Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

拙ブログ迷惑行為レビュー その4

11/16以降、読者から見えない処で起きてた経過を報告します。 コメント受信再開は、読者反応を得られない更新は味気なく、筆者自身が道義上コメントできない立場から早く抜け出したい気持ちが強かったからです。

【小川を渡り山際を行く】All rights reserved
騒ぎを拡大する中傷ブログ手段を失った当事者から、迷惑コメントが押し寄せました。


5.第四幕:迷惑コメント大襲来 11/16~11/26
11/16-11/26に着信して削除した約1千通の迷惑コメントを、振り込め詐欺手口公開の様にカテゴリー分類すると以下の様になります。 当事者は執拗・狡猾で、精神的タフを自認する筆者でさえ正直消耗させられました。 定年退職後で時間が自由になったので持ち堪えられましたが、現役時代だったらブログ閉鎖に追い込まれたかもしれません。


5-1.単純迷惑コメント

【迷惑コメント例-1】・・・レール止めてませんが、この様な混濁も当事者特徴です
数パターンありますが、コメント文字数制限内でこれを何十回繰り返す単純な物です。 最新数十の更新記事コメントとしてまとめて着信します。 筆者を精神的に参らせる意図が明白ですので、時間を取られますが機械的に削除しました。


ちなみに著作権法違反は親告罪です、著作権者しか告発できません。 万一著作権者から問題指摘があれば筆者が対応する事で当事者は無関係です。 生半可な理解で自論を振り回す特徴が出てます。 一方、当事者が中傷目的で無断使用してる露太本線画像は筆者の著作物です。 筆者は当事者を著作権法違反で告訴する事ができます。
[註]TPP対応で12/30より非親告罪になりますが、商用限定、主に海賊版対策です。


5-2.別HNであの手この手
単純迷惑コメントに混じり当事者別HN(筆者断定)コメントも着信しました。 例えば『堀田氏がアスベルガー症候群ってどうやって知ったのですか?』。 脅しコメントで『オレは統失のアスベ持ち』ってスゴんだのを忘れてる! 『早く収拾したいなら堀田氏に謝って関連記事削除した方が良いですよ』なんて助言(下記)もありました。

当事者は過去に「架空鉄道サブカテ」を実質的な機能停止に追い込んでおり、それを業績か勲章とでも勘違いしてるのでしょう。 しかしまあ、こんな稚拙なロジックに引っ掛かるジジイ(実際ただのジジイです)とナメられるとは!、苦笑するしかありません。


★お知らせ
これまで揶揄・批判的コメントも公開し回答してきましたが、今後同種コメントは添付URLでHP/ブログ内容確認できない場合は、公開・回答しませんのでご了承ください。 なお、質問や情報提供はその限りではありません。

【中傷コメント例-1】・・・捨て猫を拾い育てている事に対して
筆者の無反応に業を煮やしたのか、こんな中傷コメントもありました、筆者を怒らせ反応を引き出そうと努力を続けてた様です。 「一顧だにしない」と書くべき処が「一考にしない」、以前には「考え方」を「性格」の押し付けと誤記してます。

【中傷コメント例-2】・・・筆者はムダな事するヒマ人ではありません
TOMIXファンの当事者が一番言いたいのがコレです、様々なHNのこの文面だけで300通以上です。 筆者にTOMIX批判記事を削除させる、できれば拙ブログを消滅させるのが当事者の最終目標と解ります、丸で言論統制する独裁国家の元首みたいですね。


『蟹は甲羅に似せて穴を掘る』という言葉ご存知でしょうか?。 人は身分やその力量に応じた行動をするの意で、転じて他人の行動を自分ならこうするという範囲でしか考えられない、つまり私は言いたい事も言えず、匿名でつぶやくしか能がない人間ですと告白してる様な物です。

【TOMIXの逃げ道】
TOMIXがレイアウトに使えないポイントを販売しながらレイアウト製作を推奨し、一方でこの様なエクスキューズで逃げる企業姿勢を批判し、読者にお知らせする筆者スタンスを未だに理解できない様です。 一言で断じれば『下司の勘ぐり』です。


5-3.なりすまし
11/22-11/23には拙ブログ常連コメンテーター『がおう☆』さん『oomori』さんのHNを詐称したコメントが着信しました。 一瞬、エッとなりましたが、確認するまでもなく当事者なのは明々白々、即時削除しました。 もうこうなると犯罪の領域です。

