Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

県道沿いの民家A④差別化の小物製作

今回は民家A改修方針で目標とした『ワンポイント差別化または魅力追加』の小物製作を行います。 アイディアと製作法を具体化するのに少々時間がかかりました。

最初はベース加工、建物正面に2mmプラ角棒で幅4mmの敷地造成を行います、10.5mm長5本を右端は2mm他は1.5mm空けてサンドイッチしています。 その結果、1.5X2mm角穴が12mmピッチで並びます、さて何ができるでしょうか?、塀ではありません。

造成した敷地とベース前面をフラットアースで塗装します。 4ヶ所の出入口踏石と便所汲取り口、及び勝手口脇の用具箱はニュートラルグレイで塗装しました、多少のはみ出しOK、地面製作で見えなくなるので端面も塗ります。 ゴミ箱はマホガニー塗装です。

建物前面からコーナーゴミ箱まで、ボンド水溶液を塗りリアルサンド混合砂を撒いて地面を製作します。 ニュートラルグレイで塗装した踏石等とゴミ箱は軽くウェザリングしてテカリを消します。

建物前面に作るのは当時旧街道沿いで見た泥ハネ除けです。 雨や湿雪の後、街道を走る大型車泥ハネによる建物汚れを防ぐ低い壁です。 例示は洒落ていますが、製作するのは業を煮やした家主が道路と敷地境界に設置した、筆者が昔見た機能優先タイプです。

それに伴い各民家ベース位置を民家Aは県道寄り一杯に、民家Bはバス停道路形状に合わせ少し奥へ修正確定します、わずか1mの差でも泥ハネ被害が大きく異なるからです。 民家Dは三叉路カーブで車が減速するので泥ハネ被害は民家Aほど深刻ではなく、民家Cは加えて敷地が高く花壇や庭があるので泥ハネ被害は全くありません。

余談になりますが、県道から少し引っ込んだ民家B前のスペースは、自家用車が普及する20-30年後には中山道本山宿の様に駐車スペースとして利用されることでしょう。 それでは泥ハネ除けの製作に取り掛かります。

最初に泥ハネ除け支柱を作りますが、視力低下し手先が不器用な筆者は簡単確実な製作法を工夫するしかありません。 0.5tプラ板10mm幅の間に1.8mm幅(2mm弱狙い切断計測結果が1.8mmだった)を両端にサンドイッチ接着した50mm長パーツを作りました。

これをカッターで端を切り揃えてから1mm幅に切断していきます、必要な6本を切り出しました。 泥ハネ除け高は60cm前後だったと思います、0.5tプラ板をスジ掘りした62mm長の板を作り、高さは5段で4.4mmになりました、4mm狙いの出来高払いです。

ベース穴を位置決め治具に使い、支柱を差してスリットに泥ハネ除けを通し、裏面接触部をタミヤセメントで一撫でして仮止めします。 支柱すき間から表面接触部にもタミヤセメントを流し完全に接着します。

完全固着後ベースから外し、支柱上部を+0.5mmを目安に切断します、多少凸凹な方がらしく見えます、泥ハネ除け両端は支柱から1mm弱で切断しました。 2.5x4分板先端を尖らせてカケヤで地面に打ち込んだ支柱と、同材5段積みの泥ハネ除け外形完成です。

マホガニーで下塗りし墨入れしました、実物は防腐剤を塗っただけだったのではないかと思います。 最終的には泥にまみれて下地色は関係ないかもしれません。

泥ハネ加工後です、通常のウェザリング技法に加え、尖らせた竹串先に塗料を付けて点描表現しました。 フラットアース、ダークグリーン、RLMグレーで点描し、泥ハネ飛沫がこびり付いた様子を表現しました。

ガラス戸が汚れない高さの泥ハネ除けですが、建物基礎は汚れるかもしれません。 建物前面基礎部にも点描で飛沫跡を付けました。 同時に草も少々生やしました。


仮組して様子を早く見たい(見せたい)ところですが、他の小物製作や照明組込みがこれからなので、お預けにします。


ではまた。

保存蒸機を訪ねて④北関東編

碓氷峠鉄道文化むら記事と一緒に写真整理した北関東の保存蒸機探訪記です。 真岡キューロク館記事に栃木県保存蒸機9両が人口比全国平均と書きましたが、茨城県6両、群馬県9両(高崎運転所D51/C61含む)と北関東は少な目です。 

北関東から少しはみ出ますが福島県いわき市静態保存のD51 946号機です。 保存状態は良好、ちなみに福島県保存蒸機は11両、全国平均を少し越え長野県の1/3です。

