Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

謹賀新年 鉄道P誌 1965年9月号外

新年明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします。

新春特別企画(笑)は、筆者所有鉄道P誌1965年9月号外、1960年12月号臨時増刊再版の「私鉄車両めぐり第1分冊」からです。 かつて国内各地に存在したのどかな地方私鉄の姿を紹介しています。 遠い昔なので入手目的は不明ですが、16番レイアウトスペース制約からナローに興味を持った時期があったからだと思います。


1.九十九里鉄道

表紙写真は東金-上総片貝8.6kmを結んでいた軌間762mm九十九里鉄道の列車、1958年の撮影です。 写真の家徳駅はその後交換施設を撤去され、全線1区終端駅以外全て無人駅となり、この号発売前の1961年に廃止になりました。

キハ104+ハニフ106+ハフ107の編成、小さなガソリンカーがこれまた小さな客車や貨車を牽いて運行していました。 今や死語になったマッチ箱の様な車両です。

長大編成(?)はガソリンカー複数で運行していた様です。 協調制御がある訳もなく、運転士もそれぞれ乗務していたと思われます。

在籍車両は種々雑多、ケハ111は西部劇を思わせるオープンデッキです。

終着駅の車庫、車両がなかったら軌間が解りません。 有名な草軽電鉄も1962年廃止、1964年東京五輪に向け整備された交通網で役割を終えた事もありますが、ナローゲージ軽便鉄道は、非効率で古臭い捨て去るべき物と考えられていた様にも思えます。

【草軽電鉄】
この号に掲載されてませんが関東でナローと言えば草軽電鉄、数多くのスイッチバックがあり、軽井沢ー草津55kmを2時間半~3時間で結んでました。 筆者はこの号を手にするまで九十九里鉄道を知りませんでした、廃止されのは小学生時代ですから(笑)


2.加悦鉄道

【始発丹後山田駅のガソリンカー】
加悦(かや)鉄道はかつて国鉄宮津線丹後山田駅(現京都丹後鉄道宮津線与謝野駅)から加悦町(現与謝野町)間5.7kmを結んでいた地方私鉄です。

【1959年の加悦駅】
軌間1067mmですが雰囲気はナロー、古典タンクロコや2軸客車、国鉄払下げ客車改造気動車など珍車の宝庫として鉄道雑誌に良く登場していました。

【1985年廃止直前の加悦駅】
沿線にニッケル鉱山と精錬所があったので宮津線貨物輸送が廃止される1985年まで存続していました。 一度見たいと思いながらついにその機会がありませんでした。


3.釧路臨海鉄道
黒いダイヤ=石炭産業華やかな頃、北海道は筑豊と並ぶ中心地でした。 石炭輸送が目的の路線が多数存在し、国鉄夕張線・歌志内線・万字線等がそうです。 敷設時の鉱業振興は国策であり官営と思ってましたが、この号で運炭私鉄があった事を知りました。

【8号機関車】
釧路臨海鉄道は太平洋炭鉱の石炭輸送を目的に、採炭場のある春採-知人(積出港?)間4.0kmの貨物線として開業、後に東釧路駅で国鉄に接続、旅客輸送も開始しました。

【キハ1001】
その後この号発売前の1963年に旅客輸送が廃止されています。 当然閉山して全線廃止されたという予想は大外れでした。

鉱山は今も操業しており、開業当時の春採-知人間のみ貨物専用線として現存し、両端にディーゼル機関車を付けた石炭列車が走っています。


4.天塩炭鉱鉄道

【9号機関車】
名前が示す通り北炭天塩炭鉱の運炭私鉄で、留萌-達布間25.4kmを結んでいました。 炭鉱が閉山された1967年に廃止されています。

【2号機関車が牽く混合列車】
この鉄道にはC58型(給水温め器なし)2両と9600型1両が在籍し、気動車導入による客貨分離は行わず最後まで混合列車を運行していました。


5.東野鉄道

【1958年2号機関車が牽く列車】
東北本線西那須野-黒羽間13.1kmを結んでいた鉄道。 地域振興目的で敷設され、物産輸送や戦前は太田原陸軍飛行場軍需輸送を担いましたが1968年に廃止されています。

