Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

詰所の製作⑤基本に立ち返り完成

暗礁に乗り上げた詰所の製作、ここは安易に妥協せず、筆者がTOMIX電気設計で言った通り『ダメな物は基本から直さなきゃダメ』に従い、組み直す事にしました。

最初に、からげ半田してあった差し掛け灯ポリウレタン線2本を外します。

前面壁接着部をカッター刃で剥がし何とか壊さずに外せました。 矢印部内装材が挟まっていた様で、床突起逃げ不足が前面と側面壁隙間漏光の原因でした。

前面壁を外した詰所です、この後接着面に残ったカスを取り除きました。

内装材腰板1枚分をカットし床突起逃げを広げます、前面壁がキチンと嵌れば前後壁間隔が狭くなり屋根干渉リスクが高まる道理、壁上部遮光材を可能な限りカットしました。 表面に差し掛け屋根接着後なので作業性が非常に悪く切り口はギザギザです。

手抜きした屋根裏遮光塗装した後、以下作業を実施、写真撮影はパスです。
①差し掛け灯点灯確認。(後で断線確認しても修復不能)
②前面壁の嵌合確認と接合部平坦化。
③前面壁接着。
④差し掛け灯ポリウレタン線半田付け。

作業完了後漏光確認、倉庫扉側面はカメラの目でごくわずか線が見えますがOKです。 屋根裏遮光塗装の必要性が今回の失敗で再確認できました。

窓のある側面は大問題だった前面壁隙間漏光が組み直しで完治、窓周辺の若干透けは許容レベル、しかし屋根隙間からの漏光は遮光塗装で改善してもまだ気になります。

そこで室内光反射防止板を照明ユニット3mm三角プラ棒に取り付けました。

完璧ではありませんが許容レベルに収まりました。 手抜きしたばかりに面倒な工程やり直し、『急がば回れ』は工作にも通じる様です。

【生野南中学校】
次は煙突です、生野南中校舎は何も考えずダークグレイに塗ってしまいましたが、ブリキ製で数年毎に交換してたと思います。 つまり建物が古ければ煙突も古いとは限らない、ピカピカはNGですが、駅舎と合わせ光沢が少し残った風情を狙いたいと思います。

ランナーから外しバリ取りして両面テープで作業台に立たせました。 フラットアルミベースにRLMグレイを少し混ぜて色調合、まあこんな物かなの出たとこ勝負です。

で、塗装時は多少光沢があったのにウェザリングしたらこの通り、古臭くなってしまいました。 おまけに塗料カスが付いてるのに写真で気付く始末、撮り直しもできません。

煙突取付穴が小さいので1.4mmドリルで揉んで差し込み固定しました、屋根に付けたら少しはブリキっぽく見えます。 天水桶ドラム缶はキット付属品でなく手持ち部品を使いました。 倉庫扉脇スペースが淋しいので詰所ストーブの石炭ガラ置場を作ります。

①差し掛け用に切り出したメタルサイディング余りで切り紙細工。
②色を塗ってウェザリング、古材で囲っただけの屋根もない置場です。
③ブラウンバラストを盛ってフラットブラック混合ボンド水溶液で固着。
④倉庫扉脇に接着固定すればそれらしく見えます。

最後に植物素材とこぼれた石炭ガラに見立てたコーヒー滓を撒いてボンド水溶液で固着、屋根にウェザリングを追加して詰所の完成です。

信号扱所とツーショットの夕景、GM製キット同士で同じ色調なので良く馴染みます。 保線区員が休憩する事はあっても保線詰所でなく機関車駐在所乗務員詰所です。 付属の梯子を設置すると返ってうるさくなるので鉄路柵と共に他へ転用します。

夜景はこんな具合、室内も差し掛け灯も信号扱所より少し暗目、狙いのバランスになりました。 少々回り道しましたが、既製品キットでも少し手を加え自分好みにカスタマイズすると味わいが出てくると思います。

ちなみに手を加えたのは、次の4点です。

①窓桟カットで窓枠大型化・・・切り口汚いのがこれだけ寄るとバレバレです。
②室内製作と照明設置・・・駅舎/信号扱所とのバランス重視です。
③差し掛けと出入口照明追加・・・予想以上に夜景が楽しくなりました。
④ストーブ石炭ガラ置場追加・・・手間の割に効果大です。


レイアウト構成要素のストラクチャがまた一つ完成しました、まだ長い道のりです。


ではまた。

詰所の製作④天罰下って完成せず

詰所の製作最終回の予定でしたが、予定は未定にして決定にあらずでした(涙)