【HN詐称迷惑コメント】・・・『がおう☆』さん、ご迷惑をかけ申し訳ありません
これで全体の1/10の長さです。 ここまで悪質だと仮に鎮静化しても再発リスクが残り、また他所で同様なトラブル起こすでしょう、鎮静化を待つより対決しかないと考えを変えました。 ちなみに内容はビンゴ!、軽自動車規格2回(360cc⇒550cc⇒660cc)変わってますが車形大きく変わってないので、車には拘らず代用してます。


5-4.探りを入れる 
対決に舵を切って書いたのがこの記事です。 アクセス/IN/OUTポイントから多くの読者が本件に注目し、筆者を応援してる証と大変心強く感じました、感謝申し上げます。

【筆者2018.11.25更新】
迷惑を被っていると明かす事は当事者を喜ばすと重々承知の上で公開し、挑発を意図的に避けました。 当事者が読んでどんな反応を示すかのリトマス試験紙でもありました。 当事者はHN『どうでもいいけど』でIPアドレス特定の探りを入れた過去があります。

【当事者別HN自作自演コメント 全文】・・・法的措置を法的処置と誤記
HN『名無し』は2度目です。 自分自身を『堀田みたいの』、私を混乱させ不安に陥れる意図です、当事者は一切応答しない筆者に不安を感じ始めたのかもしれません。 そこで計画通り『URL添付のないコメントは公開回答しません』と追記しました。

【当事者別HN自作自演コメント 全文】・・・デタラメURL/メアド添付+誤記
追記後1時間で着信、餌の追記は削除、筆者ペースです。 添付URLは当事者挑発ブログを開設した『通りすがりの疫病神・堀田』さんでした、メアドもデタラメでしょう。 『HN検索で人の過去を掘り下げ』で白状です、もう少し頭使ったら?。 『卑劣は誉め言葉にしか聞こえない』とうそぶく当事者論理展開の特徴は体臭ですぐに解ります。


数日前にはgmailメアドだけのコメントも届きました、メールやり取りしないと言ってる本人からです。 筆者の不安度を探り、非公開なら応答するかもと思ったのでしょう。 個人情報を与えかねないワナに嵌るほど筆者は甘くありません。


5-5.当事者の戦略
迷惑行為発生中ブログに応援コメントを送るには勇気が必要です、同類と見做され災いを呼び込むリスクがあるからです、『ぎっしゃ』さん『がおう』さん『Manic』さん、そして私信でメールを頂戴した皆様、この場をお借りして感謝申し上げます。


当事者もコメント減る事を知ってます、様々なHN自作自演で批判や助言し、ターゲットに孤立してると感じさせ困惑させるのが当事者の戦略です。 過去に自分が何したか理解してます、何故なら自分で書いてます、『通りすがりの堀田が通った跡は疑心暗鬼の嵐が吹き荒れ』って。 当事者口調を真似れば、手の内読まれ自軍の戦略相手に教えて戦いに勝てるとでも思っているのですか?《続く》


ではまた。

拙ブログ迷惑行為レビュー その3

★今年は暖冬?

【昼間もゲレンデ作りする富士見パノラマスキー場上部 12/8撮影】
昼間でも標高1,400m以上は人工降雪機稼働可能気温の様です。 遅くともX"mas前までにオープンしないと、今シーズンの売上に大きく影響するでしょう。


前回の続きです。 暫定対策としてコメント受信停止した筆者への攻撃が続きました。


4.第三幕:中傷ブログ攻防戦 11/3~11/16
当事者はyahooブログを開設しており、そこに筆者攻撃記事を掲載しました。

【当事者意見表明】・・・画像(下記)は削除されました
コメント受信停止初日(前日付)の記事です。 口調は乱暴ですが中傷ではなく意見表明です。 筆者は当事者を名指しませんでしたが、そう受け止めたらそれは当事者の事実と考えるしかありません。 批判に批判で返す、拝聴するしかなく痛い処を突かれました、何せ当事者は歴戦のツワモノ、一方筆者は始めての経験、受身にならざろう得ません。

【『ブログ効用とモラルについて想う事』より転載】
画像解析して出典を明らかにしないのはけしからんという批判です。

【当事者開設中傷ブログ更新例-1】・・・ブログ/画像は削除されました
当事者は攻撃力強化の為、中傷ブログ『国鉄露太本線に物申す』をmuragonに開設しました、注目度の高い場で騒ぎを大きくしたい意図があったと思います。 ここから罵倒・誹謗を含んだ完全な中傷、筆者名誉棄損行為になりました。

