Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

県道沿いの民家B⑤屋根加工とウェザリング

今回は民家Bの屋根加工とウェザリングを行います。

オリジナルのライトグレーを筆者好みの瓦屋根にする為にRLMグレーを選びました。 Before/Afterが解る様に大屋根2/3塗った状態で撮影しました。 ディテールを潰さない様に面相筆で瓦1枚1枚塗りました。

出桁屋根を含めて塗り終った状態です。

雨どいは金属質感を出し屋根と調和させる為、ニュートラルグレイに黒鉄を混ぜた色で塗りました。 神経がすり減る作業ですので、細かいはみ出しは見ない事にします。 

オリジナルでは屋根と同色だった下地板をフラットアースで塗装しました。 これだけで厚ぼったかった屋根がスッキリしました。 雨どい用に調合した塗料残りで、レリーフになっている水道メーター(?)と配管を塗りました。

裏面の雨どいと水道管も同色で塗りました。 この写真でトタン屋根上の大屋根端面塗り忘れに気付き追加工しました。 引き続きウェザリングを行います。 当社標準工法の、フラットアース、フラットブラック、ダークグリーン薄め液の筆塗りです。 「人が住み暮らし使い続ければ避けられない劣化や汚れ」のコンセプトで実施しました。

ウェザリング完了した正面です。 屋根は風雨に晒されれば当然この程度が狙い目、瓦の尾根と谷を強調しています。 県道に面して建つ民家なので泥ハネ表現を加えました。

中2階窓のある側面壁は広いので、汚れの程度と色味がグラデーションになるウェザリングを施しました。 手前側には泥ハネ表現も加えています。

同じアングルを太陽光の下で撮影すると屋根の表情が大幅に変わり白っぽくなります。 取材した本山宿と同じです、オリジナルはこの状態の表現だったのかもしれません。

裏面コーナーからです、トタン屋根をヘビーにしたくなるのを我慢し軽く留めました。

裏面反対コーナーです、建物側の雨どいも追加塗装しました。 このコーナーに基台設置後物置きを増築します。 

屋根下地板塗装と壁ウェザリングは反対側と同じ様に行っています。

正面入口付近のアップです、瓦の表情や泥ハネの様子が良く解ると思います。 生活感を演出する小物類を追加すれば民家Bは完成します。


《ポカポカ陽気》
ここ数日ストーブいらずの気候が続いています、県南部天竜峡で桜が開花しました。

我家の庭では梅がほころび初め・・・、

ムスカリが花をつけ・・・、

スイセンのつぼみも膨らんで、もうすぐ開花しそうです。


ではまた。

街道沿い集落取材 中山道 本山宿

県道沿いの集落製作の参考にと旧中山道本山宿へ取材に行ってきました。 20年近く前に県内旧街道巡りした際、観光地化されていない日々の暮らしがそこにある街並みに惹かれての再訪です。 本山宿は塩尻から名古屋方面へ下った松本平の出口、木曽路の入口に位置します。 国道19号線はバイパスしており、旧道沿いに集落があります。

バイパスから分岐した集落入口に立つ看板です。 古文書の記述からそば切り発祥の地とされており、信州そばのルーツです。

旧道と言ってもバイパス開通までは主要幹線国道ですから道幅が広く、両側に民家が建ち並んでいます。 遠くには木曽谷の山々が見えます。

出格子2階建の旧旅籠と解る建物群です。 一部が重文指定を受けていますが、木曽路の
馬籠・妻籠・奈良井宿の様に景観保存や電線地中化された観光地ではなく、今でも日常の暮らしがあります。 集落には土産物屋もカフェもコンビニもありません。

こちらはリフォームされた出桁造りの2階屋、昔は連子格子があったかもしれません。 右の瓦屋根は陽を受けて輝き、黒でなくニュートラルグレイに見えます。 古い街並みの面影は残るものの、さすがに20年前初訪問時のタイムスリップ感は消えていました。

出格子と出桁のツーショットです、手前の住宅は側壁や建具をリフォームした際、2階出格子と1階腰板を家の顔として残した様です。 今回の取材目的の一つは古民家瓦屋根の陽光下の見え方で、この家は青味を帯びて見えます。