【キハ501】
1950年代には1B1蒸機列車やガソリンカーが走ってましたが、国鉄払下げ大型気動車500型(キハ07?)3両導入後、蒸機の出番は一往復の貨物列車のみになりました。


6.栗原鉄道
数奇な運命を辿った鉄道なので、この号記載内容を超えて紹介します。 東北本線石越-細倉鉱山25.7kmの運転区間から鉱石輸送鉄道に見えますが、1921年地域振興目的で軌間762mm非電化で開業しました。 細倉鉱山まで延伸開業したのは1942年です。

【ED181】・・・軌間762mm、1952年
鉱石輸送で増加した貨物量に対応する為1950年に電化を行いました。

【ED203の牽く貨物列車】・・・軌間1067mm、1960年
更に1955年、1本の運休列車もなく1067mmに改軌し、石越駅での貨物積み替え作業軽減を図りました。 一時は仙台から栗原鉄道へ旅客列車直通運転も行われました。

【M15】・・・改軌後の主力電車
1988年細倉鉱山が閉山すると貨物輸送も廃止され経営が非常に苦しくなりました。 1990年鉱山跡地にできた細倉マインパークが終着駅になり、1993年には全国に先駆けて第三セクター化され運行を続けました。 変転は更に続きます。

【KD95】・・・電化廃止時に新造された16m級気動車
1995年、老朽化した設備・車両更新費用捻出ができず電化を捨てました、珍しいケースです。 気動車を導入して非電化路線となり『くりはら田園鉄道』に社名・線名変更しました。 それから12年後の2007年、様々な変転の末に力尽き廃止されています。


この号には現存する弘南鉄道・水間鉄道・土佐電気鉄道と合わせ、廃止された下記私鉄が掲載されてます。 紙面の都合で紹介できませんので概要のみ記します。 1965年9月にこの特集が組まれたのは、次々と消えてゆく地方私鉄の実態が背景だったと思います。


★北海道拓殖鉄道:新得-上士幌54.3km、非電化、1968年廃止
★岩手開発鉄道:日頃市-盛-赤崎11.5km、非電化、1992年旅客営業廃止、現存
★越後交通栃尾線:悠久山-長岡-栃尾26.5km、軌間762mm、電化、1975年廃止
★新潟交通:白山前-燕36.1km、電化、1999年廃止
★北恵那鉄道:中津川-下付知22.6km、電化、1978年廃止
★淡路交通:洲本-福良23.4km、1948年電化、1966年廃止
★井笠鉄道:井原-笠岡19.4km、他に2支線13.6km、軌間762mm、非電化、1971年全廃


ではまた。

2017年を振り返って

年末に際し、筆者にとって実り多かった2017年を振り返ってみます。 盛夏と厳冬期を合わせ4ヶ月半休業していたそれまでに対し、ブログによりフル稼働の一年でした。


1.休業なしの厳冬期(1-3月)

【わらぶき農家】・・・1月5日投稿記事より
前年12月中旬に着手したわらぶき農家を正月返上で工作を続け完成させました。 小屋裏作業不可能シーズンなので、遮光・小物製作技法や半世紀前の鉄道雑誌紹介を織り交ぜながら、自室でストラクチャ製作に励みました。

【野小屋】・・・2月2日投稿記事より
次に完成したのは古くなった蛍光灯がチラチラする野小屋です。 延伸線ストラクチャは可能な限り細部にこだわる方針で内部も作り込みました。

【農家5】・・・3月9日投稿記事より
わらぶき農家・野小屋完成後、東基台最後のストラクチャ農家5を仕上げました。 2月中旬に着手し非常に手間を掛けた倉元駅舎を含め工作三昧の3ヶ月でした。


2.進むストラクチャ製作(4-6月)

【倉元駅舎】・・・4月16日投稿記事より
他工作と同時進行でしたが、2ヶ月を費やして大物倉元駅舎が完成しました。 また4月に静態保存蒸機に興味を持ち、県内外合わせ年8回の出張で30両を見て回りました。

