Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

雪崩覆いの製作⑩完成と風景確認

雪崩覆いの最後の仕上げと風景確認を行います。

最初は屋根のお化粧です、ウェザリグ済みですが斜面下の設置場所はそれだけでは不十分と考え手を加えました。 屋根の山側が少し低く安定する様に置きます。

屋根トンネル側2/3に斜面から降ってきた物を表現します、以下順番で撒布しました。
①土砂:リアルサンドナチュラル・ブラウン混合砂
②石コロ:フラットアース塗装したコーヒー滓
③疎らな下草:カントリーグラス少々
④草:明緑色ターフ少々
斜面から土砂も降れば石も落ちる、土砂があれば草も生えるという訳です。 やり過ぎると逆効果なので、ほどほどにさりげなく、かつそれと解る様に(笑)

【『農家5⑥小物製作配置と仕上げ』より転載】
コーヒー滓を使ったのは農家5堆肥置場製作時に拡大形状が石コロに最適だったからです。 リアルサンドと併用して河原表現にも使う予定です。

で、ボンド水を垂らして固着、乾いて見ると少々淋しいので、草と石コロを増量してもう一度固着、ファンヒーターの力を借りても固着時間が長いので作業が捗りません。

最終的にこんな形になりました、これじゃゴミが乗ってる様にしか見えませんね。

左側部分の拡大です、土砂・石コロ・草の表現です。

右側部分の拡大です、稲わら製作に使うフィールドグラス粉末も使ってみました。

雪崩覆い柱間隔は30mm、線路中心から片側15mm実寸2250mm、建築限界1900mmから350mmの寸法で製作しています。 クロス材部は450mmですが、保線区員が雪崩覆い内で列車待避するのは危険です、作業用具携帯で待避する余裕がないからです。

そこで雪崩覆い内はクロス材外側待避遵守の想定とし、待避禁止標識(左下)を山側2・4・6・8番の柱2本毎の目の高さに設置しました。 谷側1・3・5・7番の柱にもある想定ですが見える位置がないので省略しました。

最後に出口側9番の柱に覆道内待避禁止標識と汽笛吹鳴標識を取り付けて完成です。

風景とのマッチング確認を従来線で行いました。 笠松信号所生野方トンネル出口のコンクリート擁壁部がピッタリサイズでした、遠景で見ると全く違和感ありません。

角度を変えて近景も良く馴染み、勾配に建つイメージ再現もできました。 標識がアクセントになり、馴染み過ぎてここに設置しても良いくらい(笑)

車両を置いて見ます、土台が3mmほど浮いてるので上部クリアランスが大き目ですが、待避禁止の左右タイト感は狙い通り出ました。

これで3mm低くなれば良い雰囲気、筆者としては上出来の自己評価です。 この場所にも寸法適合した雪崩覆いを設置したくなりますがそれは無理、雪崩がスイッチバック引上げ線を埋めてしまい地形整合が取れなくなってしまいます。


ではまた。

雪崩覆いの製作⑨屋根の製作

越年した雪崩覆い製作も最終段階、今回は屋根を製作し取り付けます。

屋根材にエバーグリーンメタルサイディング4526採用を決め手配しました。 現物を手に取って見ると、スケール的にはOKなのでしょうがピッチが狭く感じました。

そして開梱すると見事に湾曲しています。 長期在庫の影響?、それともこれが普通?、これまでエバーグリーン材を使った経験がないので良く解りません。

更に困ったのが溝仕様しか解らず、溝方向や材料サイズが届くまで全く解らなかった事、屋根長手方向は166mm、なのに材料幅は153mm、輸入材なので6インチです。 反った寸法足らずの材料でどうしよう、これを使いこなすのもウデなんでしょうね(笑)

【デジタルノギスサンプルホールドで撮影】
板厚は1.1mm、雪崩の衝撃を受け流すには少し強度不足、という言い訳でタミヤ1.2tプラ板で裏打ちする事にしました。 頭が重く鈍重な印象になるとNGですが、仮置き確認するとガッシリ重厚感が出て良い雰囲気でした。

タミヤ1.2tプラ板を57mmx屋根全長より2mm短い164mmに切り出しました。 プラ鋸を使うより綺麗に切れるので大型カッターで切断しました。

同じく大型カッターでメタルサイディングを58mmx153mm材料全幅と不足分13mm幅を切り出しました。 溝を潰さない様に裏側から切りました。

反りが何とかならないかと木製ブロック製作治具台裏に、逆反り1.2t材を挟んで固定し、ファンヒーター前で3時間ほど炙りました。

しかし材料が柔らかくなって反り力が弱くなっただけでほとんで補正されません。 更に強い加熱は歪みが心配なので、そのまま1.2tプラ板に貼る事にしました。

山側を除く3方向が各1mm出る寸法です、1.2tプラ板にタミヤセメントを塗って貼り合わせ、固着するまで輪ゴムをかけ更に重い書籍を乗せて放置しました。

1.2tプラ板の剛性が勝って反りがほぼ補正されました、1mm弱中央が浮きますがこの程度なら雪崩覆い骨組み接着で補正できそうです。

①長さ不足継ぎ足し材13mmを貼りましたが、ここでミスをやらかしました(汗)
②波板面接合の為に軽く当てたヤスリがV字谷を形成、写真で気付くポカミスです。
③前面から見える場所なので黒い瞬着でV字谷を埋めました。
④ヤスリで仕上げる視力・技量共にないので折り取ったカッター刃で仕上げました。

