Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

県道沿いの民家A①分解調査と改修方針

民家Dを一旦中休みにして、気分転換に民家Aの製作に着手しました。

【昼下がりの中山平駅】
当時無人駅はごく一部、信号所昇格駅を除けばほぼ全ての駅で貨物扱いがありました。

民家Aは県道に架かる小さな橋を挟み、民家Bと並ぶ位置に配置されます。

使用するのはKATO切妻造りの町屋2です。 集落の建物雰囲気統一には良い選択ですが少し迷いがありました、従来線設置ストラクチャだからです。 寄棟造りの町屋もKATOから発売されていますが、民家Cの屋根違いなので他に選択肢がありませんでした。

従来線生野北町通り、物流会社と米屋の角から分岐する裏通りクランク角に設置してあります。 通常目線で見えるのは特徴的な若草色の増築部分壁側です。

夜景では中2階の窓から漏れる光以外は見えません。

スーパー屋上から見下ろすカメラ目線でしか建物正面は見えません。 手前GM製仏具屋と奥の建コレ旅館の間に配置してあり、屋根はオリジナルライトグレーで馴染んだので、ウェザリングのみで済ませました。 初期製作量産ストラクチャの1棟です。

夜景も手抜きです。 商店と異なり住居は暗くて良いと照明はLED1灯のみ、道路反対側の街灯に照らされ目立たなくなるので、簡易遮光で済ませています。 場所が離れ向きも異なりますが『差別化し』『集落に馴染ませ』『作り込む』のが今回のテーマです。

箱から取り出しました、民家B切妻造りの町屋1に近い形状で中2階窓があります。 昔は連子格子だったかもしれません、数度の改築で正面は障子・廊下・ガラス戸になり、終戦直後に玄関から右側が建て増しされ、現在の姿になった想定とします。

増築部分の反対コーナーからです。 まずキット箱絵の様な増築から年月を経た雰囲気を狙います、次にライトグレー屋根色を変更します、トタン屋根が同色も要変更です、便所排気塔の白色もいただけません。

自家畑側の側面は民家Bと同じ窓なし、風呂焚き小屋設置予定の民家Bに対しどうするか考えどころです。 照明は点灯・非点灯・漏れ出る光の使い分けを行います。

前回は2本のビスで大屋根を外して遮光、天井板に穴を開けて砲弾型LEDを押し込む簡便法だったので分解は始めてです。 組立性は考慮しても分解を想定しておらず、内部構造が解らないまま小さなボス1本を折り、爪を少し欠いての分解になりました。

困った問題を二つ発見しました。 一つ目は障子仕切り板、光透過率が低いので裏側表面をドライバーで削ると、民家Cと同じ茶色成形材でした。 薄く削り照明LEDを大パワーで斜め照射する方法でないと目標の明るさが得られません。

二つ目の問題は増築部分の窓内側直近が壁になっている事、照明する為には出桁屋根下にLEDを設置するか、この壁を切り抜かなくてはなりません。 形状は近くても民家Bよりはるかに手が掛かる改修工事になります。


改修方針は以下4点としました。
①大屋根・出桁屋根塗色変更とトタン屋根塗り分け並びにウェザリング。
②増築部分の経時劣化表現と照明。
③小物追加と全体ウェザリング。
④ワンポイント差別化または魅力追加。(これから考えます)


ではまた。

実感!ネットの凄さと恐さ

先日投稿ロングセラー記事の謎に想う - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記に対し、【手歯止め使用中】ぎっしゃさんから『ブックマークを付しブログ関連・新着記事の入口使用アクセスではないか』と指摘がありました。 筆者もレイアウト製作前情報収集時に同じ経験があり、推定20-30/週のランキング下位はこれではないかと納得できました。


約80/週が長く継続していたわらぶき農家の製作②屋根加工とウェザリング - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記については、【昭和の鉄道模型つくれるのかな?Ⅱ】oomoriさんから『《わらぶき農家製作》検索上位が背景ではないか』と指摘を受けました。

そこで《わらぶき農家製作》で検索するとビックリ仰天、いの一番に出てきます。

更に驚く事に、1ページ目に表示される9件全てが筆者のわらぶき農家製作記事です。 キーワード検索上位表示の方法があるとどこかで聞いた覚えがありますが、筆者にはそのスキルもなく、その必要もありません。 何でこうなるの?と薄気味悪い気分です。


