Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

信号扱所の製作④梃子ユニット その1

信号扱所のキーパーツ梃子ユニットを製作します。 まずはしょーもない失敗の話から、手間掛けて使えなくなった図面もネタにしないと間が持ちません(笑)

最初に設計した梃子ユニットです。 1.2mmスペーサで梃子ピッチ2.2mm、実寸36cmなら何とかなるだろうの安易な発想です。 ところが信号扱所2階寸法検討で37.6mmでは長過ぎて片側しか人が通れないと解り敢えなくボツになりました。

ボツ設計は9mm幅1.2tを各所に使います、少しでも先行と余裕込み6本切り出しましたが使用するのは1本、トホホです。 1.2tの替わりに必要になった0.8t調達に出向くとタミヤは生産してません。 アクリル板ならホームセンターにあるかもが店主の話でした。

①わずかな使用量なので0.3tプラ板と0.5tプラ板を貼り合わせで作る事にしました。
②タミヤセメントで貼り合わせ圧着乾燥。
③9mm幅x120mmを2枚切り出しました。
④1x5mm梃子棒穴を作るのは1x2mm材、雪崩覆い製作時手配品の残りです。

①位置決め治具を使って0.8t材両端に1x2mm材を接着します、1.2t材も使います。
②集成材は13mmに14本+予備2本、1.2t材は21.5mmに3本切り出します。
③切り出した集成材各7本を治具台で積層接着します。
④乾燥したらヤスリで仕上げます、7枚セット2組ができました。

①梃子穴深さ仕上がりは設計値12.9mmに対し13.0mm誤差範囲です。
②外側に1.2t、9x21.5mm材を接着し各7個の梃子穴ができました。
③強度確保の為に工程変更し梃子ストッパーの1.2t材を梃子穴底に接着しました。
④1x2mm材13mm4本、9mm2本切り出し、これと1.2t材で中央梃子穴2個を作ります。

前の写真にも出てますが、雪崩覆い製作に使った木材ブロックで組み立ててます。
①まず1x2mm13mmを位置合わせして1.2t材に接着します。
②反対側へ移動して逆方向を接着したら裏返してもう1本接着。
③また反対側へ移動して逆方向を接着したら梃子穴底になる9mmを両面に接着。
④ヤスリと耐水ペーパーで仕上げて中央ジョイント部品完成です。

左右から梃子穴7個部品をドッキング、梃子穴16個のユニット本体ができました。 1階床に設置して下が機械室、部品頭が2階床から少し突き出ます。

2階床を支持する3mm三角材を取り付けます、角棒でもOKですが三角材って用途が限定されるので適材適所で使いました。 ユニット側面を0.5tプラ板で蓋をして1階機械室と点検通路及び居室との壁にします。

この壁材切る時に気付いたのですが寸法が変、設計図30.8mmより1.9mmも長い、思わず16基を17基にしたかと数えました。 答えは多分接着代、0.8t貼り合わせ製作を含め全部で45枚重ね、各接着面当り0.04mmの計算結果に何となく納得しました。

梃子ユニットが1.9mm長くなったので内部も見直しです。 2階は片側90cmの通路を15cmと13.5cm狭めるだけ業務に支障は出ないでしょう。 1階は長さと壁厚で更に狭くなり配置変更しました、76.5cm幅の便所は用を足し悪くそうです(笑)


ではまた。

信号扱所梃子ユニットの設計

明るく開放的な信号扱所窓から、ズラッと並んだ梃子と信号掛の姿が見える風景にしたいと思います。 梃子は16基、どうやって簡単確実に製作するか、そして建物外観と内部構造をどう整合させるかが今回のテーマです。

【倉元信号扱所設置タイプの梃子】
梃子は松井田信号扱所内部写真と筆者記憶から、床面から130cmの位置を握って操作すると仮定します。 つまり梃子棒先端は床面上約140cmスケール換算9.3mmです。 また梃子間隔は30cm弱だったと思うので、この条件で設計を進めます。

梃子棒は真鍮パイプと真鍮線の組合せです、握り部と梃子棒本体共に許容範囲のオーバーサイズで収まり、レバーは小さ過ぎるので省略します。 梃子棒をコの字型ポケットに対角に落し込み±17度の操作角度を決める、材料効率は悪くても確実な方法です。

梃子間0.8mm、ピッチ1.8mm、実寸27cmでほぼスケール通りです。 両端とポイントと信号機梃子間を1.2mmにして、9x30.8mmのユニット平面サイズです。 1mmスリットに1mm梃子棒は入らないので1.1mmドリルで揉んで入れる設計です。

信号扱所2階室内は中央を梃子ユニットが占め、両側通路幅90cmの目一杯の長さです。 5名の信号掛が常駐2名交代勤務の想定ですが、とても人数分の机は置けません。

1階は構想設計では便所・洗面所・給湯室・休憩室・物置でしたが、小部屋にする余裕がない狭小スペースです。 設計検討によりリアリティは向上しますが、図面作成に膨大な時間が必要です(泣) 1階床から立つ梃子ユニット高さは2階床位置で決まります。

