Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

鉄の履歴書-5 ささやかな乗り鉄

青ガエルこと初代5000系デビューは4歳の時、急行運転も開始しましたが、最寄駅は通過なので乗る機会に恵まれませんでした。 昭和33年頃、相武台前へ引っ越した伯母の家へ行った際に初めて小田急に乗りました、ほぼ年1回訪問しました。 渋谷から井の頭線、下北沢ー相模大野間の急行乗車です。 当時は箱根湯本行4両+江の島行2両の急行が15分間隔で運転されていました、停車駅は向ヶ丘遊園、新町田、相模大野でした。 通過駅が多くスピード感があり、相模大野での分割・併結作業も興味深い物でした。


優等列車で行ける所まで行き緩急接続する、国鉄と競合する小田急・京王・京急などのダイヤに比べ、停車駅が多く少し早いだけの東急の急行をみすぼらしく感じていました。

【わらぼっちと貨物列車】

一人で電車に乗り始めたのは小学4年、昭和34年でした、毎月定額小遣いを貰えるようになったからです。 創刊されたばかりの少年SやM(30円)は回し読みを待ち、駄菓子屋通いを減らして乗りに行きました。 初乗り距離が長く運賃5円(子供)の時代です。 二子玉川の浅瀬や等々力渓谷で遊んだり、巨人軍グラウンドを見に行ったりしました。


特急と名の付く列車に乗りたくて、京王線に「乗り鉄」に行った事があります、祐天寺-渋谷-明大前-調布の大遠征です。 京王特急は4+2両編成で、貫通扉がある中間先頭車の速度計が見える場所に陣取りました。 桜上水で各停を追い抜くとスピードを上げ、田畑が一面に広がる仙川手前で、100km/hに到達したのを見た時は感動しました。


「乗り鉄」ではありませんが小学5・6年のほぼ毎日曜日、渋谷から小川町まで都電10系統で進学教室に通いました、現在の地下鉄の様に、縦横に都電の路線網がありました。 現在原宿警察署の場所にあった社会事業大学が模擬試験会場になった時は、渋谷からトロリーバスで行きました、バス・電車と異なる不思議な乗り物でした。 


《筆者余談》

小田急の急行が代々木上原、成城学園、登戸、新百合ヶ丘と停車駅を増やし、快速急行で昔日の面影を保っているのに対し、京王特急は今も昔も明大前、調布、府中ブレがありません。 2004-2010年、単身赴任で京王線沿線で暮らしました、半世紀を経て田園風景は街並みに変わっていましたが、改修される前の調布駅付近には昔の面影がありました。


ではまた。

鉄の履歴書-4 鉄道模型との出会い

小学校入学前、昭和29-30年頃です、年上の従兄弟に良い物を見せると誘われ、父方伯父の家に遊びに行きました。 そこで見たのはOゲージの鉄道模型、車内まで精巧に再現した客車にただ見惚れるばかりでした。 線路を敷き準備する時間が長く感じられました、機関車の記憶はありません、伯父は当時の模型界で名を知られていたそうです。

【重連貨物がゆく】

その2-3年後、父が鉄道模型を買ってくれました、模型と言えるかどうか微妙です、現在のBトレよりプラレールに近い存在だったかもしれません。 3線式Oゲージ、6畳間一杯の長円エンドレスにポイント2個でショートカットルートを加えたブリキレール線路と、EB型電気機関車、無蓋貨車、有蓋貨車、窓下赤帯(三等車)の客車、10段階ほどに速度調整できる電源トランスです。 伯父さんの客車より短く椅子もなく車輪も2つしかないけれどボクだけの鉄道、スピードだって思いのまま、有頂天になって遊びました。

【昭和33年9月 縁側廊下にレールを敷き、手押しで遊ぶ筆者 父撮影スナップ】

しかし、当時のMade in Japanは安物の代名詞でした、1年足らずでレールが錆び機関車は動かなくなり、鉄道模型(スケールモデル)への道は一旦遠のきました。 汽車は知っていましたが、走る姿を見た事も乗った事もなくては興味の湧き様もありません。 鉄道模型への興味が深まり、蒸機に惹かれる様になったのは中学生になってからです。


《おまけ》アルバムで上記写真を探したところ、昭和30年9月のスナップがありました。

筆者5歳幼稚園児の時です、左端は木製の電車、物心ついた時からのお気に入りです。 中央は写真で記憶が蘇りました、ブリキ製東急青ガエル、最新型電車のオモチャです。 一番手前はどう見てもエンドレスを蒸気機関車が貨車引いて走っています、ところが不思議とこのオモチャの記憶が全くありません。 買ってもらって嬉しかったり、気に入って遊べば、覚えているはずですが・・・、ま、鉄道好き子供時代の証明にはなります。


