Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

詰所の製作①前加工

倉元駅機関車駐在所詰所を製作します。

使用するのはGM詰所、信号扱所と一緒に調達した着色済キットです。

詰所が建つのは駐在所機関庫と給水塔の並び位置です。

最初は屋根から、例の成形打ちっぱなしテラテラ黒色屋根です。

信号扱所と同じくフラットブラック・RLMグレイ・溶剤・水をアバウト同量混合で筆塗り、乾燥後にウェザリングし同じ風合いにしました、同時に建てられた想定です。 建屋側に照明設置すれば不要と考え屋根裏フラットブラック遮光塗装は省略しました。

信号扱所ほどではありませんが細かな窓桟が気になります。

信号扱所で慣れたので、出入口扉を除き窓桟を切断しました。 簡単に作る室内が夜景で良く見える期待もあるし、まんまキットじゃ面白くない気持もあります。

【『信号扱所の製作②』より転載】
古びて白茶っけた色の再現法を信号扱所製作記②を参考(笑)にマホガニー1、溶剤1、フラットアース水溶液1、ニュートラルグレイ2の混合比で作りました。

ま、ほぼ同じテイストかな、となったのは良いけれど塗料1/5も使ってない。

で、付属の梯子とトロッコも塗ったけど、まだまだそんなもんじゃ追い付かない。

そうだ!っと窓桟加工失敗で二重調達になった信号扱所鉄路柵、詰所にもあったかな?、とにかくありったけの柵に塗ってもまだ少々余りました、調色って難しい。

そしてやっぱり気になる凹んだだけの換気口。

気に入らないとウデも視力も考えずやってしまうのが筆者流です(笑) 穴の奥から光が少し漏れるのも悪くない?、それはおかしい?、どうするか決めてません。

壁の前加工はウェザリングでお化粧して終了です。

土台・床の前加工しようとしたら床に何やら突起、GMのロゴです、裏にしてよ~。

ゴリゴリ跡かたもなく削り取りました。

土台をRLMグレイで塗り、 コンクリート打ちっぱなしでは寒そうなのでSTウッドで床を張りました。

最後に詰所ベースにリアルサンド混合砂を撒きボンド水溶液で固着しました。


ではまた。

半世紀前のTMS 1963年9月号後編

前回の続きです。

筆者にとって本号の目玉は何と言ってもコレ、『龍安寺鉄道の発展』です。

【TMS1962年8月号より】
龍安寺鉄道はTMS1962年8月号で発表された2.3mx1.4m、やや大型の個人レイアウトです。 昨年3月27日拙ブログで半世紀前のTMS 1962年8月号 - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記として紹介してます。 その中で『立体交差もリバースも設けず、風景製作に力点を置いている点が筆者の好みに合いました』と書いた好きなレイアウトです。

取材時にTMS中尾氏から指摘された駅舎と給炭台オーバースケール改修後に、二期工事を着手してます。 作者はこれがレイアウト2作目で3年目、車両を走らす場としてでなく、始めにレイアウトありきでこの道に入ったところは筆者と同じです。

ご覧の通り二期工事延長部はABC3ブロックの分割式で、スペースに対しわずか支線1本と終端駅だけ、本体と比べ格段に線路密度が低くなっています。 Aブロックのみ完成、BCブロックは線路敷設と主要ストラクチャ配置の半完成状態です。

Cブロックは駅主要施設のみ、とは言え、ホーム・上屋・跨線橋・駅舎、何一つ市販品がなく全て自作です。

作者ご本人は『どこでも見受けられる様な平凡な風景を意識した』と書かれています。 延伸線建設中の筆者には、一期工事ではできなかった、あるいは不満だった風景製作を主目的にした二期工事ではなかったかと思えます。

季節設定は稲刈り前の初秋でしょうか、レイアウト素材が揃ってない時代の苦労が偲ばれます。 風景重視派は昔も今もマイノリティ、現在のレイアウト村を見回して旗幟鮮明なのは筆者の他に『kyoshusenさん』『イノッチさん』『ぎっしゃさん』くらいです。

田園風景を見下ろす築堤のAブロックは他の基台より低く、筆者技法と全く同じです。 設計時に記憶が残っていた訳ではありませんが、潜在意識の中に遠い昔のこのレイアウトへの共感があったのかもしれません。

こうしてる時が目指す物が何であれ、レイアウト製作者の至福の時間なのは同じです。

レイアウト製作を夢見て擦り切れるほど読み返した『レイアウトサロン』発売はこの号の直後、東京オリンピックの前年、筆者は中学2年生でした。

【レイアウトサロンより】
その中でもTMS山崎喜陽氏が表紙にもなった新モンカルラインを訪問し、総裁専用列車乗客となってレイアウトを周遊するシナリオの訪問記にはワクワクしました。 ガレージ2階2.7mx5.2mのスペースに建設された複線+単線エンドレス、貨物支線、中央駅と広大なヤード、扇形機関庫に、こんなレイアウト所有者になれたらと夢想しました。

【新モンカルラインを行くより】
当時は途方もない大型個人レイアウト(実際そうだった)と感じましたが、露太本線従来線スペースを16番換算すると3.75mx7.5m(張出し部除く)と2倍の面積があり、50年の時を経て夢が叶ったと思うと感慨深いものがあります。

これまでシェイギヤードロコやハイスラー機を誌上発表してきた自称ゲテモノマニア作者が、これまた超レアなロコを発表してます。 停車駅も急勾配?、平坦だったら機関士はつんのめるし、そもそも水や蒸気供給ができる???

