Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

AさんのHyper-G製作記③

電気は苦手なAさんのHyper-G製作への挑戦が続きます。

【『AさんのHyper-G製作記①』より転載】
さあて次に取り付けるのはどれかな?


5.残り抵抗とコンデンサ取付(cont.)

部品表を見直したらコンデンサがもう一個あった、これは知ってる、ポイント切替に使うヤツだ。 部品に100μF/35Vと書いてあるから解り易くて良いね、白い帯に横バー、これマイナス記号?、とすると極性があるのかな?

部品配置図確認したら、電源ライン側にプラスと書いてある、反対側はGND、やっぱりこのコンデンサは極性があるんだ。

だったらこの向きだ、電源とGNDに接続する部品はあとポリスイッチだけだから、ここで電流容量強化した方が効率的だな、長いコンデンサ足も使えるし。

で、コンデンサ足と切り取った部品リード線で電流容量強化をした。 勘違いで指定以上にやった場所もあるけど、やり過ぎて不具合は起こらないハズだね。


6.ポリスイッチ取付
ポリスイッチなんて始めて聞いた、切れないヒューズみたいな部品らしい。

コンデンサに似たコレ、リード線が太いのは3A近く流すからだね、基板の穴にギリギリ入る。 ここも電流容量強化必要って書いてあり、lofthonsen製作記ではビニール被覆線が入らずに端子出してる。 でもこのリード線そのまま使えば手が省けるね。
【筆者註】写真は2.2A動作品です、推奨2.7A動作品は135と表記してあります。

こうしてポリスイッチリード線に電源スイッチ通った電源入力を繋げばOKだね。


7.トランジスタ取付に悩む
さあ次は訳が解らんトランジスタ、これが電源の心臓部なんだろうね。

最初は10個買って3個使う2SC1815Y、3本足が一列に並んでテーピングされてる。

もう一つは少し大型の2SA1359Y、どっちが表なのか裏なのか解り難い形だね、A1359って印刷してある方が表かな? これも3本足、部品配置図にE・C・Bって記号書いてあるけど部品には何にも書いてない、どっち向きに取り付けるんだ?

仕方ないからまた秋月のデータシートを確認した。 E・C・Bはエミッタ・コレクタ・ベースの略なんだね。 エート下の図面は下から見てるんだろうな、製図法なんて中学校の技術家庭でやったっ切りだから自信持てないな~。

こっちはどうだ、E・C・Bの順番は同じ、側面図あるけどヤッパリ自信持てないな。 素人はトランジスタ初めてなんだから簡単な見分け方を説明して欲しいよね。

【『作れますよ!Hyper-G第5版』より転載】
困ったなと思ったら改訂されたlofthonsenの記事に見分け方が追加掲載されてた。 秋月の図面は下から見た図で良かったんだ、これで取付できるぞ。

【『作れますよ!Hyper-G第5版』より転載】
型番印刷されてる方から見て、左からE・C・Bになってるのは両方同じだね。

基板右側トランジスタ密集部はこんな形、2SA1359は背中合わせでEとCは電流容量強化必要だから先に出力線付けないと半田盛れないね。 でも出力線の長さ決まってないし、どうしよう困ったな。 アッそうだ!、良い方法があるぞ。

基板端の使ってないパターンに出力をジャンパーして、そこに端子付ければOKだ。

トランジスタ足を半田付けして、Cの電流容量強化にジャンパー線も使える、一石二鳥のグッドアイディアだね。

2SC1815の部品配置図は3本並んでなくEだけが離れてる、リードの加工が必要なんだ、アレレ両方のCHで並びが違う、リード加工も変えなくちゃいけないね。

EはGNDなので両方で長さも違う、指定の穴へリードを差し込んで半田付け完了。

ポリスイッチ近くにある最後の1個は1列の素直な並びだから簡単に取り付けできた。 ヤレヤレ、えらい苦労したけどトランジスタ5個の取付完了だ。


8.半固定ボリューム取付
最後の取付部品は半固定ボリューム、いよいよ基板完成だな。

三角形に書いてある3本足の部品だね、GND端子も一緒に取り付けよう。

半固定ボリュームの取付は簡単だった、ケース取付部品と接続するビニール被覆線が何本かあるけど、これで基板完成だ。 GND端子に使用済みソルダーウィッグをL字型に半田付けしといた、動作確認や調整する時にテスター繋ぐのに便利だからね。

【Aさんが完成させたHyper-G基板】
初基板製作にしては良くできたんじゃないかな、これで動くよね。 アレレ動作確認ってどうやるんだ?、「テスター使えれば十分です」って書いてあるけど、動作確認方法どこにもないぞ。 最後まで面倒見てくれないと『作れますよ!』なんて言えないよ!


