Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

県道沿いの民家B③照明組込み その2

漏光箇所と程度が解ったので、遮光対策と光色演出を進めます。

最初に室内側の天井を除く塗れる場所全てをフラットブラック塗装しました、塗装+遮光材が必要な箇所特定の為です。 また間仕切り壁を利用し、厨房と土間はクリアオレンジ色差しで白熱電球、居間は色差しなしで蛍光灯に見える光色演出を行います。

この光色演出は従来線中山平駅舎で実施しており、駅舎待合室は蛍光灯色、駅務室は白熱電球色にしています。 過去10年で家庭用照明が蛍光灯からLEDに切り替わった様に、昭和35-45年は長寿命・低消費電力・高色温度の蛍光灯に切り替わった時代です。

上面厨房上など屋根で隠れる部分と中2階窓から見える照明基板をフラットブラック塗装しました。 ベースなし、電流2倍の前回と同条件で再度漏光確認します。

正面中2階明かり取り窓の両側は漏光がなくなりOKです。 連子格子下は遮光材が必要、入口右側はわずかに漏光、入口扉右下のフラットブラックはみ出しは要修正です。 間仕切り壁がないのでLED色が混ざり、光色演出効果の確認はまだできません。

盛大に漏光した中2階窓がある側面はダメ元で塗装しましたが結果はNG、全面を遮光材で覆う必要があります。 トタン屋根のすき間からもまだ少し漏れています。

裏面も塗装だけでは不十分で、厨房窓周辺や裏口周辺など遮光材での対策が必要です。 また裏口扉にも内面から塗ったフラットブラックがはみ出しており要修正です。

窓のない側面は塗装で大幅に改善し、ベース装着時は間仕切り壁で遮光されるので、これでOKと判断しました。 右端連子格子ガラス端面漏光も塗装で対策できました。

中2階窓のある側面全体に遮光材を貼り、両端は正面入口と裏口側へ回し込みコーナー部を覆っています。 更に左側入口と右側裏口両脇とトタン屋根すき間にも貼りました。

厨房窓回りに遮光材を貼りました。 漏光していたトタン屋根上部壁にも貼りました。 裏口扉のフラットブラックはみ出しを修正しました。

正面連子格子下に遮光材を貼りました。 入口扉のフラットブラックはみ出しは、ガラスすき間からの塗料進入で修正不能でしたので、扉下部を遮光材で見切り対策しました。 この状態で漏光確認して全てOK、ジャンパー線を外して1.8mA最終仕様に戻しました。

光色演出用のフラップを遮光材を使いベース間仕切り壁に接着しました。 右から土間と居間、居間と厨房、厨房と奥座敷間の光混合を避ける遮光板です。 2本のボスが天井板に接するので白熱電球色の土間・厨房と蛍光灯色の居間の光色を分離します。

ベース地面をフラットアース、厨房踏み石と便所汲み取り口をニュートラルグレイ、排気塔は黒鉄で塗装しました。 厨房LED位置が屋根干渉条件で建て物中央寄りなので、光を厨房へ届ける為、間仕切り壁を15mm幅で切り欠きました。 ベースを取り付け最終的な照明状態を確認したいのですが、まだ先にやるべき事があります。


《春の予感》
東京で桜満開のニュースがありました、当地でも着実に春が近付いています。

4月1日の雪は一日で消え、湿雪で変形したコノテガシワも形を取り戻し、手前の花壇にはチューリップの葉が出揃いました。 その手前は今年ジャガイモを作付する畑です。

雪に埋もれた福寿草も元気を取り戻し花を開きました。

庭に次々と顔を出す蕗の塔、天ぷらやふき味噌にしていただきます。

早咲きの小梅の花がほころび初めました。 野鳥が水飲み場にしている天水桶にまだ氷が張りますが、長い冬が終り春が近い事を実感できます。


ではまた。

県道沿いの民家B②照明組込み その1

筆者のストラクチャ加工は屋根から開始するのが通例でしたが、今回は連子格子の夜景が重要ポイントなので、照明法の検討と組込みを先に行います。 またKATOストラクチャは建コレより漏光が少ないので、照明組込み⇒漏光確認⇒遮光対策の順番で進めます。

中2階窓に土間の灯りが届く様にする為、周辺の天井板を切欠きました。

出桁と屋根のすき間に中2階の明かり取り窓がある事に気付きました、本来あるべき格子もガラスもない簡略形です。 ここから漏れる光も夜景要素なので、照明基板を天井裏に設置して光路を確保できる第二案を採用する事にしました。

天井板に照明LED逃げ穴を糸鋸で空け、屋根裏全体をフラットブラック塗装しました。 正面中2階明かり取り窓にはプラシートとコピー用紙で作った障子を取り付けました。

照明基板は農家5と同じ方式のユニバーサル基板で、屋根取付ステー部の逃げ穴を空けてあります。 居間から厨房ラインへ2灯、土間に1灯を直列接続で配置します。

基板に電極を半田付けしてLEDを実装し、上面で配線して両面テープで天井板に固定しました。 電源線は天井板に3.2mm穴を空け室内へ逃がします。 最終仕様は820Ωx2本1.8mAですが、漏光確認を容易にする為、1本をジャンパーして3.6mAにしてあります。