いわき市石炭・化石館駐車場内に保存されており、バッチリお化粧しています。

平機関区に所属したご当地蒸機で、市内公園に保存後、石炭・化石館開館時に移設されています。 その際に化粧直しされたと思われます。

化粧が過ぎるきらいはありますが、キャブ内立入可能でこれほど整った保存蒸機を見たのは始めてです。 何一つ欠損部品はないのではないかと思えるほどです。

着席禁止と書いてなかったので、ちょっと座ってみました。

施設内で管理が行き届いておりとても綺麗です、汚れや錆は全く認められません。

これで平機関区のサボが入っていたら展示品として完璧です。

次は機関支区があった高萩市静態保存の9667号機です。 国道6号線沿い運動公園敷地の一画を金網と鉄条網で仕切り置かれています。

残存価格2,660万円記載の珍しい看板です。 昭和27年以降の履歴を調べると1969年3月は青森機関区所属でした、同時点で高萩機関支区には8620-1両、9600-2両、C50-3両、D51-1両が在籍しています、地元ゆかりの9600でない背景は不明です。 高萩は機関支区として規模が大きく、筆者蒸機購入の参考になります。

デフなしは筆者好みですが、いかんせん保存状態がよろしくない・・・。

手入れをしている様子もなく汚れ放題。

キャブ上部は荒廃状況です。

かつては見学者を受け入れたのでしょうか、キャブへ登る階段も錆だらけです。

最後は群馬県桐生市静態保存のC12 49号機です。 関東平野が尽きる小高い岡の上にある桐生ヶ丘公園に保存されており、ゲートがあるので有料?と思いましたが無料、今どき珍しい市民遊園地で保育園児が大勢遊びに来ていました。

一生を足尾線で過ごしたバリバリのご当地蒸機です。 資料によればC12重連が貨物列車を牽引した記録も残っています。

保存状態は良好、屋根付き施設内保存が劣化に歯止めをかけているのでしょう。

桐生機関区のサボが残っています。

錆や汚れもなく、色差しがないのがGoodです。

施設内であってもこの様な看板が必要になる事例があったとしたら残念な事です。

子供達の無邪気な歓声と、好奇心に満ちた眼に囲まれて余生を送るC12 49号機は幸せな保存機だと思います。


ではまた。

3週間で閉鎖する筆者別ブログの話

先月鉄道とは全く無関係な別ブログを開設し、わずか2投稿で閉鎖する事にしました。 これまで鉄道村しか知らず、同じブログ村でも部落(カテゴリ)毎に文化も風俗も活性度も異なると、カルチャーショックでした。 閉鎖する前にその顛末を紹介します。


たまたま、ブログ村他部落はどんなテーマ?と覗いたら「経営」カテゴリに「モチベーション」サブカテゴリがある事を知りました。 モチベーションマネジメントは筆者が現役時代に取り組んできたテーマなので興味を持ちました。

登録サイト数を見ると「鉄道」「レイアウト製作」「鉄道模型」と似た様な規模です。 趣味ブログが軌道に乗り余裕もできたので、意見交換を通じて学ぶ事ができればと考え、「モチベーション」「マネジメント」に『自己実現欲求の囚われびと』を開設しました、ハンドルネームはlofthonsenをそのまま使いました。

【『あなたはなぜ働いているのですか?』・・・2017.6.17投稿、7.6記事削除
意見交換呼び水にと最初の投稿、5-6件/日のアクセスがありました。 ところが翌日記事1位、何じゃこりゃとランキングを見ると表示は3位まで、日に十数件の新着記事を読む人はほとんどいない様です。 上位3ブログの最終更新は1ヶ月以上前のGWでした。


その傾向は「経営」も同じ、一週間経営記事1-5位(これもビックリ)に留まり続けてもコメントなし、意見交換の目的は全く進展がありませんでした。

【『もしもーし、誰か居ませんか?』・・・2017.6.24投稿、7.6記事削除
そこで少々挑戦的な投げかけをしましたがやはり一週間反応ゼロ、開設二週間の本日午前0時で累計99アクセス!、なのに上記記事がモチベーション1位、経営3位でした。 上位ブログを覗いてもコメント欄がありません、経営ブログ村は以下の状況と思われます。
①登録サイト数に対し休眠サイト比率が高い。
 「モチベーション」カテゴリ登録者のモチベーション低下という笑えない状況。
②一方的発信、備忘録、コンサルタントのチラ見せ営業活動の場。
 コメントによる情報交換や意見交換の文化が存在しない様子。
③投稿記事アクセス数が非常に少ない。(感覚的に「鉄道」の1/20-30)
 登録サイト数1,000を越えるサブカテゴリでも記事ランク表示は10位止まり。
 ⇒総アクセス数が少なくランキング不能⇒活性度が低い


目的達成不可能な場所に長居する意味がないので閉鎖しますが、提示問題は官民・業種・業態に係らず多くの企業や組織の共通項です。 鉄道ブログ村の皆さんも趣味人であると同時に組織人、ゴミ箱行きが決定した記事に1件でも反応があればと考え、場違いを重々承知の上で紹介しました。 別部落へ出掛けての失敗談、お粗末でした。


ではまた。