『AさんのHyper-G製作記』は基板完成で終了します。 電気は苦手な方の立場で見直すと随所に説明不足があると解り、公開資料を加筆訂正しました。 近日中に基板完成後に行うテスターによる動作確認法を解説します。


ではまた。

AさんのHyper-G製作記②

AさんのHyper-G基板製作は続きます。 筆者の情報提供不十分さにより、様々な苦労をさせてしまいました。

【前号より転載】


3.抵抗取付
面倒な26本のジャンパー線終ったので、今日は次に背の低い抵抗の取り付けだ。

部品配置図見ると抵抗の取付は基板間隔1・2・3スパンと3種類あるね。 2・3スパンは背が低いけど1スパンは背が高く半田付けやり悪くなるから後回しにしよう。

11本中10本が2・3スパンの33kΩを差して曲げて切って半田付け完了。

電源上下連絡橋はもう取付部品ないから半田を盛って電流容量強化を完了させた。

次の10kΩはコレだな、部品は色の鉢巻してるだけで何も書いてないから、確認して進めないと間違いそうだね。 コレは5本中4本が2・3スパン、1本後回しか。

7本中4本2・3スパンの2.7kΩはコレかな。 アレーッ、2K7Ωって書いてある、それじゃ2Kと7Ωで2.007kΩ???、納品書で確認しよう。

アッ、やっぱりコレだ、2K700って印刷してれば素人でも解るのにね。

最後の抵抗は大型だぞ、低く取付可能なのは3スパンの4本中1本だけだね。

後回しにした背が高くなる8本を除いて抵抗全部取付完了、次はどれだ、ICかな?。


4.IC取付に悩む

袋から出すと黒いスポンジに8本足のICが差してあった、2403Dって書いてあるからコレがコンパレータだね。 左下の丸ポツ凹みは何だろう?、部品配置図にある1番ピン?、逆に差しても大丈夫なんて事ないよね、どうしよう。

発注した時の秋月の部品ページ見ても書いてない、アレッ、下の方にPDFデータシートがある、外観図くらい載ってるんじゃないかな。

2403Dだから左の図面、やっぱり丸ポツ凹みが1番ピンだ。

もう一つのICはオペアンプだっけ、アレッ、丸ポツ凹みじゃなく半円凹みだぞ。

仕方ないな~、秋月のデータシート確認したら凹んだ方が1番ピン。 ICの種類によって表示が違うなんて紛らわしな~。 ICなんて触った事ないんだから、書いてくれれば良いのにね。 lofthonsenはそんなの常識って思ってるんじゃないのかな。

取付方向確認に手間取ったけど無事装着~、IC付けると電子回路っぽくなるね。


5.残り抵抗とコンデンサ取付
さて次は何にするかな、背の低い部品もうないから後回しにした抵抗付けよう。

8本付け終った、お次はコンデンサだね。 0,01μFと0.1μFを2個づつなら楽勝。

アレーッ、小さなコンデンサ2個づつ入った小袋あるけど、ラベルがないぞ。 部品には104Z/103Zって書いてある。 0.01μFや0.1μFとは書いてない、どっちがどっちだ?

解らないから納品書を確認した、0.01μFの部品型番に103Z、0.1μFには104Zって書いてある、容量じゃなく部品型番を表示してるんだ、解り悪いな~。 「部品表示はこうなってます」って説明あれば親切で迷わずに済むのにね。


【筆者言い訳】Aさんの仰る通りです。 103は10x10の3乗、1万pF=0.01μFの表示法が業界標準ですが、そんなの普通の人に解る訳ないですよね。

で、部品配置図通り取り付けて強の作業終了、何だか作業してるより解らなくて調べてる時間の方が長かったな。


ではまた。

AさんのHyper-G製作記①

予告したHyper-G製作記です。 『よし!作ってみるか』と多くの皆さんに思っていただける様、筆者従来線置き替え用Hyper-G基板製作を、電気が苦手な方の視点に立って物語風に進めます、主役はAさんです。


★Aさんのプロフィール
・子供の頃から大の電車好き、親に買って貰ったTOMIXセットで鉄道模型ファンに。
・就職/結婚で一旦離れ、子育て一段落後に鉄模熱再燃したアラフィフサラリーマン。
・夢だった都市近郊私鉄風レイアウト製作を小遣いの範囲でコツコツ進めてる。
・車両いじりが好きで半田付けは結構得意、でもテスターは使えるけど電気は苦手。

アッ、丸で自分みたいだと思った方こそ、このシリーズのメインターゲットです(笑)