差し掛け照明LEDポリウレタン線を配線必要長に切り先端を半田上げしました。 配線が窓から見えず、屋根嵌め込み部と干渉しない位置にGボンドでチョン止めします。

前面壁を床及び左右側面と接着します、4面壁接着でしっかりした構造になりました。

照明用抵抗が見えない様に詰所倉庫間間仕切りと便所扉を追加しました。

3mm三角プラ棒の照明ユニットを両側面上部に接着固定しました、寸法取りをミスったのかLED位置が詰所室内に対し少し左に寄っています(汗)

①マイナス側抵抗リードと照明ユニットリードを半田付けします。
②プラス側抵抗リードに差し掛け灯ポリウレタン線をからげ半田します。
③照明ユニットリードに差し掛け灯ポリウレタン線をからげ半田します。
④点灯試験、傾けた差し掛け灯は出入口足元を照らし成功です、心配したLED位置による室内明るさ分布もOKです、壁のポッポ屋コートがアクセントになりました。 また室内3528の方が差し掛け1608より同電流で明るく、室内・差し掛けバランスもOKです。


と、ここまでは順調に進んだのですが、大きな落とし穴が。


★大きなミスその1・・・屋根が組めない!

【『信号扱所の製作⑦』より転載】
漏光確認しようとしたら屋根が組めません。 信号扱所では床と屋根接合部遮光材をなくし歪み防止してるのに詰所は床だけ、屋根が嵌らないのです、いや~っ大失策。 小物と見てラフな工程設計で進めた罰が当りました、以後キモに銘じます(遅っ)

①信号扱所より長い約2mmの突起が壁内側に嵌り込む構造です。
②削り取ったダボまでしか遮光材を貼れないのに全面貼った失敗でした。
③背面壁はカッターで切れ目を入れ、窓上部分の遮光材を取り除きました。
④前面壁は可能部分は切除(赤矢印)、中央部は照明配線があるので屋根組み時のメクレをカッター刃先で削ぎ落とし(黄矢印)ました。

さらに屋根の前面壁側突起角を外観部分にキズが付かない様に注意して、ヤスリで削りました、失策に対する精神的償いみたいな物で効果は???です。

部分的に0.4t遮光材が残った状態ですが、壁を押し広げてタイコになることもなく屋根を組めました、ヤレヤレです。 と思ったのも束の間。


★大きなミスその2・・・光が漏れる

漏光確認するとまたまた問題が、倉庫扉側面と屋根の隙間から線状に漏れてます。 室内光反射で屋根裏が光るのが原因で、屋根裏遮光塗装省略の弊害です。

反対側面の屋根隙間も同様、室内が明るい分だけ漏光が多目です。 悪い事は重なる物で前面壁と側面隙間からも漏光してます、嵌合不十分で接着した様です。 コーナー窓があり室内からの補修不可能、前面壁を組み直すか雨どいで隠すか二つに一つです。


詰所は手抜き部分全てで問題発生してます、これは工作の神様からの『甘く見ちゃいかんぜよ』のメッセージと受け取るしかありません、本当に弱りました。


★余談1:筆者YouTube公開動画に海外からコメント
6/3、YouTubeコメントありのお知らせメール、先日ブログリンクした『スイッチバックで列車交換』(2年前にアップ)だったのでブログ読者かと思ったら何と英文でした。 モデルは坪尻または新改ですかの質問付き、坪尻をモデルにした小レイアウトを製作されているとか、改めてネット社会のグローバル化を実感する出来事でした。


★余談2:ハナちゃん
猫ブログじゃありませんが、様子を知りたい読者もいらっしゃいますので。

生後8ヶ月経過し人間ならハイティーンのお年頃、体重3kg以上に成長し行動範囲も広がり庭もテリトリーになりました。 虫や蝶を追いかけハンティングの腕を磨いてると思ったら、先日はスズメをゲットして大騒ぎ、本人(猫)も初の大物で大興奮でした。

とは言えまだまだ甘えん坊、乗り切れなくなった嫁さんの膝でリラックスモードのお昼寝です。 他人様から見れば只の猫、でも我夫婦には娘、癒される毎日です。


★余談3:ルビー婚!?
昨日結婚40年を迎えました、人生の2/3一緒に暮らしても飽きる事はありません。 定年退職して粗大ゴミ扱いされたり「会話のない夫婦」なんて話を良く聞くけど我家は無縁、って会話の多くは筆者の△△しっぱなしや◇◇忘れでお小言頂戴ですが(爆)

