Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

延伸線接続部の設計②

北側問題が決着したので今回は延伸線入口上空から南側の設計です。 前々回『天井断熱工事③』で紹介したお寺奥もトンネル内メンテが必要です。 原計画では線路1本潜れば済んだのが、左右反転でスイッチバック駅基台下を通過する事になりました。

【お寺奥トンネル】
通過するには基台下33cm以上が必要で、基台高は従来線と同じ45cm近くなります。 『延伸計画-5 風景製作の構想』では、接続部から25mm登りスイッチバック駅へ下る計画でしたが、これでは風景製作余裕込みの基台高は42-43cmになってしまいます。 メンテ性確保の為には、接続部から約50mm登る設計変更が必要になりました。

スイッチバック駅基台幅600mm、天板を奥に80mm張出し全幅680mm前提で検討を進めます、北側基台との間隔1200mmで居住性十分です。 黒枠緑が2x4材基台足想定位置、54x33cm基台下を通過して、お寺奥及び延伸線トンネル内メンテを行います。


線路配置は延伸線入口部を通過後、直進すると棟部鉄骨柱に干渉するので、R481S字で東へ平行移動します、接続部に使用するR481/S64はKATO4番ポイント付属余剰線路活用です。 当初計画を変更し、トンネル内勾配区間は使い馴れたKATOユニトラックにする事にしました。 R315で90度向きを変え南端張出し部を東へ直進します。

背景設置位置を検討します、棟部鉄骨柱以南は南側からメンテできますが、R481S字部は北側から行うしかありません。 線路に干渉せずメンテに必要な120mm確保した位置に背景設置予定です、南側背景は床端面に揃えて固定設置する案で考えています。


次は勾配検討です。 従来線ループ線内にKATO橋脚セット4%勾配を採用しましたが、クリーニング液塗布後は少し滑ります。 一方3.3%へ緩和したスイッチバックは問題ありません。 図面赤字は3.2%の場合で緩和勾配を含め56mm、目標50mmクリアです。 勾配区間終了点にジョイント線路を入れてファイントラックと接続します。

【通勤通学列車間もなく発車】
スイッチバック駅基台高は従来線と同じ450mmの見通しが立ちました。 基台幅と構造決定は風景設計後になりますが、接続部がほぼ固まり設計作業が一歩前進しました。


ではまた。

基礎工事ー9 天井断熱工事④

天井断熱工事が続きます。 3回目のスタイロフォーム調達も2枚です、S5工区用502mm幅2Pと、S6工区用500mm幅1Pを裁断しました。 端材は1820-1504=316が2枚、切り代がほとんどゼロなので、これを630mm幅N1工区の危ない天井に使う作戦です。

S5工区起点は従来線延伸線境界部です、先に従来線側を貼ります。 鉄骨すき間を部材が通過できないので、従来線お寺下から基台足を避ける搬入ルートになりました。 基台下を占領していた部品箱は大移動です。

基台下へ頭から潜り込み基台奥の空間で作業します。 部材を梁ボルト・ボルト頭と天井すき間に押し込んで支持させ、反対側を両面テープで仮止めします。 一旦脱出して次の部材搬入、潜り込んで部材取り付け、ストッパー4個で2枚固定しました。

部材搬入して潜り込んだ基台は段々水田の下に当り、基台高400mmなので、上下285mmしかありません。 腕を動かすスペースがなく、通過するだけで作業できません。

南端S6工区は鉄骨接続部なので構造が異なり、従来線延伸線が完全分離しています。 グラスウール断熱材から天井まで20~45cmの非常に狭い空間です。

床より約15cm低い断熱材上に、足場用9mm厚400x900mmコンパネを敷いて肩を乗せ、エビ反り仰向けの苦しい姿勢で作業しました。 ストッパー6個で2枚固定しました。 部品箱収納用に床を基台奥150mmまで延長してなかったら、腰の支持ができずこの場所は施工不能だったと思います。

生野南中下から施工確認するとS5にもう1枚貼れそうです、でも部材搬入できません。 そこでストッパーを外し2枚目部材を梁ボルト・ボルト頭の上へずらすと多少引っ掛かりますが入ります。 長い突出ボルトがない幸運もあり、所定位置まで移動できました。

