Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

南基台のPeco③駅構内線と廃鉱跡

南基台は前回機関車駐在所現役化と貨物引込線廃線跡建設が決まりました。 今回は駅構内線形を確定し、風景を練り込みます。

まず素直に従来案駅構内線に繋ぎ込みました、終端線を短縮し貨物引込線側へ道を通しました。 線形は整ってますが物足りません、スイッチバックは駅建設平坦地が取れない、または勾配設計が破綻する場所に設けられました、駅ホームが直線とは限りません。

【先端が緩くカーブしたホーム】
特に山間狭隘地スイッチバック駅でホームがカーブしてた例は多く、既製線路使用従来線で限定的にしかできなかった線形の微妙な角度や曲がりを、Pecoフレキを使う倉元駅に取り入れたくなりました。 スペース制約ではなく曲げたいから曲げるホームです。

ホーム先端を大Rで6度カーブさせ、駐在所進入カーブも見直し、間隔そのままで10mm南へ移動しました、廃線跡は変更なしです。 ホームと駅舎を東に20mm移動し右端風景製作余裕を確保しました。 仮置き農業倉庫と東側楕円部が次の風景課題です。

国鉄駅貨物扱廃止は1980年代に入ってから、似合うのは想定時代に閉山が相次いだ鉱山跡地です。 製作のアテはありませんがホッパーと事務所、廃墟と化した従業員宿舎建屋をこんな配置にすれば、面白い駅裏風景になりそうです。

ホッパー写真を集めてみました、製作は中々面倒そうです。 右下はJAM出展作、鉱山は人気があるんですね、特にナローでは製作意欲をそそる題材の様です。

廃墟建屋はこんな感じでしょうか、アパートキットを流用可能かもしれません。

東側楕円部には野立看板と農家6の畑を作ります、国鉄用地を借りたか、先祖伝来の土地に鉄道が通り売らなかったのか解りませんが、棚田で米、水利が悪く米作に適さない線路向こうの畑へ小径が続いてます。 支尾根を境にここにも水の流れがあります、本線築堤を暗渠で潜り、小さな砂防堤で高度を下げ、駅構内線路下から北へ流れ下ります。

線路枕木間を通る水路、これは雨水側溝なので大型4-5mm幅を通したいと思います。 下流側を自然水路にして駅前通りに小さな橋を架ければ風景アクセントになります。

スイッチバック駅の倉元は通過列車タブレット授受を本線上で行ないます、信号所位置を再修正し、短いホームと言うより足場と反対側に上下用タブレット授受器を設けます。

【笠松信号所タブレット授受器】
記憶に残るタブレット授受は進行方向左側で、笠松信号所の短いホームには下り用授受器が並んでいます、上り用は省略しています。 中山平駅も上下ホームそれぞれ左側、でもそれは、対向式ホームが多かった事による筆者の思い込みだった様です。

島式ホーム駅では、この様に進行方向右側になるのが駅設備、駅務員作業性両面から自然です、検索すると多くの右側事例がありました。 機関士が左右双方に対応してたなら、倉元駅信号所足場に上下それぞれの授受器4基を並べても良いのかもしれません。

笠松信号所で上り用授受器を諦め未だに解決できないのがコレ、夜間にタブレット在処を示す?形部分照明点灯化です。 足場上なら全体照明でこの問題を回避できますし信号掛作業性も向上します。 そう言えば、この写真事例も進行方向右側ですね。

と言う事で、仮乗降場並み幅1.8m長さ25mの信号所足場両端に、上下通過列車用タブレット授受器を4基並べ、足場を含めた照明灯を2基設置する案に落ち着きました。


Peco乗り換えにより今一つ納得できなかった倉元駅構内線南側の風景が固まりました、カーブホームや鉱山跡地など製作課題も見えてきました。 駅前広場と駅前に続く道は、ストラクチャを物色しながらゆっくり考えます。


ではまた。

南基台のPeco②機関車駐在所と廃線跡

南基台本線配置が決まったのでその手前、駅構内の設計検討へ移ります。

【鍛冶屋原線鍛冶屋原機関車駐在所】
廃線跡が好きな筆者は従来設計で機関車駐在所跡地を製作予定でした、補機開放待機所として給水設備と詰所、単線機関庫は設けますが給炭設備はありません。 もちろん転車台もなく、生野から前補機、倉元からは後補機逆推進運転されていたシナリオです。