★Aさんのシチュエーション
パワーパックは再開した時に買ったN-1001-CL1台だけ、これは車両加工用に残してレイアウト組込用に2台必要だけど高くて中々手を出せない。

ホントはコレ欲しいけど絶対無理。

手が届くのはコッチだけど、2台で軽く2万円オーバー、発売予定の欲しい車両2編成諦めなくちゃならないのはチョット痛いよね。

そんな時、車両加工で読んでるoomoriさんブログにこんな記事が載った。 KATOHyper-DXなら知ってるけどHyper-Gなんて聞いた事もないぞ、フーン自作電源なんだ。

ネタ元見たら電気の事サッパリ解らないし、SLが走る昔のローカル線も興味ないけど、N-1001-CLより明るい常点灯は魅力だな~、それに安くできるならもっと魅力的。 でも工作は少し自信あるけど、電気工作なんてやった事ないし本当に作れるかな?


★Aさんの決断
安価って書いてあるけど一体いくらでできるんだ?

コレ読んだけど回路図なんて見ても解らんし、欲しい12V/1.2A/2CH作るのに必要な部品はどれなんだ? 16番用16Vとか2A仕様とか一緒になってるから解り悪いな~。


表を見るとACアダプタはコレ、ポリスイッチはコレか。 トランジスタ3本使いで10本買うの?勿体ないな~、でも送料払って他から買うよりマシか。 抵抗は安いしストラクチャ電飾に室内灯用テープLED流用して使えそうだから仕方ないけど、ダイオード50本買って使うの2本、48本無駄になっちゃう、絶対バラ売り推奨品だね。


ICなんて訳の解らない物外して使う事ないからICソケットなし、基板スペーサーやターミナルも必要ない。 で、必要部品拾い出したらこんなになった。

エート、あと必要なのはメインCH電源ケースと、ボリューム2個スイッチ1個入るサブCHケースか、百均で買えば¥4,000でお釣りが来る、電源2台が安く上がるな~。 ケース加工や半田付けはヘッチャラだけど、訳の解らん部品が一杯付いてる基板が厄介だな。

でもこの図面通りに作れば動くならできるかも。 欲しい新製品手に入れて、レイアウト電源問題解決できるのは嬉しいね。 ヨシ!作ってみるか、解らなきゃlofthonsenが個別サポートするって言ってるから聞けは良い、何たってタダだしね。


1.部品調達と最初の疑問

秋月に発注して2日目に帰宅したら届いてた、部品ごと小袋に入ってるしラベル付いてるから間違う事はなさそうだ。 これが基板か~、意外と小さいな。

アレレ、どっちが上だ?、文字読める様にすると上がマイナス青帯、逆にすると上がプラス赤帯になるぞ、図面で確認しよう。

アレーッ、図面は逆じゃん、反対向きで使うなんて紛らわしな、アブナイ、アブナイ。
【筆者言い訳】ポリスイッチリード線間隔に合わせてこの向きで使ってます(汗)


2.部品取付順番に悩みジャンパー線から
完成図あるけど部品取付順番書いてないぞ、どっからやれば良いんだろう? 半田付けは裏だから背の低い部品からやるのが楽だね、とするとたくさんあるジャンパー線かな。 でも部品表にジャンパー線なんて書いてなかったぞ、どうする?

そうか、半田付けしたら不要になる部品リード線使うんだ。 じゃあ一番多く使う33kΩリード線にしよう、5-6mm残して片側切っても使えるからね。

リード線硬くないけど先に基板穴ピッチに合わせて曲げないと真っ直ぐ入らないぞ。

まずは電源のジャンパー線から。 間違わない様に部品配置図コピーして番号振ってから全部で7本差した。 足は隣のGNDとショートしない方向に曲げれば大丈夫だね。

次にGNDのジャンパー線、全部で9本取り付け同じ様に足を曲げた。 ジャンパー線まだあるけど、ここらで1回半田付けした方が良さそう。

先に余分なジャンパー線足をニッパーで切ろう。 上下の電源つないでる場所は電流容量強化で半田盛りしろって書いてあるから、切らずにそのままの方が楽。 一旦左に曲げた足を右に曲げ直せば(青矢印)半田付けするだけで電流容量強化完了になるね。

反対側のトランジスタ足に行くところも同じ、逆曲げにして切らない事にした。 だったらもう少しトランジスタ側を長くしておけば良かったな。

コテ温めて半田付けは3分、右下はもう部品付かないから半田盛って電流容量強化も完了にした。 図面見るとジャンパー線が後10本もある、結構手間かかるな。

って、文句言っても仕方ない、ジャンパー線差して曲げて切って半田付けの繰り返し、26本のジャンパー線取付終了。 今日はもう遅いからここまで、明日に備え寝ます。


ではまた。