で、たまの贅沢、蓼科の北欧レストランでディナーと洒落込みました。

好みのカベルネワインを開けてアレコレお喋り、長い様で短い40年・・・。

お手頃価格コースなのにスープ、ホタテグラタンが出てメインはステーキ。

美味しいお料理満喫して帰りは運転代行、結局お食事3人分になりました。


ではまた。

【大型】新町中総合車両所【受注】

拙ブログのこのタイトルに!?と感じた読者も多いと思います。 今回『た625さん』からレイアウト改修電気設計大型案件を一括受注した信州田舎企業のオヤジです(笑)


1.なれそめ

発端はチョイチョイ訪問してた『た625さん』ブログ昨年7月2日更新記事でした。 Arduinoなんて初耳、興味深く成り行きを見守ってるとデジタルノイズ誤動作でお悩みの様子、余計なお節介かと躊躇した末のコメントから思わぬドラマが生まれました。


★筆者コメント全文・・・2017.7.10『た625さん』掲示板
『こんばんわ。 苦手と言いながら挑戦するのが凄いですね。 恐らくポイント数1/5以下の当方でも切り替えにオタオタしますからワンプッシュ切り替え必要性は良く理解できます。 私は電気屋ですがソフトで何でも制御するようになった四半世紀前には第一線から離れたし、サーボを扱った経験もなく、Arduinoって何だの世界なので控えていました。 でも気になっている事がありコメントします。


前回投稿掲載回路図の電源・GNDを除くサーボ及びコントローラ制御端子とGND間には100kΩ~470kΩのプルダウン抵抗が入っているのでしょうか? 制御端子はハイインピーダンスで接続されたリード線は超高感度ノイズアンテナになり容易に誤動作を引き起こします。 釈迦に説法なら良いのですが、念の為お知らせします。』


Arduino助っ人を買って出ていた『親爺ぃさん』がこれに喰い付き、自然発生的な「ヤード一括転換開発プロジェクト」が結成され、JAM2017出展が目標になりました。 完成納期までわずか1ヶ月、顔さえ知らない3人による超特急緊急プロジェクトでした。

【『露太本線のJAM初訪問記』より転載】
「工作」(出展者)「制御」「電気」と得意分野が相互補完するチームですが、居住地は遠く離れ性格も見事な程にバラバラ、千通に及ぶメールの中で殴り合いも何度か(笑) 一部積み残し課題はありましたが、何とか出展に漕ぎ着けました。

【『露太本線のJAM初訪問記』より転載】
地獄のタコ部屋で1ヶ月同じ釜の飯を食った経験が忘れ難く、その後お二方とお付き合いいただいてます。 そんなご縁で『た625さん』の誰でも使えるTOMIXからPecoエレクトロフログに乗り換える暴挙挑戦にも『親爺ぃさん』と加わる事になりました。


2.旧町中総合車両所

皆さんよ~くご存知『た625さん』町中総合車両所、個人レイアウトとしては大規模なヤードです。 筆者は分解調査で「TOMIXポイントはレイアウトに使えない」と不採用を決めましたが、『た625』さんはそれを実地検証し『ポイントの転換不良と通電不良が続き治すのも馬鹿らしく長い間放置していました。。。』と書かれてます。


もしTOMIXポイントがまともに転換し通電してれば、『た625さん』のArduino/Peco採用決断もなくご縁も生まれなかったでしょう。 また筆者が電気関連情報重要性に気付き、発信開始する契機にもなりました、TOMIXには大変感謝しています。

改修前の旧町中総合車両所のフィーダー・ギャップ設計はこの様になってました。
a.本線F1からポイント開通した1-10番線にのみ給電され走行可能になります。
b.完全選択式と簡易型ダブルスリップによりギャップ不要、設置されてません。
c.11・12番線へF1から給電不能なので3番線にF2を設け11・12番線へ乗入れ可能にしてます、ただしショート防止の為にF1/F2いずれか一方だけONで使用してました。

《註》11・12番線へは3番線からのみ乗入れ可能、1・2番線からは乗入れできません。


優れたコンセプトを活かせないTOMIXの設計技術
つまりヤードは線路つないで走行不能な11・12番線用補助フィーダーを増設しただけ、それで使えるのが完全選択式のメリットなのに、TOMIXは実に勿体ない事してます。


3.新町中総合車両所
3-1.線路配置

『た625さん』5月27日更新記事で新町中総合車両所の線路敷設が完了しました。

TOMIX複線間隔37mm基準で敷設された旧町中総合車両所をPecoに置き換えると3-4線増可能ですが、線増を2に抑えたゆとり重視の線路配置になっています。

【『た625さん』ブログより転載】
分岐角変化15度⇒10度がヤード有効長確保の課題でしたが、8-12番線ポイントに微少な角度を付け、12番線を解体線にするなど変化に富んだ線形になりました。