電源線を逃がす場所は間仕切りに囲まれた奥の部屋で外から見える心配はありません。 同じく3.2mm穴を空けて電源線を建物外へ引き出します。

室内側から見ると天井板切欠き部からLEDが顔を出している形になります。

屋根裏をフラットブラック塗装しました。 漏光確認は2倍の電流で間仕切り壁が付いたベースを使わずに行います。 壁単体の遮光性確認と、ベース脱着による建て物ダメージ防止が目的です。 漏光箇所特定の為、昼景/夜景対比で掲載しました。

正面は大屋根と出桁屋根漏光なし、中2階窓両側が少し漏光しますが黒色塗装で防げそうです。 連子格子下部と入口周辺及び右側壁は漏光しており、間仕切り壁効果がないので遮光が必要です。 また内部がほとんど見えないので室内製作しない事に決めました。

中2階窓のある側面は盛大に漏光します、窓を除いて壁全体の十分な遮光が必要です。 右端トタン屋根と壁すき間の漏光も対策が必要です。 中2階窓から角度により照明基板部品が見えるので、すりガラスにした方が良さそうです。

裏面も派手に漏光します、大屋根下部からも漏れています。 漏光程度と間仕切り壁効果の有無により、遮光材と黒色塗装を使い分けて遮光対策する事を考えています。

窓のない側面も盛大に漏光します、電源線の影が見えます。 ベース取り付けでほとんど漏光しなくなると思いますが、間仕切り壁と天井板すき間があるので遮光が必要です。 右端は連子格子ガラス板端面からの漏れで、これも対策が必要です。


《雪かき》

昨4月1日は前夜からの雪が10cm以上積り、咲いたばかりの福寿草も顔を出した蕗の塔もすべて雪の下、ストックヤードに仕舞った除雪用具を出して雪かきしました。

この時期の雪は湿雪で、雪の重みで庭のコノテガシワも無残な姿になりました。 当地に暮らして33年、ゴールデンウィークの10cm以上積雪が2回ありましたので驚くには値しませんが、桜前線北上中の雪かきは体に堪えます、ヤレヤレ。


ではまた。

ローカル駅舎⑪続く組立作業その3

ローカル駅舎は亀の如き歩みですが一歩一歩前進、組立作業が続きます。

待合室側面壁に遮光材と内装材を貼り、ポスター3枚も貼りました。

ベースに接着しコーナーに漏光防止板とフラワーアレンジメント針金を取り付け、遮光に万全を期しています。 長ベンチ裏は狭くベンチの陰になるので漏光防止板なしです。

ホーム側差し掛け柱には0.8mm幅の駅名札を貼りました。

差し掛け柱をウェザリングし、改札口脇の柱に駅名札を貼りました。 駅舎がホームからオフセットしているので駅名札は改札口両側の2ヶ所だけです。

部品探しに手間取り順番が逆になりましたが、待合室に灰皿を設置しました。 生野駅ホームに採用した古いKATO近郊型ホーム付属品で、ニュートラルグレイ塗装し、灰落し部にフラットアルミを色差ししています。 待合室の小物配置はこれで完了です。

最後の駅舎壁は入口です、両側壁との嵌合確認をして遮光材と内装材を貼り、入口灯取付穴を斜め上向きに0.8mmドリルで貫通させました、入口灯点灯化の前加工です。

キット付属の駅舎入口灯です、当然ダミーです。 電球傘を使いたいのでフラットアルミ塗装し穴空け工程で失敗、小さ過ぎ不安定でセンター出しができませんでした。

代役にKATO構内灯を使いました。 フラットアルミ塗装後電球をヤスって平坦にし、0.8mm穴を貫通させてから余分な部分を切り取って傘だけにします。

電球は0.7mm光ファイバーです。 先端をサンドペーパーで平坦にした後、角を落して丸みを付けボンドで濡らしています。 昼間の電球は白いので色差しはしません。

光ファイバーを傘に通して接着、RLMグレイで根元部分を塗装しました。

屋根に干渉しない範囲で入口灯を下向きに取り付け、入口壁をベースと両脇壁に接着しました。 それらしく見えるのでOKです、屋根を付けても庇が短いので十分見えます。

真横から見ると駅名板、入口灯の位置関係が良く解ります。 照明基板にLEDを横向きに取り付け光ファイバー導光で入口灯を光らせる構造です。

全壁部品組立完了した駅舎全景です。 通票閉塞機など出来栄えに満足できない部分も多々ありますが、様々なアクセサリー配置によりローカル駅らしい雰囲気演出はできたと思います。 次回から照明組込み作業に取りかかります。


ではまた。