Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

県道沿いの民家C④パーツと2階照明加工

前回の続き、パーツ加工と2階照明組込み加工を進めます。

最初に玄関パーツを仕上げます、ポストに色差しをして表札を取り付けました、民家Cは民家B山田さんのしりとりで田中さんです。写真で拡大すると雑さが目立ちます。

削った門灯跡は屋号看板にしました、四角なので一捻りし「上町俵屋」としました、川下トンネル先の下町に「下町俵屋」があり本家と分家の想定です。 この様に自分自身を納得させるシナリオを考えるのも楽しい作業です。 ポスト色差し修正しましたがこの辺りが限界です。 おでこに0.6mm穴を2ヶ所空け、門灯LEDを固着しました。

民家Bで屋号看板が白過ぎたので「上町俵屋」シール製作時に修正し、「羽後屋」看板を付け替えました、やはりこの方が良いです。

2階照明が外から見えてもOKですが、位置が低いと配光特性が不自然になるので天井裏に照明基板を置きます。 LEDを逃げる角穴と配線を通す2.5mm穴を天井に空けました。

照明基板を瞬着で固定し、配線を照明しない部屋に引き出しました。

裏返すとこんな状態です、大屋根取り付けビス脇にLEDが顔を出す位置関係です。

2階間仕切り板を装着した状態でLEDを点灯させ、各部分の照明具合を確認して修正点を洗い出します。 結果的に前面壁を剥がしたのは大正解でした。

LEDはクリアオレンジを軽く差して赤味を持たせました。 光を漏らす部屋の窓に薄青色カーテンを取り付けました。 2階廊下と階段ホールが暗いのでアルミ箔テープ反射板を貼りました。 照明組込みに備え厨房の遮光塗装も追加しています。

2階間仕切り板の廊下側切り欠きを左右に広げ、隣室側も斜めカットして漏光を増やします。 また間仕切り板の遮光性が低いので、配線を通す部屋壁を遮光塗装しました。

大屋根裏側も遮光の保険としてフラットブラック塗装しました。 大屋根を取り付け2階の照明状態を確認しました。 2mAでほぼ狙いの部屋の明るさと廊下・階段ホール及び隣室へ漏れ出る光になり、遮光問題もありませんでした。 1階厨房と座敷の照明組込みにはまだまだパーツ加工が必要です、KATO完成品ストラクチャは手間がかかります。


ではまた。

県道沿いの民家C③ベースとパーツの加工

県道沿いの民家C工作の続きです、ベースとパーツの加工を進めます。

ベースの玄関、縁側礎石、通路踏石と2辺の壁をニュートラルグレイで塗装しました。

花壇積み石に選んだのはレッドブラウン、裏のトタン屋根共用が当初予定でした。

予想に反し赤味が少ない色でした、テカるのでウェザリングでくすませました。

後加工が困難になる庭と通路の地面にリアルサンドナチュラル・ブラウン混合砂を撒きました。 花壇にはカントリーグラスを撒いて花を咲かせる下準備を行いました。

次に出桁屋根取り外しで前面壁接着を外したのを幸い、2階間仕切り板の装着状態を確認しました、天井と完全に密着します。 2階照明は中央1室のみにする事にしました。 

中央1室照明を裏側廊下と階段照明兼用にする為、間仕切り板にコの字型切り欠きを入れました。 また左の部屋へ光を漏らす為、直角三角形状の切り欠きも入れました。

遮光材を貼る寸法余裕がなく、照明輝度を低目に抑えるので遮光はフラットブラック塗装のみです、経験値からすると十分行けるはずです。

2階照明設置で間仕切り板を組み込む前に大屋根を取り付けなければなりません。 するとその前に壁ウェザリングを済ます必要があり、標準手法で行いました。 雨どい、メーター、配管などの色差しも行いました。

側壁のウェザリングを行い、壁際に生える草を接着しました。 後から追加した色の濃い草はまだボンドが乾き切っていません。

1階座敷障子は照明しても小窓しか明るくなりません。 白色成形剤で茶色塗装と思ったら何と茶色成形剤の白色塗装、光を透過させるのが難しくなりました。 1.6tを半分まで削り込み光にかざすと少し透けます、後は照明設計で工夫するしかありません。

障子下の透けては困る板部分に遮光材を貼りました。 窓をスリガラスにしてLEDを直接照射すればそれらしく見えるのではないかと皮算用しています。


ではまた。

保存蒸機を訪ねて①あづみ野

謎解きは終了ですが、推移年表作成時に気付いた事があります。 岡谷市・辰野町と共に1976年3月廃車D51を大糸線沿線穂高町が静態保存しています。 大糸線全通は1957年、松本-大町電化は1926年ですが、1960年代半ばまで大町に機関支区が置かれC56が常駐していました。 従って穂高町が蒸機無縁とは言えませんが、大糸線はD51が走れる線路規格ではありません、何故なのか?疑問を解明すべく調査に出かけました。