集落中央付近に新しい案内板がありました、旧街道歩き愛好者へのサービスでしょう。 本陣・脇本陣・旅籠30余軒を備えて栄えた宿場町だった事が解ります。

集落の民家は間口の広い大きな家ばかりではありません。 間口半分以下の小さな民家が3軒並んでいます。 左端の2階屋に比べると屋根が低く、中2階的な2階屋の様です。

同じく小じんまりした2階屋、瓦屋根はニュートラルグレイより少し暗目に見えます。 取材日は4月2日、前日降った雪が屋根に残っていました。

昼時になったので集落で唯一食事ができる「本山そばの里」で蕎麦をいただきました。

集落主婦の職場です、営業開始11時過ぎ、平日なのに結構な賑わいでした。

食後の一服をしていると、すぐ脇を走る中央西線上り列車がやってきました。 名古屋から特急しなのに乗車すると、木曽谷曲線区間の速度制限から解放され、塩尻へ向け一気に100km/h以上にスピードアップする区間です。

食後も集落巡りを続けました。 本山宿の特徴は各戸に屋号看板がある事です。 縦50-60cmはある大きな白木板に「信濃屋」「えびす屋」など屋号を墨書きした看板です。 古い民家でもハッキリ読める真新しい看板を掲げています。

こちらは立派な門構えのお宅に掲げられた少し小ぶりの「俵屋」屋号看板です。

屋号は旅籠屋や職業に由来すると推定されますが、新築の家にも掛けられている事から、現在でも生活に密着、例えば集落内では屋号で呼び合うのではないかと思われます。

木曽谷側のバイパス合流点の看板です、20年前はなかったと思います。 左手がバイパス、その上を導水橋で集落へ沢の水を引いています。 右下が旧道、その右側に中央西線が見えています。 本山に駅はなく次の日出塩に駅があり、その先から木曽路です。

帰りに隣宿洗馬(せば)に寄ってみました。 本山と同規模の宿場でしたが、数度の大火と景観保全が行われなかったので古民家の香りがする建物はごくわずかです。 旧旅籠屋を思わせる建物です、こちらの屋根は緑がかって見えます。

洗馬宿外れに中山道と善光寺街道のY字分岐があります。 ここを頂点として中山道信濃追分宿と善光寺が二等辺三角形の位置関係になります。 中山道を江戸に向かう旅人が、足を伸ばして善光寺詣りなんて事もあったのだと思います。


ではまた。

県道沿いの民家B④夜景完成

面倒なローカル駅舎を後回しにして民家B製作を先行しています。

出桁屋根下に門灯を設置します。 屋根の透け防止遮光材小片を貼り、配線用穴を最初に0.5mmで屋根ギリギリ位置斜めに貫通を試みるも貫通せず、改めて0.6mmで真っ直ぐ2ヶ所空けました。 0.6mmは使い馴れていますが、0.5mmは頼りなく苦手です。

ワイヤー付LEDのワイヤーを60mmに切断し、先端の被覆を剥いて半田上げしてから配線用穴に通します。 写真では余裕たっぷりですが老眼には限界作業です。

室内側で配線を瞬着固定した上、組立時の間仕切り壁による断線、及び0.16mmワイヤーが良く見えない筆者作業時断線防止の為、配線を天井に両面テープで固定します。

土間LED切欠き部から天井裏へ引き出し半田付けします。 直列抵抗100kΩで0.09mAの仕様にしました。

無事点灯しました、明るさも良い様です。 いよいよベースに取り付け、明るさ、奥座敷と厨房の配光、光色演出効果、漏光対策効果など夜景の最終確認です。

ベースに取り付け点灯すると大きな問題が二つ発生しました、一つ目は正面入口コーナー足元からの漏光です。 中2階窓のある側面全面に貼った遮光材で壁厚が増し、ベース溝に壁が十分嵌合しない事が原因でしたので、カッターで遮光材下部を除去しました。

もう一つの問題は奥座敷の配光特性、間仕切り壁の影がシャープ過ぎ斜め線を引いた様な状態でした。 襖のすき間や欄間からの光で明るんでいる様子にする為、間仕切り壁2ヶ所に丸ヤスリで2mm強の溝を掘り、反対側壁にコピー用紙を貼って反射させました。

完成形の正面夜景です。 光色演出はまずまずで、奥座敷も居間の光で連子格子が浮かび上がる自然な感じになりました。 門灯はクリアオレンジの色差しを追加しました。

中2階窓のある側面はほぼ完璧に遮光できました。 中が見えるのが嫌なので窓に障子を入れました、土間の灯り照り返しならこの程度の明るさで十分です。

裏面は赤味を帯びた灯りです。 間仕切り壁切り欠きから遠い厨房窓右側が少し暗いですが、部屋の隅は光が届きにくいと思えばこれも味わいです。 間仕切り壁とフラップ効果で遮光材なしの便所から右側の漏光はありません。

真っ暗な最後の壁は割愛します。 照明組込みを先行し夜景から完成させる工法を始めて実施しましたが、完成品ストラクチャには充分可能な事が解りました。


ではまた。