2階床位置検討でこのキットの設計ミスを発見しました。 2階張出しが1階天井と2階床に対応してると仮定すると、共に天井高2550mmで整合します。 ところが2階扉下部が床だと天井に手が届き窓は膝の高さになり、どう見ても扉位置が3-4mmズレてます。

一方上図窓高さ950mmは腰の位置で、高過ぎませんが構内を見下ろすにはもう少し低い方が良い様です、ちなみに自室手摺付き窓高さは630mmでした。 そこで1階2階天井高を2400mmに変更し窓高さ800mm、太ももの位置で製作する事にしました。 困ったのが扉高さの設計ミス、段差約40cmを2方向階段で下りる様にするしかありません。

前面壁に梃子ユニットを重ね、身長175cmの信号掛も並べてみました。 バランスが良く問題なさそうです、これで梃子ユニット設計が固まり製作着手できます。


★諏訪で入学式の桜は初?
筆者が小学校に入学した60年前の東京桜開花は4月上旬、入学式の頃でした。 首都圏から諏訪へ移住した35年前の当地桜開花は4月下旬、遅い年はGWでした。

【4/5撮影、諏訪湖から4km遡った上川河川敷】
桜開花時期は次第に早まり最近は4月中旬、それが今年は4/5に七分咲きです。 この日は多くの小学校が入学式、諏訪地方の桜が咲く入学式はおそらく初だと思います。 桜祭りに桜がないと困惑する自治体が多く、野沢温泉村では花壇に雪を積んで菜の花の開花時期を遅らそうとしてる地元ニュースがありました。


ではまた。

信号扱所の製作③前加工 その3

信号扱所の前加工が続きます。

側面壁の前加工中におでこの換気口が気になってました、いかにも手抜きしてますという造形です。 そこで切り妻屋根の他のストラクチャを確認しました。

従来線KATO製構内建物から職員詰所、おでこに横スリット換気口が表現されてます。 ただ周囲と同色なので目立ちません。

次にグッと小型の国鉄官舎、丸穴2個式でしっかり造形されてます。

延伸線に設置するKATO製民家は縦スリット型で造形されてます、やはりGM製信号扱所の換気口表現は手抜きです。 前加工で一手間掛ける事にしました。

①換気口四隅に0.8mm穴を空けました、糸鋸で切り抜く算段です。
②糸鋸刃を通す為に右上を1.0mmに広げました、でも糸鋸の選択がペケでした。
③引っ掛かってキズを付けて諦め、カッターでザク切りしました。
④ヤスリでキズがほぼ目立たなくなるサイズに仕上げました。
一手間掛けるなんて格好良く見得を切って、工作センスの悪さ暴露でした(汗)

ここに換気口として嵌め込むのは1mmピッチメタルサイディングです、縦スリットになる様に切り出し0.5tプラ帯板に接着します。

スリットが目立つ様にスミ入れして嵌め込み接着、出来は今一歩半、やらないよりやった方が良かったかなという程度です。

外壁部品下処理が終わったので裏面をフラットブラックで遮光塗装しました。 外から見える部分は内壁黒は不自然なので、内装材を貼り重ねます。

キット外観写真を見ると筆者が窓桟を切除した気持ち理解いただけると思います。 信号掛はタブレット授受の為、真冬でも夜間でも頻繁に駅舎と付属ホームを行き来します。 吹きっ晒しの2階出入口は労働環境悪過ぎ、差し掛けを設置し照明も必要です。

①1mmピッチメタルサイディングを6x7.5mmに切り出しました、差し掛けの庇です。
②加工時切り落しストックの0.5tプラ帯板を0.5mmほど内側に2本接着します。
③位置出し目的で長くしたので余分を切り落します。
④更にハサミで切ってヤスリで仕上げ、2階出入口の庇ができました。

①塗装台にする木製ブロック空地に厚手両面テープ小片を貼ります。
②保護紙を剥がして庇をセット、裏面から塗装します。
③裏面と端面を壁と同じマホガニーとニュートラルグレイ混合色で塗りました。
④乾いたら裏返し、表面をレッドブラウンで塗ります。


この庇下に出入口と階段上部を照らす灯りを設置します。 階段下部・1階出入口とタブレット授受ホーム・駅舎通路、信号扱所周辺に4-5ヶ所構内灯が必要になりそうです。

外壁部品前加工と追加製作が終わったのでウェザリングしました。 これで前加工完了です、次は組立?、いやいやまだ難物が残っています。


★地元紙4月4日朝刊

先月は観測史上最高の温かさだったそうです。 桜開花が早い県南部で週末に計画されてる桜祭りが危ぶまれているとか。 4月3日長野市や松本市は夏日、一面には水遊びする親子の写真が掲載されてました。


ではまた。