自宅から車で1時間半、穂高町(現安曇野市)の静態保存機は483号機、1976.3.1滝川で廃車されています。 荒廃注記があり飯田市402号機の様子を想像していましたが、それほどひどくありません、伊那市や駒ヶ根市保存機と同等もしくは良い状態です。

ロッド類の装飾はありますが、定番のランボード白線はなしです。 補修塗装された痕跡があり、その際に塗り潰された可能性もあります。

説明看板によると地元無縁のD51静態保存は、町興し温泉施設完成の記念品でした。 483号機は広島被爆機で1972年設置、岡谷市より遅くこれが県内最後の保存機でした。 荒廃注記DB更新が2001年、看板設置は翌2002年、その際補修が行われた様です。

厚塗りのボテッとした印象で状態は下の上と言ったところ、何か違和感があると思ったら密閉式キャブへの改造機です、階段が設置されていますが柵で囲まれ立入禁止でした。

足元を写さないこのアングルでナンバープレートを隠したらC61で通ります。

後部ナンバープレートが欠損しています、荒廃時代に持ち去られたのでしょう。

保存場所は右奥に見える温泉施設から150mほど離れた空地、施設アクセス道路の反対側で施設訪問者もまず気付かない様な場所でした。


出かける前に、穂高まで行くならついでに大町市C56、明科町(現安曇野市)C56も見てくる計画を立てました。 穂高から20分ほど北の大町へ向かいました。

大町市の保存場所はナイター設備のあるサッカーコート2面が取れるグランド脇です。 狭い道の奥で解りにくく、散歩中のご婦人に聞き辿り着きました。 遠目にはそこそこに見えますが、かなり傷んでいます。

説明看板です、廃車から保存まで4カ月、1974年保存は推移年表推定通りでした。 配置表によると飯山線・小海線で長く働きましたが、大町機関支区在籍歴はありません。

別看板に詳細履歴が掲示されています。 大町に在籍したC56の多くは1960年代前半の廃車ですが、130号機だけは1972.10.23糸魚川廃車、大町市静態保存に最適な地元ゆかりの蒸機でした。 保存場所・状態から大町市は積極的でなかったと思われます。 前年の絶好球を見逃し1974年に動いたのは、岡谷市と似た様な経緯かもしれません。

階段は設置されていますが柵に囲まれ立入禁止でした、保存状態は下とするしかないレベルです。 飯田市D51 402の再評価は荒廃、と言うより評価対象外にしたいですね。

キャブ回り、窓枠は残っていますがガラス欠損、ナンバープレートも汚れ放題です。

シリンダーカバーに複数空いた腐食穴の一部はシリンダー内まで貫通している様です。 線路内の草取りも行われていません、自治体や住民の扱いがこんな所に表れます。

1977.6.30と1993.6.30の日付が表示されています。 維持管理作業を行った日付ではないかと思うのですが・・・、とすると24年間放置?、でもそう思わせる状態でした。

大町から明科に通じる道路から振り返ると北アルプス連峰、五竜岳・唐松岳・白馬三山が見渡せました。 水田には水が張られ、しろかきが始まっていました。

明科町(現安曇野市)の静態保存C56は124号機、長く七尾機関区に在籍し廃車1年前に木曽福島へ転籍になっています、本線稼働したかは疑問です。 松本・上諏訪機関区在籍C56が数多くありましたが、保存に動いた時期が遅く、県内廃車蒸機を確保したと思われます。 1975年の明科町静態保存が間接的に辰野町を追い込む結果になりました。

蒸機が自己紹介する形式の説明看板です、これもアリだと感じました。 豊科町・穂高町・明科町・堀金村・三郷村が合併して安曇野市が誕生したのは2005.年10月ですので、この看板はそれ以降に付け替えられています。

設置場所は犀川ほとりの龍門淵公園、と言っても旧明科町施設跡地で現在は更地です。 明科は篠ノ井線沿線なので最適機はD51ですが、このC56を実に手厚く保存しています、茅野市・下諏訪のC12と並び、見てきた静態保存蒸機TOP3の良好な状態です。

ナンバープレートもメーカープレートも非常に綺麗な状態、124号機廃車前に松本機関区蒸機は姿を消したので、機関区サボは展示用に国鉄から貰い受けたのかもしれません。

線路内に草は全く生えておらず、併設された腕木式信号機からも手入れの良さを感じました。 最後に良い物を見せてもらったと満足して家路につきました。


謎解きと合わせ13両の静態保存蒸機を見てきましたが、現地踏査すると様々な事が解って興味深くハマリそうです。 ま、趣味なんだからそれもいいかと考えています。


ではまた。