Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

県道トンネルを造る その5

県道トンネルモジュールの傾き補正をして照明を取り付けます。

【涼風渡る】

傾き補正に何を使うか迷った挙句選んだのは30mm木材キューブ、生野南中学校校庭高さ調整用として、100円ショップで12個入り2セットを購入した余材です。

鋸とヤスリでL字形状の補正支持台を作りました、常套手段の現物合わせです。

傾き補正後です、路面がピタリ水平になりました。

舞台裏はこんな具合です。 補正支持台に瞬着を流し、水平保持したカーブ継手頂点付近に差し込みます、接着時に自重でわずかに戻りますがそのまま固着させます。 賞味期限が近付いた黒い瞬着を補正支持台と継手間に多目に流し込み、すき間へ浸透するのを待ってから硬化剤を一吹きします、モールド剤兼接着剤としての使用法です。

接着時のズレをスペーサで調整します、東トンネル路面水平のスペーサ厚は1.3mm、0.5t箱紙と0.8t板紙を貼り重ねました。 西トンネルスペーサ厚は0.8mmでしたので板紙1枚です。 これでトンネル単体で安定して水平に置ける様になりました。

ユニバーサル基板小片に3225チップLEDを実装したトンネル照明ユニットです、一番左の内壁なし部用は足を長くし高さを揃えました。 筆者がLEDを原則基板実装するのは、外力による電極剥離防止の信頼性向上策です。 3本直列+820Ω、3.7mA仕様です。

点灯試験は一発で点きました。 視力が落ちているのでリード線、LEDに軽く力を加えたイモ半田チェックも欠かせません。 色は電球色のまま色差しなしで良い様です。

照明ユニットをトンネルに取り付けた状態です。

点灯試験すると首都高のトンネルほど明るく、田舎の県道トンネルらしくありません。 そこで820Ωを3kΩへ交換し3.7mA⇒1mA仕様へ変更しました。 左側2ヶ所は黒い瞬着をモールド剤として使用し、LEDユニットと配線を固定しました。

点灯してトンネル断面サイズのタイト感確認の為バスを置いてみました。 ほぼ狙い取りの自転車で走るのが恐い幅員、制限高3.5mのイメージになりました。 問題も発見しました、非点灯目視でOKと判断した奥の内壁境界が点灯で目立ってしまいました。

バスを置かないと更にハッキリします。 西側トンネルは前に洞門が設置されのぞき込めないので許容しますが、東側トンネルは正面この角度が観賞位置になります。 またまた厄介な問題に直面しました、ヤレヤレです。(続く)


ではまた。

県道トンネルを造る その4

カーブ継手と路面ベースを固定したので、トンネル組立作業へ進みます。 2本同時製作は効率的ですが、ブログ記事作成は2倍手間がかかりアップアップです。

【夕陽を浴びて】

2mmプラ角棒をストッパー段差1.8mm厚までヤスリで削り、天面に挿入して内壁と継手双方に接着します。 挿入量は照明LED取付穴に干渉しない約6mm、手前側は直線継手ストッパーに干渉しない約20mmで、直線継手との接着糊しろを兼用します。

出口側天面は設計値より若干狭い1.4-1.5mmになっていました。 寸法基準取りが難しいパイプ加工なのでまあこんな物です。 0.3-0.4mm誤差は許容し5mm幅1.2tプラ板を天面に挿入接着しました。 照明LED取付穴がないので奥は目一杯、手前側約20mmです。

予想外に内壁剛性が高いので必要性は疑問ですが、経年変形と継手接着糊しろ兼用目的で当初設計通り3mmプラ角棒内壁保持材を取り付けます。 内壁が変形せずフリクションで停まる位置に保持し、瞬着を流して内壁と継手双方に接着します。

3mmプラ角棒内壁保持材を両側に取り付けた状態です。 天面と路面接点両端、肩2ヶ所計5ヶ所で内壁が接着固定されトンネル断面形状保持は万全だと思います。

直線継手の組付け直前状態です、3ヶ所の内壁保持材糊しろで継手同士を接着します。

同じ作業を2本のトンネル出入口4ヶ所に行い、各3本の継手が接着固定されました。

路面ベースはカーブ継手と4ヶ所で接着固定ですが直線継手とはフリーです。 強度問題はありませんが安心対策として、直線継手ストッパー奥57mm幅路面ベースに黒い瞬着を盛り上げ硬化剤を一吹きしました。 路面ベースは8ヶ所で継手と固定されました。

同じ様な写真ばかりで恐縮ですが、組み上がったトンネル入口にも内壁保持材を取り付けます、この前面にトンネルポータルが付き顔になります。 トンネルを平面に置くと曲線パイプなのでバランスが悪く、路面が反時計回りに傾きます。

傾き角度をピクチャ・マネージャで確認したところ4度と解りました。

トンネル出口は見えないしトンネルポータルも付かないので天面だけの3点支持です。 この写真はカメラを傾けて撮影しています。


トンネル傾きを修正して平面上に置けば路面が水平になる加工が必要です。 確実で簡単な方法が良いのですが、さてどうやるか、知恵を絞らなくてはなりません。(続く)


