Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

雪崩覆いの製作④土台設置

雪崩覆いの製作続編、基礎コンクリート土台設置からです。

ここで設計ミスを発見しました。 設計図土台両端部が縦柱と同一面では変です、H鋼が土台の中に埋め込まれている方が自然です。 土台サイズを各1.5mm延長して166mmに変更しました、屋根両端も1.5mm張出しトンネルポータルとの隙間をなくします。 

組立台下側スリット両端を切り離します、縦柱足が露出します。

3mmH材縦柱を5mm角棒土台中央に立てるには、片側各1mmの余裕が必要です。 組立台は0.8t板紙+方眼紙で0.9mm厚なので0.12tコピー用紙を貼って1mm厚にしました。

平面に土台と組立台を置き片側1.5mm余裕で瞬着固定しました。 5mm角棒を台にして山側谷側を設計値間隔で並べました。 実際より急な30‰ですが雰囲気は解ります。

トンネル出口側から見ます、縦柱が土台中央に立っています。

ここでまたパーツ製作、縦柱を土台にアンカー固定する継板で36枚必要です。 不要になった1.2mm厚中央横材3枚で切り出し治具を作りました、 材料を挟む2枚は5.8mm、これをガイドにカッターで押し切れば6mm長の同寸材が量産できます。 設計高さは3mmでしたが扱い易くする為に3.5mmに変更しました。

余裕を見て40枚切り出しました。

コーナー約1.2mmを落し継板形状にして37枚完成、例によって谷側見える部分に出来が良い物を使います。 これも外観部品兼接着糊しろです。

継板は先に外側、クロス材設置後内側取付の工順です、しかし組立台が邪魔で取付困難、ここで組立台から外しました。 上下と中央で接着しているので強度は十分です。

18枚貼り終えました、根気が必要な作業がまだまだ続きます。


ではまた。

貧乏性の師走工事

田畑の後片付けもすっかり終り、降った雪が融けた10日(日)朝は、雪化粧した北アルプス連峰が綺麗に遠望できました。

【12月10日撮影】
ヒートブリッジ・コールドブリッジ今年度事業は完了、暖房した自室でストラクチャ製作に励む季節到来ですが、どうにも気になる事がありました。

まずコレ、1/3ほど使って固着防止テープを貼ったボンド、寿命残り半月です。

それに環境改善対策に使ったスタイロフォーム残材があります。

こんな具合の貼り残し部があるのも気になります、気持良く正月を迎える為に、な~んて勿体ない教育が染み付いたタダの貧乏性ですが、屋根裏追加小工事を行いました。

最初に気になった棟北側梁の貼れる部分に施工しました。

照明反対側は鉄骨や配線が邪魔して切り貼りテープ止め、何と言っても見た目が悪い。

残材とボンドでガッチリ固定しました。

次に集成材使用で1cmほどV字型に下がり押すとブカブカする延伸線入口部の天井。

隙間風が入る訳じゃないけど気分が悪い、余材でガッチリ固定しました。 気になる場所は終りましたがまだ残材もボンドもあります。

そこで北側3番目の梁、環境改善と言うより居住空間の美観・頭上保護対策です。

残材をほぼ使い切って貼り終えました。

それでもまだ残ったボンドで従来線南西稜スタイロ浮きを補修しました。

残量わずか、ここまで使えば貧乏神も許してくれるでしょう(爆)


★井の中の蛙
前回更新にタミヤプラH材は何故クリアと書いたら白色もありますと指摘を受けました。

確かにあります、双方あるんですね。 塗料や素材などは近所の模型店で調達してます、
タミヤプラ材も揃ってますが、他は白色なのにH材とパイプはクリア、双方在庫する規模じゃなく店主の好みか、常連さんの要望なのでしょう。

でもこの寸法図は誤りです。 肉厚1mmになってますが実際は0.9mm弱、溝は1.2mm強です、1.2tで製作した中央横材が入りましたから間違いありません。


ではまた。

雪崩覆いの製作③特急配送休みなし

1mm厚2mm幅材をポチッとしたのが土曜朝、配送センターは週末休みで月曜出荷、火曜到着、ではブログ更新どうする?って考えてました。

ところが日曜夕方に到着、X'masシーズンは休みなしの様で、こちらも休みなしです。 これまでエバーグリーン材はヨドバシ調達できないと思ってました。 「た625さん」に良い事を教えて貰いましたが・・・、素材在庫が更に膨らみそうです(笑)

雪崩覆い部材加工治具として使用の木製ブロックに、ボツになった中央横柱3本を接着、調達した部材のカッター切り出し治具として最後のご奉公です。

アッと言う間に中央横柱16本ができました、2mm既製材はスマートでシャープです。

前回製作した中央横材取付ガイドを縦柱H材溝間をスライドさせて横柱溝まで押し込み、中央横材をガイドに密着する位置に瞬着固定、ここは強度を出す為ガッチリです。 完全固着してから黄色矢印にピンセット先を入れてガイドを浮かせ取り外します。

と書けば簡単ですが、ガイドを溝に入れて位置合わせが面倒、待ち時間が長い繰り返し、やっと半分です。 ところで、タミヤプラH材は何故透明なのでしょう?不思議です。 他材と同じ白色なら方向確認も位置合わせも楽なのに・・・です。

ようやくゴールに辿り着きました、正確に25‰傾斜で歪むと何だか快感です(笑)

中央横材取付ガイドはヨレヨレになりながら何とか7回の脱着に耐え、お役御免です。

次工程にはまたパーツ製作が必要、縦横柱継板です。 0.5tプラ板を5mmx6mmにカットします、18枚必要で数の多さにうんざりです。

コーナーカットして継板状に仕上げます。 出来不出来がありますが、見える谷側に良い物を使い、全く見えない山側は多少悪くても、外観部品兼接着糊しろです。

ここで組立台上側のスリット両端を切り離します、横柱が露出しました。

裏返し縦横柱継板を横柱上面基準で貼っていきます。 でも透明材で基準面が見えない、そこで部材加工治具木製ブロック5mmプラ角棒を使って貼り付け、そこまで考えて長くした?、んな訳ないじゃないですか、筆者は行き当たりばったり工作です。

その証拠に長さが足りず最後の3ヶ所は180度ターン、端面は完全固着後切断します。 これで中央横材と合わせ形状固定ができました。

18ヶ所継板取付完了、両端を切断しました。 リベット表現を加えれば更に古い年代感が出ますが、ウデと相談し高望みしない事にします。

組立台正面、雪崩覆い線路側から見るとこんな感じ、今回の組立はここまでです。

トンネル出口内側目線で眺めてみました、気になる曲がり歪みもなく合格です。


ではまた。