最上段の《わらぶき農家製作画像検索結果》にも記事掲載画像が見えているので、どんな画像がネット上に拡散しているのか確認してみました。

【2017.01.03 感謝!10万アクセス到達&わらぶき農家⑧続く小物製作】
わらぶき農家製作記事掲載画像が含まれるのは当然ですが・・・。

【2017.02.22 農家5③塀際の製作】
わらぶき繋がりで別の工作記事掲載画像も出てきます、更に・・・。

【2016.12.14 カーブ鉄橋先の風景設計②】
言語情報が含まれる設計図面まで載っていて驚きました。 そして更に・・・。

【2016.08.19 鉄の履歴書-21 タイムカプセル部品箱②】
わらぶき農家と全く無関係な記事掲載画像も出てきます、国鉄露太本線をキーワードにして芋づる式に広がっているのでしょうか。

【2016.05.06 重連貨物 鉄橋をゆく】
わらぶき農家の「わ」の字もない記事掲載画像もあるのでそうとしか思えません。

【2015.12,26 国鉄露太本線の設計コンセプトとレイアウトルーム紹介】
そして確信したのがコレ、ブログ最初の掲載画像が載っていました。 結局《わらぶき農家製作画像検索結果》最初から200件中95件、何と半数弱が当ブログ掲載画像でした。


一旦公開された情報は発信者の意図に係らず制御不能、それ自身意志を持つかの様に拡散すると理解はしていても、証拠を目の前に突き付けられると凄さと恐さを実感します。 標記記事は昨日6/19週間90アクセスを超えてついにトップに躍り出ました。 どんな形でもアクセスはアクセスですが、最新記事の品質不足証明にも見え複雑な心境です。


補足:《スイッチバック製作》《スイッチバック設計》検索も確認しました。 当ブログ記事や画像はヒットしますが、その密度は《わらぶき農家製作》の1/10程度でした。


ではまた。

県道沿いの民家D⑥照明組込み その2

前回の続きで民家Dの照明組込みを完了させます。

【上り急行構内進入 その2】

間仕切り板裏、1階居室天井固定の中継基板に2階照明直列に厨房LEDを配線します。 フラットアルミ塗装で2階部屋の配光特性改善と共に明るさも向上したので、更に5.6kΩを追加して0.27mA仕様に変更しました。 残り片電極も中継基板に半田付けします。 

建物本体をベースに取り付け、1階2階双方の見え方を確認します。 裏側の照明点灯時昼景です、室内がこの程度見えます、1階扉にはスリガラス加工をしました。

夜景にすると前回より輝度低下し室内のギラギラ感が解消しました。 1階2階の明るさバランスや出桁屋根を照らす光もイメージ通になり、漏光もありません。 念の為民家Cを点灯し、設置方向を合わせて並べて比較しバランスが良好な事を確認しました。

照明LED位置を目一杯前方移動した表側の点灯時昼景です。 店内奥が明る過ぎる一方、カウンター前面商品陳列棚に光が届いておらず、店内照明としてはNGです。

夜景にするとカウンター前面が見える様になりますが、店内各部の輝度差が大きく要改善です。 入口戸の漏光や看板類が透けているのも実感を損なっています。

再び分解し、漏光している入口戸の裏をフラットブラック塗装しました。

そして2匹目ドジョウ狙いの天井フラットアルミ塗装、再組立確認で入口戸漏光はOKでしたが、反射ではカウンター商品陳列棚の明るさ不足でした。 解決策が見当たらず最終的に補助照明追加を決断しました、ブログを書いてなかったら妥協したかもしれません。

中継基板に半田付けした2階屋根裏からの配線を外して間仕切り板を取り出し、補助照明を常時点灯系に追加します。 1608チップLED+100kΩ2本パラで0.18mA 仕様です。 見た目より信頼性重視、厚手両面テープ絶縁で2階建て実装にしました。

横から見るとこんな状態、LEDと間仕切り板壁穴を通した配線は瞬着固定です。

出桁屋根ギリギリの位置に設置し、クリアオレンジ色差しをしました。

再度間仕切り板取り付けと配線半田付け、店内照明には真下が極端に明るくなるのを緩和する、0.5tプラ板拡散板を取り付けました。 透けていた看板裏側を鉛筆で塗り潰し対策を取りました、郵便事務看板はその過程で剥がれ、表側から接着しました。

ベースに再々度組付け店内の見え方を確認しました、補助照明により昼景でもカウンター商品陳列棚が見える様になりました。 更に明るくもできますが、田舎の雑貨屋にはこの程度が似合います。 また拡散板で明るさがかなり均一になりましいた。

夜景も改善し合格レベルに到達しました。 今回で照明組込み完了予定でしたが、想定外の大回りを強いられ、門灯組み込みが残ってしまいました、次回にします、フーッ。


ではまた。