ではまた。

天井断熱工事の効果検証レポート

梅雨前線が九州から北陸東北南部に停滞し、今年は空梅雨の様相です。 長野県は南北に長く北部には頻繁に大雨洪水警報と避難勧告まで出ましたが、諏訪地方は降っても小雨で晴れ間が出る好天続き、急に暑くなりました。 ここ一週間で初真夏日を記録し7月15日(土)は全国各地で猛暑日、当地でも真夏日になる予報が出ていました。

【レールの影】・・・陰影が夕景の魅力です。
昨年施工した天井断熱工事の効果検証環境が整いました。 冬場に自室へ工作室移転後、居心地が良くそのままになっています。 連休明けから半田付けや写真撮影でレイアウトルーム(以下LR)に入った際、効果が体感できましたが今回定量評価しました。

昨年8/12の投稿記事です。 「た625さん」から以下コメントを頂戴し、すでに延伸線建設決意後だったので、天井断熱工事実施を決めました。


★「た625さんコメント」(部分)
『ちなみに多少の費用は必要かと思いますが、 最後の写真、屋根の垂木の下にスタイロフォームを貼られては如何でしょうか?  出来れば左右の妻部にもお貼りになれば多少はマシになると思います。』

そこで現状把握データ収集、14時温度計セット14:30の気温は29.5度でした、全国各地で猛暑日を記録した日です。 測定後LR入口を空け温度計セットし即閉鎖、15;00計測LR温度は42.5℃、外気温度+13度でした。 測定後換気扇運転開始、入口開放状態放置、15:30計測LR温度は38.5℃、外気温度+9度でした。

通常作業場所は換気扇吹き出しダクト前なので多少マシですが、7月中旬~8月下旬はほとんど作業不能、外気温度が20℃-22℃に下がる深夜0時でも30℃でした。


ちなみに、レイアウト建設事前調査時の盛夏小屋裏は50℃以上と非常に高温でした。 カラーベスト屋根にガルバニウム鋼板を被せるリフォーム時に棟稜線に100x1800換気口を設置し、自然換気(熱せられた空気は軽い)で現状まで改善した経緯があります。

延伸線床張り電気工事終了後の10/14設計着手、10/23着工、7回に渡りブログで進捗報告し11/14完工、一ヶ月スタイロフォームと格闘し屋根裏1/3にDIY施工しました。

40mm厚スタイロフォーム圧入と脱落防止ストッパーが基本工法ですが、わずかなすき間からの熱気降下防止目的で目張りテープを追加しました。 粘着テープ接着力では不足なのでボンドを併用しましたが、-10℃~+40℃のヒートショック環境は厳しく、部分的剥離が数ヶ所発生し、連休後から折りを見て修復していました。

特に構造的にストッパー装着困難箇所や梁ボルト支持に頼った場所、材料節約集成材使用箇所で、わずか数mmのスタイロフォーム浮きをキッカケに目張りテープ剥離が多発し、素人施工の限界(筆者の大雑把さかもしれません)を感じながら修復しました。

甚だしきは延伸線南屋根で最後に施工したS2工区、早く終わりたい手抜き工事の報いでこんな状態でした。 タップリボンドとストッパー追加、釘併用修復を行い、初期状態へ回復しました。(もっとも素人なので目張りの効果は判断できません)

7月15日昨年と同じく14時温度計セット、直射日光が当らない1階出窓の際、網戸を通し風通しが良い場所です、14:30計測値は気温29.5℃、湿度50%でした。 リファレンスとなる昨年と1度以上気温が違ったら日を改めて測定でしたがピタリ同じで幸運でした。

LR入口を空けるとムッと熱気を感じます。 手早く温度計セットしすぐ閉鎖、安定するまで30分待ちます、測定結果が天井断熱工事単体の効果検証になります。 15:00計測値は39.5℃、湿度38%でした、温度上昇13度から10度への改善です。 従来線と延伸線の換気扇運転開始、入口開放で次は作業環境の効果検証を行います。

15:30計測値は36.5℃、湿度38%でした、温度上昇9度から7度への改善です。 閉鎖状態3度改善から作業環境2度改善への圧縮は予測の範囲内、送風量2倍でもたかが15cm換気扇、エアコン送風なら別ですが外気29.5℃送風ならこの成果で上出来だと思います。


費用3万円・労力1ヶ月・屋根裏1/3断熱工事で手に入れた作業環境改善は「たった2度」「されど2度」、作業不能だった盛夏深夜業が可能になるかもしれませんし、前後期間の作業可能時間延長は確実に期待できます。 当地の平均気温換算で2℃は約10日、前後で年20日のフル稼働日数増は絶大な改善効果で、苦労は報われたと感じています。


謝辞:「た625さん」
    絶好のタイミングで適切なアドバイスを頂戴し大変ありがとうございました。


ではまた。