ではまた。

生野南中学校のシナリオと部品製作

今回は風景製作です。 南西コーナーは峠を下った生野駅から、穀倉地帯を中山平へ向かう経路です。 ループ線(北西)、立体交差(北東)、180度カーブ(南東)など山で隠す必要がなく、むしろ大きなカーブを進む列車を見せたい場所です。 本線1本通るだけのコーナーなので、後で考えれば良いと、設計図白紙のままで建設着手しました。

南西コーナーはこの写真右側です。 堤を築いて線路敷設した想定なので、元の自然地形は線路より低い方が自然ですし、南端で20cmしかない天井高の関係からも低くするしかありません。 無難なのは牧場、背景整合も取り易いのですが、水田と牧場の取り合わせがシックリせず、沼(湿地状の池)と葦原や、畑と雑木林の案もあり悩んでいました。


最終的に選んだのは中学校、GM木造校舎の学校とジオコレ体育館です。 GMキット組立が簡単でない事は解っていましたが、多少の度胸がつき挑戦する事にしました。

配置検討設計図です、学校敷地としては手狭ですが、以下シナリオを想定しました。

生野南中学校(南中)のシナリオ

①終戦直後に建設され、生野町3中学校(北中、西中、南中)で一番生徒数が少ない。

②北中、西中は数年前コンクリート校舎化されたが、南中は統合対象になりそのまま。

③十年前体育館が追加建設されたが、他校のプール建設時に南中だけ作られなかった。

つまり、生徒数減少の影響を受け廃校が決まっている、一番街外れの中学校の想定です。

このキットはどこまで作るかにより、綿密な工程設計を要求されます。 大型ストラクチャの昼夜景を考えると、内部製作が必須になります。 工程表を作り、外壁パーツを防火壁で区分されるブロックに別け、組立、塗装しました、木製部分はマホガニーに焦げ茶色調合、土台はフラットグレイ、漆喰部分はライトグレイにしました、全て筆塗りです。 標準技法でウェザリングしてから窓パーツを取り付けた状態です。

屋根は3ブロックに別けて組立、塗装しました、屋根防火壁共にフラットグレイです。 付属の屋根上ドームと時計台は、戦前の古い校舎のイメージになるので設置しない事にしました、ウェザリング完了状態です。 このキットは防火壁、壁材、屋根の組立では建物強度が大幅に不足します、内部製作と構造強化の両立が課題になりました。

1・2階各教室床で問題解決する方法を選びました。 0.8t板紙を床材壁材にした教室モジュールです、ppt製作の床と壁を貼り付けてあります、机は2x5mm工作材と板紙、2人掛机24脚、定員48人の普通教室です。 椅子はありませんが、外から見たらしさ演出には不要と判断しました。 壁高は照明組込みスペース確保の為、外壁窓高+1mmに抑え、教室長さを少し短くして隣接教室間壁すき間を配線スペースにあてます。

廊下側は不要ですが作りました、全8教室は普通教室x4、音楽室、技術家庭理科実験室、職員室/校長室、図書室/放送室としました。 それぞれ内部造作や机配置、合造室は間仕切り壁と戸の位置が異なりますが、基本は同じです。 教室長手方向に2mmプラ角棒x2を渡し、基板実装した3225チップLEDで照明します、職員室/校長室のみ2灯です。

職員室/校長室です、間仕切り壁は外壁4連窓の3・4番目境界に位置し、スペース比は7:3程度です。 職員室左端は校長と教頭の執務机、3列の教員机にはファイルがびっしり積まれています。 窓際にファイリングキャビネットが並び、右端黒板下の机に新聞や資料が置かれています。 校長室は机、会議机、キャビネットだけの簡素な造りです。 

職員室/校長室は1階玄関横が定位置、下駄箱がある上り口に事務職員が応対する受付窓口があるのが約束事でした。 4教室製作して様子見したところ大問題が見つかりました、2階設置で1階が、屋根設置で2階が暗くなり過ぎるのです。 中が見えない以前に、生徒が勉強する環境が整いません、構造と照明の見直しが必要になりました。 困難な問題発生により、残り教室モジュール製作意欲も下がり、半年以上工事中断が続きました。 


ではまた。