①塗装は屋根裏側に骨格と同じ黒鉄を吹きました、テカテカ鏡面仕上げになりました。
②表側はRLMグレイを筆塗りし当社標準技法、フラットアース、NATOブラック、ダークグリーン薄め液で経年変化描き込みウェザリングを施しました。

屋根が少し反っているので、中央5番の屋根支持H材にタミヤセメントを塗り、裏返した屋根に位置決め固定します。 位置確認しながら中央から両端へ、屋根支持H材を瞬着で順次ガッチリ固定しました。

出口正面からです、屋根ベース黒鉄、屋根材端面RLMグレイに塗り分けています。

外観が完成しました、残るは仕上げのお化粧と風景確認です。


ではまた。

KATOキハ58リニューアル予約しました

皆さんの投稿に高比率を占める「入線記事」は、当ブログではこれまで皆無、車両加工も掲載していません。 控えていた訳でなく車両への興味が低いだけで、最近2年間の購入車両はKATO C12とD51長野式集煙装置付、そして予約したC57一次型だけです。

今年3月KATOからキハ58系がリニューアル発売されるので予約を入れました。 ブログが2周年を迎え禁を破る様ですが、その経緯について触れてみたいと思います。


1.キハ20系の失敗
露太本線は昭和40年代後半、非電化単線亜幹線の想定なので、旅客普通列車は蒸機牽引オハ35系か61系、区間運転は山岳線区用キハ52を含むキハ20系と決めてました。

【建設中南基台築堤上のKATOキハ20+キハユニ26】
筆者はN黎明期のKATOキハ20+キハ25+キハユニ26の編成をかつて所有(退役済)しており写真撮影に使ってました。 当時地方で郵便袋や柳行李の積み下ろしを見た経験からできればキハユニ26を加えたいと考えていました。

【TOMIXキハユニ26+キハ20+キハ52】
KATOキハ20系はキハ52を除きダミーライト、室内灯非対応の旧モデルのまま、消去法でTOMIXを選択しました。 外観満足度は高かったのですが、低速走行性が悪くロケットスタート、緊急停止しかできず動画撮影に使えません、室内灯配光もNGでした。

【『露太本線中山平駅について』より転載】・・・KATOキハ52編成
そこでKATOキハ52を別途購入し低速走行性と室内灯配光を改善して動画撮影しました、外観はTOMIXに劣りますが、これは改善法があります。 在籍TOMIX製M車はこれ1両で固体差もあるので断定できませんが、今にして思えば、構造欠陥ポイントを平然と販売し続けるTOMIXなら当然の結果だったのかもしれません。


2.キハ58系の選択と車両加工
キハ58系は筆者若かりし頃の学割均一周遊券旅行で一番馴染み深い形式です。 キハ20系の苦い経験から、外観はTOMIXに劣るKATOを選択しました。

KATOキハ58オリジナルです、カプラー交換と急行サボを入れただけです。 特に正面下回りが淋しい、淋し過ぎます、何とかしたいと車両加工を行いました。

運転室ラダーとエアホース付き下回り部品を取り付け口元を引き締めました、ラダー位置が適合するキハ55系用を流用したと思います。 接触限界票乙号が立つ降雪地帯なのでスノーブロウは必需品、台車マウントカプラーに接着しウェザリングしました。

上回りには貫通幌を取り付けて立体感を出し、ヘッドマークで個性を演出しています。 この車両加工は先頭1号車と最後尾5号車に行いました。 リニューアル版に置き換える際には固定編成化して、巨大なカプラーを小型ダミーにしたいと考えています。

【『露太本線生野駅夜のひととき』より転載】
急行ヘッドマークは宇高連絡船からの誤乗防止で四国全急行と、西日本でしか見た記憶がありませんが、筆者としては雰囲気演出小物として気に入っています。


3.KATOキハ58リニューアルへの期待
最近のKATO新製品は細密感が大きく向上しています、購入したC12で強く感じました、見送ったC11のユーザー評価も非常に高い様です。 そのKATOが新規金型リニューアルするなら大いに期待できます。

公開情報がほとんどなく、HPの設計3Dデータによると外観はかなりグレードアップする様で、製品戦略として現行TOMIXを上回ると予想しています。 セット販売はキハ58(M)+キハ58(T)+キロ28+キハ28(T)、山岳線区にキハ28は不要でキロ28がダブるので先頭車用キハ58(M)とキハ58(T)を予約し、出来を見て増備を決める予定です。

【『鉄道模型車両価格の経済学 序章』より転載】
ところでKATO製品は割安と感じてましたが、キハ58リニューアルは旧製品に対し約30%価格上昇して他社並みになりました。 細密化による直接製造原価アップは販売価格換算で5%未満と推定され、新規金型開発費が嵩んだのか、開発費償却を早く済ませ利益拡大を指向したのか、ま、どちらにしても筆者が喜んで買うのは間違いありません(笑)


ではまた。