3-2.フィーダーとギャップ 基礎編
本テーマは先日連載したポイント電気講座の応用問題です。 Pecoエレクトロフログは『ポイント電気講座②ルーツから学ぶ』の通り、フィーダーとギャップを正しく設置しないとショート事故が発生します。 この中でポイント分岐側が対向する場所にはギャップを設置すると解説しました。

【『ポイント電気講座⑦Pecoその2』より転載】
またPecoダブルスリップは『ポイント電気講座⑦Pecoその2』でフィーダー設置が必要と解説しました。

PecoダブルスリップはY字ポイント2個背中合わせと電気的等価な設計で、ポイントトング側から給電する様にフィーダ-を設置するからです。 従ってダブルスリップ4方向は全てポイント分岐側として扱う必要があります。

新町中総合車両所のフィーダーとギャップは上図の様に、
a.本線F1の他にDS1/DS2それぞれにF2/F3が必要になります。
b.PY2/DS1分岐側が対向する場所にショート防止のG1が必要です。
c.DS1/DS2分岐側が対向する場所にショート防止のG2が必要です。


給電状態を確認します。
d.F1から6-12番線へポイントトング側から給電され開通方向のみ走行可能です。
e.F2から5番線14番線、PY2/DS2へ給電され開通方向のみ走行可能です。
f.F3から1-4番線13番線、DS1へ給電され開通方向のみ走行可能です。


3-3.フィーダーとギャップ 実践編
F1/F2/F3からヤード内全ての線路に給電可能と確認できました、それでは、
g.ショート防止G1/G2以外に運転用ギャップは必要ないのでしょうか?

【ヤード内入替可能にする運転ギャップと追加フィーダー】
F1からはヤード入口ポイントPY1転換時しか6-12番線に給電されません、ヤード内単独入替可能にするには運転ギャップG3とF4追加が必要です。 この案は引上げ線長が短く、本線と合わせ1列車運転で良いと『た625さん』不採用になりました。 


h.F1/F2/F3をどう配線すれば良いのでしょうか?
F1/F2/F3を束ねてコントローラに配線したらどうなるでしょう?、本線列車と共にヤード内列車が暴走します。 F2はDS1をPY2/DS2開通状態にすれば5・14番線列車の暴走を防げます、しかしF3は必ずDS2が開通する1-4番線に給電し暴走を防げません。

【フィーダーの従属接続】
列車暴走防止の為にフィーダーの従属接続を行います。 これによりF2は本線からPY1/PTW/PY2がDS1へ開通した場合だけ両極性が給電され、他は全て片極性です、同じくF3はPY1/PTW/PY2/DS1がDS2へ開通した場合だけ両極性が給電され、他は全て片極性です。 この様なフィーダー接続法で予期せぬ暴走を防ぎます。


しかしこの方法にはヤード内1-5番線⇔14番線、1-4番線⇔13番線運転時にPY1/PTW/PY2を開通させないと給電しない問題があります。(やればできても使い勝手が悪い)

そこで本線⇔1-12番線運転時と、13・14番線⇔1-4(5)番線運転時に2回路リレーを使うフィーダー配線切替方式を筆者設計案として提案しました。 リレーはヤード一括転換を制御するArduinoから13・14番線開通時の信号で自動制御します。


3-4.ハードウェア実現法とソフトウェア実現法
その後『親爺ぃさん』と打ち合わせて最終案が決定しました。 2回路リレーを使うならハードウェア的なフィーダー従属接続でなくても、一括転換モードに合わせF2/F3を直接ON/OFFするソフトウェア的な実現法があるからです。

DS1/DS2を通過する一括転換モード時にArduino制御でリレーを駆動しF2/F3へ給電します。 ハード/ソフト実現法はどちらが良いという物ではなく、今回はArduino制御だったからこそ可能になった方法です。


以上、新町中総合車両所プロジェクト電気班からの報告でした。 新町中総合車両所ポイント一括転換及び上記フィーダー制御については、新町中総合車両所プロジェクト制御班『親爺ぃさん』ブログから報告がありますので、そちらをご参照ください。


★35万アクセス到達(6/1)
3月に始めて月間2万アクセスを超え、5月は2万5千を超えました、ポイント電気講座効果が大きかったと思います、大変ありがとうございました。 拙い工作記に加え、電気関係情報も発信して参りますので、これからもご愛読のほどよろしくお願いいたします。


ではまた。