【当事者開設中傷ブログ更新例-2】・・・ブログ/画像は削除されました
本件が知れ渡る事態を筆者は避けたく、当事者は狙う、自己顕示欲が強いのでしょう。 筆者更新掲載写真を次々と出典調査し、侵害事実を発見できず悪態をついてます。 著作権を云々しながら、筆者著作権物の画像を無断使用する完全な論理矛盾です。

【当事者開設中傷ブログ更新例-3】・・・ブログ/画像は削除されました
これは悪意に満ちた中傷で、筆者更新を次々リブログして中傷記事を更新します。 最初の『hottadayo』は、筆者がブログ村事務局に違反報告し削除されました。


その後別ブログを開設し、『muragonさんさぁ』の中でmuragon事務局を『違反ブログを潰して回るしかない能なし、民事訴訟弁護士費用も払えないだろう、夜討ち朝駆けで行くのでよろしく!』と面罵しています。 もちろん即日削除されました。

【当事者開設中傷ブログ更新例-4】・・・ブログ/画像は削除されました
何を重視するかは筆者が決める事、余計なお世話の中傷です。 私のブログ読んでない様です、『本当は箱スカやダルマセリカ欲しいけど、ないから50年代のジャパンやダブルXで間に合わせてます』って書いてますから。 『hottadamon』や『hottadatteba』等中傷ブログを開設してはmuragon事務局に削除されるモグラ叩きが続きました。

【当事者開設中傷ブログ更新例-5】・・・ブログ/画像は削除されました
当事者説によると蒸気暖房の為、客車は必ず機関車次位になくてはならないそうです。 事実を知らず、生半可な理解の思い込みの中傷です。 次第に当事者中傷ブログ/更新が注目を集める様になり、中傷行為自体よりその方が気持の負担になりました。

【Manicさん2018.11.09更新】・・・許可を頂戴しリンクしました

【Manicさん更新要旨】・・・許可を頂戴し掲載してます
11/9には、お隣『鉄道模型Nゲージ村』のManicさんが本件に係る更新をされました。 孤立無援状態の筆者は良識と勇気ある読者意見として大変心強く感じました。 しかし、『鉄道模型レイアウト製作村』から『村外』へ更に本件情報拡散が始まってました。

【Manicさん2018.11.11更新全文】・・・許可を頂戴し掲載してます
Manicさん11/11更新で当事者が統合失調症または発達障害の障がい者である事を知り、大きな衝撃を受けました。 相手の気持ちを推し量れない障がい者対応として正しかったのかという心の負担です、鎮静化を待つ基本方針にしました。 また当事者攻撃基地になっていたyahooブログ事務局へ現状報告と審査要請を行い、ブログは削除されました。


そして11/13に『鉄道模型レイアウト製作村』に当事者挑発ブログが開設されました。 当事者中傷ブログのモグラ叩き終盤で、『またかよ~』と勘違いしたほどです。

【当事者挑発ブログ2018.11.13更新】・・・許可を頂戴しリンクしました
このブログの更新は注目記事上位にランキングされ、拙ブログ迷惑行為情報拡散を防ぐ術がなくなりました。 内容は規約違反の疑い濃厚ですが違反通知はしませんでした、当事者対応で被害を被ったmuragon事務局も知りながら大目に見たのかもしれません。


muragonで5ブログとyahooブログを削除されて当事者の矢玉が尽き、新たな中傷ブログ開設はないと見極めコメント受信再開を決意したのが11/15です。 この前後に拙ブログ迷惑行為を知り、成り行きに注目または興味を持った読者が多かったと思います。

【筆者2018.11.16更新】
コメント受信再開と、本件に係る筆者スタンスを読者の皆様へお知らせしました。 以上が事の起こりからコメント受信再開までの経緯です。《続く》


ではまた。

拙ブログ迷惑行為レビュー その2

前回の続きです。 『通りすがりの堀田』氏退場で事態は鎮静化したかに見えました。 拙ブログには当事者の事実誤認指摘や批判的コメントが寄せられました。

【生野駅前夜景】All rights reserved
しかし、当事者は退場処分を受けても拙ブログの熱心な読者だった様です。


3.第二幕:『すがるひと』氏登場から退場 10/27~11/2
コメント削除を余儀なくされた筆者が、その経験を通じて感じた事を公開したのは『通りすがりの堀田』氏退場半月後でした。