【県道沿いの民家B】・・・4月20日投稿記事より
引き続き北基台ストラクチャ建設に着手しました、最初に完成したのは連子格子が美しい民家Bです。 どこまで作り込むかの基準がこの頃ほぼ定まりました。

【県道沿いの民家C】・・・6月7日投稿記事より
民家Bの次は民家Cに着手しました、茶色プラ材製座敷障子を薄く加工し大輝度斜め照射で透過させる技法開発で室内照明をクリアできました。 続いて民家Dと民家Aの製作に着手しましたが、大事件勃発により約3ヶ月の建設中断になりました。


3.意義深い建設中断(7-9月)
7月初旬、『た625さん』のヤードポイント一括転換の妄想大事業にコメントした事をキッカケに、工作は神の手でも電気は苦手な『た625さん』、ポイントサーボ駆動先駆者にしてArduino伝道師の『親爺ぃさん』、工作は苦手だけど電気は得意な筆者、互いに補完する3者間に核融合反応が起こり、JAM2017出展計画に発展しました。 巻き込まれた?、いやいやこんな機会ないかと待ってて喜んで飛び込んだのです(爆)

【県道トンネル】・・・7月28日投稿記事より
7月はJAMプロジェクト並行で県道トンネルを完成させ、ここで建設を中断しました。 ファイントラック通電・切替信頼性問題がPecoなら解決可能と知り、スローアクションや信号機連動の魅力もありArduio/Peco乗り換えを決断、設計変更を開始しました。

【『た625さん』JAM2017出展】・・・8月21日投稿記事より
8月に入ると工作時間が全く取れずJAMプロジェクトに専念、和歌山・横浜・諏訪間を800通のメールが飛び交い、最後は工作室の突貫工事で出展に間に合いました。 ブログは設計変更と警鐘を鳴らしたコンデンサポイント切替電気講座で食いつなぎました。

【JAM2017チラシ】・・・8月21日投稿記事より
JAM会場に用意したチラシ、話は前からあったけど「lofthonsenさんチラシ作ってよ」と『親爺ぃさん』に言われたのは何と納期3日前!、「早く言ってよ~」と材料収集、デザイン/編集、確認/校正にバタバタしたのも、今となっては懐かしい思い出です。

【ストレージオシロスコープ】・・・8月23日投稿記事より
警鐘を鳴らした以上は技術的裏付けのない情報提供はできないと考え、設計解析ツールを購入しました。 8-9月はこれを駆使して電子解析ブログ化し、コンデンサポイント切替関連、TOMIX電気設計実態情報提供と設計変更関連だけで建設中断が続きました。


4.建設再開と新しい家族(10-12月)
電子工作熱は10月も衰えず、積み残しコンデンサポイント切替関連とPWM低周波化実験が続きました、建設意欲が蘇ったのは寒さが厳しくなり始めた11月初旬でした。

【新しい家族:ハナちゃんの成長】
この間プライベートで大きな変化がありました、誕生直後に棄てられた猫(ハナちゃん)を10月1日に嫁さんが拾い子育てが始まりました。 今後は2泊以上の夫婦旅行ができなくなりましたが、小さな命の成長と触れ合いに癒される毎日です。

【県道沿いの民家A】・・・11月11日投稿記事より
仕掛かり放置していた民家Aを完成させました、障子間仕切り板を民家Cで開発した技法を踏襲して室内照明を行いました。 泥ハネ除けを追加して差別化小物にしました。

【県道沿いの民家D】・・・11月17日投稿記事より
同じく仕掛かり放置していた民家Dの裏庭を製作して完成させました。

【県道沿いの民家4軒】・・・11月19日投稿記事より
北基台県道沿いの民家4軒、その後照明バランスを修正して完成しました。

【雪崩覆い】・・・12月24日投稿記事より
先月末から筆者には珍しいフルスクラッチストラクチャ雪崩覆いの製作に着手しました、完成まであと一歩の状態で、大きな成果があった2017年が暮れようとしています。


それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

新型広葉樹製作の工夫

当ブログではこれまで広葉樹もどきの製作前編 - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記チョイ紅葉樹2次試作と従来線試植 - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記など樹木製作記事を数回掲載しています。 今回は新型広葉樹製作の工夫について紹介します。

従来線中山平駅裏の風景です、画面中央に晩秋らしく少し色付いた広葉樹3本が立っています。 KATO広葉樹キット製で、手前から中、大、小の各サイズ、広がった枝先に葉の塊が付いた樹形です。 風景に馴染んで一応それらしく見えます。

未使用のKATO広葉樹キット中です、広葉樹らしくする為に枝を四方へ張出しそれぞれの枝に葉を付ると、ほぼ自動的に写真の樹形になってしまいます。 実際の広葉樹に比べて枝の数が少ないからです、小枝を含め全部で40本しかありません。

KATO広葉樹キット小と同サイズの自作広葉樹です。 フラワーアレンジメント用針金で幹と枝を作っており、この例は0.35mmx16本、20本程度はOKですが幹の太さとの関係で40-50本と増やす訳にはいきません。

その結果、密生タイプ広葉樹は枝に装着する葉ブロック大型化で製作可能ですが、まばらタイプ広葉樹、例えば少し葉を落したイチョウの木は枝数不足で製作できません。 今回はこれまで作れなかったまばらタイプ広葉樹製作の工夫です。

①使用素材は従来自作品と同じ0.35mmフラワーアレンジメント用針金です。
②植付け軸兼幹用100mmを5本、幹用90mmを10本用意します。
③100mmに10mm余裕を持たせて15本を捩り、根元を瞬着固定します。
④150mmをV字型に折った3本セットを3組作ります。

①15本から3本分けてV字片側を重ね6本を捩ります、V字残り3本は幹と捩ります。
②同じ事を2回繰り返します、6本の枝が3本と15本のままの幹が残ります。
③2本組の小型V字を作り、6本の枝各3本と捩ります。
④15本の幹はそのままに3方向に5本の枝が6本出ます、枝が30本増えました。

①5本を2本と3本に分け2本組の小型V字を追加、4本の枝から18本の小枝が出ました。
②3方向同じ処理をして幹は15本のままで下枝が54本になりました。
③幹から3本分けて2本組V字追加を2回行い、幹を細くしていきます。
④更に適宜2本組V字を追加し枝数93本の広葉樹幹が仮完成です。

①グレインペイントを厚塗りし、針金捩りとV字追加部分の形状を整えます。
②マホガニー塗装して幹が完成しました。
③葉の接着にはゼリータイプの瞬着を使用します。
④イチョウの想定で枯草色ターフを使います、1/5装着状態、中々良い雰囲気です。

葉の装着には従来自作品の5倍手間がかかりますが出来上がりはこの通り、十分実感的なイチョウの木になりました。 今回は上部枝増量を控え目にしましたが、125本程度までこの方法で可能です。 ところでこのイチョウ、植樹位置が決まっています。

【従来線:鎮守様と道祖神】
都会にお住まいの皆さんには意外かと思いますが、地方の古い部落には何ヶ所も社(やしろ=鳥居と祠または社殿がある場所)があります。 部落の守り神、鎮守様もあれば水の神様、山の神様、△△一族の守り神もあります。

【従来線:御柱の建つ小さな社】
従来線には鎮守様の他に、生野駅前から南中学校へ続く道脇に御柱が建つ小さな社を作りました。 奥行7-8cmのスペースですが良い風景アクセントになってくれました。

モデルは筆者が住む住宅団地の神社です、昨年7年(目)に一度の御柱祭で柱を建て替えました。 12/24(日)には氏子が新しい注連縄を造り新年を迎える準備をしました。

製作したイチョウを植えるのは、風景アイディアがなかった延伸線北基台ドライブインと民家Aの間に作る小さな社です。 社にシンボルツリーとして樹齢の長い大木があるのは良くある風景で、落葉が敷き詰められた敷地になる予定です。


ではまた。