もう1枚部材搬入して取り付け、ストッパーを部材境界へ移動して固定しました。 三角形鉄骨すき間へ上体を潜り込ませ、奥にもストッパー2個を取り付けました。 ブログで目標公表してなかったら、おそらくここまでやらなかったと思います。

5枚でどれだけ効果があるか疑問ですが、穴倉作業で従来線S5S6工区の施工を終了しました。 目張りテープは作業スペースがなく、このままとします。

従来線側1枚追加施工したので延伸線側は1枚だけ貼ります。 ストッパー2個取り付け、片側は両面テープ仮止め、先を貼ってからストッパーを取り付け目張りします。

N1工区用316mm幅材を採寸し逃げを付けます、最後は現物合わせです。 照明基台すき間へ押し込んで支持させる構造です、ダウンライト部は施工面積に加えません。

910mm長で境界ボルトを乗り越えた場所まで施工できました。

残り1枚を梁ボルト上へ押し込み貼ります、縦分割境界に板紙を瞬着で貼り一体化しています。 見栄えは別として機能優先・コスト削減、目張りすれば気になりません。

今回7枚貼り、受熱寄与率の19.1%、施工目標の57.9%になりました。 スタイロフォーム7枚調達して6枚分強施工し、やっと半分を超えました、なお道遠しです。


ではまた。

基礎工事ー8 天井断熱工事③

2回目のスタイロフォーム調達へ行き、2枚から510mm幅3Pを裁断しました。 車に4枚分積めても置場がなく、施工しながら端材活用法を考える必要があるからです。 それに6カットに小1時間かかり、店の作業場占有時間も気になります。

S3工区起点は笠松信号所発着線裏側、梁ボルト上にボルト頭を逃げて貼ります。 段々要領が解ってきて、梁間をキツメ、天井板側にわずかにテーパーを付け叩き込むと、ピッチリ施工できます。 とは言っても油断は禁物、ストッパーと目張りをします。

S3工区2枚目、3枚目は分割施工で貼り一旦中断、南屋根は1枚当り1%近い受熱寄与率があり励みになります。 S2工区は508mm幅で寸法が異なり、危ない天井ではないので後回しになっています。

続くS4工区起点はお寺奥です、南背景設置後に撮影角度により見せたくない物が見え、手探り作業で背景貼り足し加工した様子が見えます。 従来線ブロック環境も改善したいので、南屋根の貼れる場所は可能な限り施工する予定です。

この場所で両面テープなしを試行してみました。 下貼り手間省略、梁ボルト通過を容易にする作業性改善、1巻4m/¥108でも半端ではない両面テープ消費量削減が目的です。 ストッパーを付ければ問題ない様です。

S4工区2枚目を両面テープで仮止めし、3枚目は両面テープなしで分割せずに梁ボルト部を通過できました、ストッパーと目張り処理した状態です。 屋根裏の青い面積が増えるのを見ると、断熱工事進捗の実感が湧きます。

先へ進めたいところですが、完工部へストッパー追加して浮き防止します。 目張りテープで隠れる部分へ専用部材は勿体ないので、使える物を何でも使いました。
①標準タイプ、13-15mm厚材木片です。(N2工区)
②床材コンパネ端材もストッパーとして活用。(N2工区、従来線上空)
③梁ボルト逃げ部は幅が必要なので40mmプラアングルを使いました。(S1工区)
④ダウンライト部は25mm厚スタイロフォーム片を加工して押し込み。(N1工区)

N1N2工区もストッパーと目張りで南屋根と同じ外観になりました。

今回は南屋根に6枚貼り、完工部後処理を行いました。 ようやく受熱寄与率の12.6%、施工目標の38.2%になりました、設計作業を進めたいのですが時間が足りません。

10/27は好天だったので自宅から車で30分ほどの横谷峡へ紅葉の様子見に行きました。
①横谷峡南岸、諏訪の平の向こうに南アルプス連山が見えています。
②横谷峡北岸、例年はもっと色鮮やかなのですが、今年は気候不順で当地の紅葉は期待薄です。
③完全に色付く前に先日の霜にやられた様です。
④下り10分登り25分の王滝まで足を伸ばしました。


ではまた。