でも趣味ですから楽しければ良いんです。 複雑なメカをどうやって実現するか工夫し、それが意図通り動いた時が最高な気分なんだと思います。

その気分を味わう為には、こんなちっちゃな従輪まで自作するのがマニアの性、これだけは時代や環境が変化しても不変な様です。

目立たない片隅のマツモト模型の広告、ここには他7形式¥1,000とありますが、翌年の関西修学旅行で買った時は¥1,300でした。

【『52年前のマツモト模型スハ32』より転載】
ブログで紹介して2年で車齢54年、間もなくアラカンです。 前号に頂戴したoomoriさんコメントによると篠原ダブルスリップは50年で5倍、現在も特製品販売されてるスハ32は¥18,000、14倍です。 しかも初代松本正二氏作品、プレミア付かないかしら。[完]


ではまた。

半世紀前のTMS 1963年9月号前編

ポイント電気講座が完結したのでチョイと一服、今回はTMS1963年9月号の紹介です。 7月号表紙の3氏D51競作記事が掲載された8月号が何故か紛失してました。

誌上掲載作品・レイアウトが多いTMSにしては異色の表紙です。 給電したC62をガラス上で空転させ撮影した様です。 この号を読み返したら話題盛り沢山、とても1回で紹介し切れないので前後編にします、って苦しい時のTMSです(汗)

見開き天賞堂広告にトランジスタコントローラ初登場です。 マニア垂涎の新世代超高価なパワーパックでした、裕福な家庭の鉄模友人が所有しており、彼の家で天賞堂DF50を『トラコン運転』した時の感動が今でも忘れられません。 説明文中『力行・惰行・制動の実感的操作』と並んだ『スムーススタート』とはどんな機能だったのでしょう?。

7月号で紹介された国鉄C型D型テンダー機全形式を市販キットとパーツを最大限利用し、ない物は自作細密化して揃える大計画終盤の様子を伝えています。

前写真右中段C58タネ車が宮澤模型製品、筆者が所有してた唯一の16番蒸機です、13mm化の失敗が鉄道模型から離れるキッカケになった事は鉄の履歴書-23 13mmゲージに浮気 - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記で紹介しました。 時代の空気を感じさせる広告です、関東と関西、これらの店に今でも模型売り場があるのでしょうか?。

本文記事に製作記が掲載されてます、当時は人気のあった流線形蒸機(C55)、すっかり忘れられた存在になってしまいました。

作品グラフにデビュー間もない全ステンレス車東急デハ7000が載ってます。 東急沿線育ちの筆者には懐かしい形式で、日比谷線乗入用全M7000系と派生MT7200系は長く東急各線主力を務めました、多分7200系が東急最後の3扉18m級新造車だったと思います。

【上田電鉄7200形さよなら運転】・・・2018年5月12日
昨年青ガエルこと東急5000系が熊本で最後を迎えました。 3扉18m車は需要が多く全国各地の地方鉄道に譲渡されました。 先日1998年に譲渡を受け県内上田電鉄で活躍してきた7200形のさよなら運転が行われました。 まだ数社で現役続行してる様です。

新型車紹介プロトピックスは京王帝都5000系、これも一世を風靡した形式です。 6連の特急が新宿ー京王八王子間を33-4分で結び、特快運転前の国鉄を圧倒しました。

先月廃業した篠原模型店の広告です、新製品としてダブルスリップが載ってました、4番6番の2種で真鍮レール¥1,100、洋銀レール¥1,250です。

製品紹介ページにも載ってます。 ポイント電気講座でダブルスリップを解説したばかりの筆者としては、電気設計がどうなってたか非常に気になるところです。 画面右下の『ポイント改良新製品』は、篠原がトングレール下に通電確保用の接片を付加した物で、今も昔もポイント通電不良が悩みの種と、思わずニヤリとしました。

図面入り解説がありました、トングスライダー2個で4モード切替、フログ非通電、トングを通電切替に使ってません。 TMSはジャンパー線4本非選択式用法を薦めてます。 インサルフログで使い易くし、使用者が線形に合わせ電気設計する製品です。

巻末『鉄道模型相談室』に読者から7月号掲載レイアウト図のギャップ/フィーダー不足指摘があり、これまた筆者ブログにタイムリーな話題です。 山崎喜陽氏はトレースミスとした上で、筆者と全く同じ基本と短いリバース線の応用法を回答しています。

7月号を確認するとギャップ不足でポイントがショート、フィーダー不足でリバース線非給電の図面が掲載されてました。 鉄道模型のバイブルTMS誌にして図面作成者の電気素養が???、校正者も発見できなかったとは少々意外でした。

連載中の『陸蒸気からこだままで』は国鉄貨物輸送の雄、D62とEH10の登場です。 50両を超える重量貨物を牽く武骨で黒いEH10を横浜近辺で良く見かけました。 下段モハ10は多分南部線か横浜線で遭遇経験があると思いますが記憶に残ってません。

上段キハ44000/44100はキハ07とキハ10系のショートリリーフを務めた統括制御可能な電気式ディーゼルカー。 後に液体式に換装され非貫通湘南顔が災いしキハユニ16等に改造され10系と共に働きました。 現在のハイブリッド気動車のご先祖様です。


中下段には無煙化/近代化の中で生まれたDLが登場します。 DD50重連は国鉄初の本線用DL、その後継のDF50でもまだ力不足、蒸機駆逐の旗頭になったのはDD51でした。
[続く]


ではまた。