【前号より転載】
合理化で廃止の想定でしたが、ファイントラックでは現役稼働させる線路配置不可能な事も理由でした。 使われなくなった詰所、機関庫の風情も良いのですが、照明点灯できず夜景の魅力が今一つでした。 Pecoなら現役稼働線路配置が可能です。

ポイント組込み不可能なファイントラックに対し、Pecoは下り本線に左ポイント追加で機関車駐在所へ繋ぎ込め、本線接続も問題ありません。 ポイント定位反位原則に従った線形ですが、今一つしっくりきません。 まだ工夫の余地がありそうです。

Y字ポイントを使うと良い感じに収まりました、中途半端に広かった下り本線機関庫線間54mmが45mmとバランスも良くなりました。 線形確定により信号所位置角度を微修正しました。 では廃線跡は諦める?、風景製作に貪欲な筆者はそんな事しません。

従来設計で駅前通りA、駅前広場B、駅構内奥Cの3ヶ所が風景未定でしたが、特に袋小路Cは自然風景だけに使うのは勿体なく、何か良い方策はないかと気になっていました。 機関車駐在所現役化と廃線跡、双方を一気に解決するアイディアが閃きました。

ポイントを外され草が生え赤錆びたレールが残る引込線跡です。 コード55ポイントとフレキを使い線路規格の違いを演出します、一番奥の線形とストラクチャは仮です。

付属アクセサリーキット目的で買ったKATOローカル貨物ホームセット、建物は使う当てがありません。 かなり大型の農業倉庫が置けるスペースを確保してあります。

筆者が作りたいのは、閉山された鉱山または閉鎖された採石場、引込線はこんな雰囲気、枕木間隔を少し広くするもの良いかもしれません。

これは少々大がかり過ぎますが、かつてはセキやホキが出入していた引込線廃線跡、中がガランドウになったコンクリート建造物廃墟など、数棟のストラクチャで「夢の跡」風景を創れたら面白いと思います。 何はともあれ、先立つ物は工作力です(汗)


ではまた。

南基台のPeco①本線をどうする?

Peco置き換え再設計は、鍵になる両渡り線設計が確定し、北基台、東基台の修正も完了しました。 これから倉元駅南基台の設計に着手します。

南基台は線路配置と勾配設計が終り駅舎のみ仮完成、風景設計は東南コーナーを除き何も決まっていません。 両渡り線をPecoに置き換えた状態で、駅構内線標高は従来と同じ21mmになりました、どう線路を繋ぎ込むかがポイントです。

現設計案は下りのみで上り場内信号機はトンネル出口から距離が短く省略予定でした。 ポイントサーボ駆動とArduinoによる腕木式信号機連動制御を決定したので、本線位置とトンネル出口を変更し上り場内信号機を設置します。

張出し部トンネル内敷設の本線を手前に移動し、トンネル出口までの本線長400mmから800mmに倍増しました、場内信号機は本線ポイント100m手前です。 フレキの特長を活かし、基台に4度の角度を付けました、ただし現在の背景位置では風景製作不能です。

背景は風景製作余裕を確保の為、70mm後退させました。 また右側背景も線路メンテと風景製作都合により5度角度を付けました。 勾配設計を見直し、最高点は32mmから45mmに変更、スイッチバック勾配は28.5‰、トンネル内は32‰の設計です。

本線経路と背景位置変更により、東南コーナーの風景が間延びしてしまいました。 ここを修正し、より魅力的な風景に改修します。

農家6前の林道経路を変更し、本線間の支尾根陰に消えてゆく風景にします。 トンネル出口にはコンクリート擁壁と雪崩防止柵を設置する予定です。 林道沿いに流れる水路脇に水車小屋を追加します。

できればこんな雰囲気にしたいと考えています。 すでに使われなくなって荒れた感じ、導水トイが壊れて外れているのも面白そうです。

地形設計条件で導水トイを付ける標高差が難しければ、こんな感じも良いですね。 Pecoのお陰で新たな風景製作の楽しみが増えました。


ではまた。