【筆者2018.10.15更新】
この記事の中で『中には批判や揶揄めいたコメントも頂戴します、URLもメアドも添付されてませんが、原則公開し筆者の考え方を表明しています』と書きました。 結果的にこれが当事者を呼び戻してしまいました、それほど執拗とは考えてなかったのです。

【『すがるひと』氏初コメント 全文】
この時点で当事者別HNとは気付いてませんでした。
上記記事更新から10日以上経過していた事。
退場処分した相手が別HNで再登場するとは想定外だった事。
粗忽者の筆者が『するがひと』と読み違え、静岡県在住かな?なんて思ってた事。


16番知らないNからこの道に入った50歳以下?、やけに堀田氏の肩を持つな~、電気業界は何も解ってない!、シャープ破綻は経営サイドだけの問題?、最後の決め付け、こりゃ一体何だ?です。 でも世の中色々、こんな人が居ても不思議じゃないと思いました。

【筆者回答ー1 抜粋】
堀田氏とのやりとり経験から、この様な粘着質な相手は正面から当方主張をぶつけた方が良いと考え、着信2時間後に長~い筆者主張を返信し、特に意味不明な最後の決め付けの説明を求めました。 信じたい物以外何も見てないのは堀田やアンタだろ!が本音、でも紳士的に礼節を持って。 省略部分は継続公開中の筆者コメントをご参照ください。


この後『すがるひと』誤読に気付き「通りすがる」の「すがる」、過去コメント『すがりん』を含め当事者自作自演の疑いありと疑念を持ち、応答を待ちました。

【筆者追伸回答ー2 全文】
10/27-10/29の3日間反応がなかったので、いつまでも付き合わされるのは御免と、紳士的に挑発をしました。 すぐにあると予想した反応が返ってきたのは3日後でした。 この間『Manic』さんから『すがるひと』は堀田氏ではないかと指摘がありました。

【『すがるひと』氏第二便コメント 全文】・・・まだ別人の振りしてます
Twitter/ロクハンのキーワードで当事者と確認できました。 トヨタや松下電器なら解るけど、タカラトミーがシャープを馬鹿にできる(どこもできません)大企業だと!!!、TOMIXファンの当事者勘違いで、これも有力な傍証になりました。 HN『すがるひと』コメントに前後して新人が登場し数通コメントが着信しました。

【『どうでもいいけど』氏初コメント 全文】
上記コメントの12分前発信です、ワンパターンの語り口から当事者と断定しました。 他にも2-3通、私は『通りすがりの堀田』と言ってる様なコメントです。 最後の一言に「見破られたか?」という当事者の疑念が透けて見えます。

【筆者回答ー3 全文】
11/2は終日外出の所用があり、最初に着信したコメントのみ回答しました。 当事者宛と同時にコメント読者を強く意識した筆者メッセージです。 同日所用は嘘偽りない話で、『どうでもいいけど』氏への公開返信だけで出掛けた事が思わぬ展開を生みました。


『すがるひと』コメントが公開されない不安かイライラだったのでしょう、夕方帰宅すると『すがるひと』、『どうでもいいけど』を含む4-5HN(忘れました)の暴言・中傷コメントが着信してました。 あ~やっぱり『通りすがりの堀田』さんでしたね、です。

【筆者回答ー4 全文】
当事者へ2枚目のレッドカードを出しました。 すぐに反応がありました、『IPアドレスぶっこ抜きやがったな!』から始まる聞くに堪えない内容です。 ちなみに筆者には、IPアドレスから相手を特定する技術などなく完全な勘違い、濡れ衣です。


この日深夜までに様々なHNで100通近い中傷コメントが着信しました。 読まずに削除できず、読めば嫌な思いをさせられ気持も落ち込みます。 当事者術中に嵌ると解っていても対処不能、この状況から一刻も早く逃れたい心境になりました。

【筆者2018.11.03更新】
仕方なくコメント受信停止設定を行い、翌朝更新記事冒頭でお断りをしました。 筆者は猛烈に腹が立ちました。 お断りの最後に書いた当事者を揶揄した決別宣言が規約違反と判断され翌日記事公開停止、該当部分削除で再公開される一幕もありました。《続く》


ではまた。