法で製作します。 また今回は従来線と同じでは詰らないので2束置く事にしました。

①コピー用紙では薄いので上質紙の服用薬説明書を使いました。 文字が印刷されていた方が切断面がそれらしくなると考えました。
②半面にボンドを塗り伸ばし接着、更に同じ事をして1/4サイズにしました。
③ハサミで切って張り重ねを2回繰り返し16枚重ね、2.5mm厚になりました。 天面活字は邪魔なのでコピー用紙を貼り、鉛筆芯の腹で表面を汚してあります。 陽の当る窓辺で半日乾燥させるとカチカチになります。
④カッターで2x3mmに切断し、2束並べたパーツ完成写真を撮り忘れてしまいました。 フラットブラック薄め液を軽く浸ま込ませ積み上げた層を表現しました。

縁側隅に古新聞が2束積み上げられている情景です、これだけ拡大しても何とかそれらしく見えるので筆者の基準では合格です。


ではまた。

わらぶき農家の製作④花壇と小物製作Part-1

前庭に花壇を作り、生活感を演出する小物類の製作を始めます。

米粒を着色した花壇境界石をボンドで固着します、筆者親世代からは罰当りと言われそうです。 強度不足を補う為、見えなくなる内側から瞬着で補強します。

花壇内にボンド水溶液を塗布し、極細目の茶漉しでふるったコーヒードリップ滓を厚目に撒きます。 完全乾燥させて未固着滓を取り除いた状態です。

ボンド水溶液に漬けた緑色フォーリッジ滓を置き、花表現用にKATO柿の木の実と、ガンダムマーカーを浸ませたティッシュ片を指先で丸めて加え、花壇が完成しました。 最終的には生垣の陰に隠れ、花壇があると解る程度になります。

厨房裏プロパンボンベです、ジャンク箱部品ランナーから切り出し、2個並列に軽くウェザリングして接着しました。 東基台設置時は裏面田舎道側になり、築堤上列車からしか見えない面になります。 土間壁は見えない部分で補強しています。

続いてゴミ箱を作ります。
①2mmプラ角棒を2段重ねに接着して上面を斜めにヤスリます。
②パワーポイントでゴミ箱データを作成し印刷後艶消しトップコートを吹きます。
③ボンドで接着し天板を瞬着で取り付けます、あちこち使えるので5個製作しました。 接着位置ズレが気になる下の2個は目立たない場所に使います。
④敷地全体の下草を生やしたい場所にカントリーグラスを撒いてから、ゴミ箱を建物裏手に取り付けます。 左手風呂場壁が勝手口にも見えるのでこの場所を選びました。

建物裏側を先に完成させる事にし、フォーリッジクラスター片等の素材で雑草表現を行いました。 それだけでは殺風景なので古材を積んでみました、素材は数十年前の劣化した竹ヒゴです、仮置きされたまま腐ってゆく丸太の雰囲気が出たかなと思います。

建物裏側全景です、レイアウト設置時は手前に針葉樹防風林を4-5本植樹するので、この程度で十分それらしく見えると考えています。


わらぶき農家は東基台の主役建物なので、小物製作配置がまだ続きます。


ではまた。

わらぶき農家の製作③地面と室内の製作

建物ベースの井戸と流しは良いとして、地面が実感に乏しいので手を加えます。

ボンド水溶液(中性洗剤入り)をベース全体に塗ります。 夏だと写真を撮る時間を取れませんが、この作業は冬場が向いている様です。

リアルサンドナチュラル・ブラウン・ナチュラルと3回撒きました。 地面は細かな凹凸があり、陽の当り方で均一に見えないのが普通です。 未舗装路も含めて事前に混合せず数回に別けて撒布する方法を採用しています。

乾燥固着後に余分なリアルサンドを落とし、庭石・基礎土台テカリを消して物置を付けた状態です。 出来はともかく、製品状態よりずっと地面らしくなりました。

パワーポイント作成の室内パーツです。 建物6畳茶の間長手方向が22mmの為、畳1枚が5.5x11mmの団地サイズになっています、右は土間側の壁と床です。 プリンター印刷後
艶消しトップコートを吹いて滲み防止をします。

最初に畳・土間・土間壁・襖の順で薄手ボール紙に貼り、現物合わせで切り欠いたり逃げを作って取り付けます。 見えない部分は3mmプラ角棒を取り付け材にしています。 風呂やへっつい回り塗装のアバウトさ等、見えにくい場所の手抜きが一目瞭然です。

次に屋根ステーに接する茶の間壁を0.8t板紙に貼って取り付けます、これでようやくステー周辺処理の検討ができる様になりました。

採寸して茶の間室内パーツデータを作成しました、ステー部は茶ダンスと洋服ダンス、コーナー部にはテレビを置く事にしました。

テレビは3mmプラ角棒に貼ってステーコーナーに少し斜めに、タンスは薄手ボール紙に貼って垂直と下部畳ライン平行に注意して固着しました。 上部が少し曲がり開いていますが、この角度から見る事はないので良しとします。

建物外から見える室内です。 拡大するとアラが目立ちますが、筆者の工作力ではこの辺が精一杯です。

反対方向です、縁側間仕切りパーツ厚みが気になり、削る為に取り外しを試みましたが、室内壁組立時の接着剤が回り込み外せませんでした。 作り直すまでもないと考え、このままとします。


ではまた。