Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

本日は臨時休業します

県道トンネルで同時進行の罠にまんまと嵌り、本日は臨時休業させていただきます。

【露太本線唯一の複線区間】・・・実際は単線を折り畳んだだけです。
民家Aは仕掛り中、次はこうすればこうなるとほぼ解っている照明組込み、ワクワクしない。 民家Dも仕掛り中、残るは裏庭製作、でも今一つ納得できない、こんな時強行突破を図るとロクな事にならないのは経験が証明している。


一方で設計完了した県道トンネル製作は面白そう、ワクワクする。 趣味なんだから1件完成してから次なんてこだわる必要もない。 と製作着手したのは良いけれど・・・。

【同上夕景】
始めてみれば何やかんやと手間が掛かり、1回分は何とかなるという思惑は見事に外れ、書きかけ記事はどれも中途半端で完結せず種切れになりました。

昨年書いた様に同時進行は面白いけれど、種切れリスクとは常に背中合わせです。 今回は標記随想に書いた「ないものはない」の開き直り記事となりました。


註:上記隠岐の島ポスターはコンビニもファーストフードもない事を指しています。


ではまた。

県道トンネルの設計

北基台を横断する県道のトンネル設計を紹介します。

ドライブイン食堂を除きストラクチャ製作進行中の集落を通る県道の両端は、トンネルになっています。 片側1車線の平凡な地方道、高さ制限3.5mも標準値、カーブ鉄橋下も3.5m制限です。 この仕様に似合うトンネル設計が今回のテーマです。

【北町通り生野トンネル】
従来線唯一の道路トンネル生野トンネルは昭和41年完成、東京五輪後不況対策公共投資で、駅前⇔旧市街渋滞緩和の為、町外れ国道へのバイパスとして建設された想定です。 車線幅が広く、両側に歩行者・自転車専用路を設けた高規格トンネルです。

生野トンネル設計時に参考にしたトンネル標準断面図です。 高さ制限不要の幹線道路用の規格です。 断面が4500R、1/150スケールで直径60mmですが、実際は内径70mmの塩ビパイプ継手で製作しました。

【生野トンネルモジュール】
選定理由は直線継手と組み合わせてトンネル内カーブに使える大曲エルボー継手が70mmしかなかったからです。

【生野トンネルと同サイズのトンネル断面図】
生野トンネルは車線幅が広い上記規格で、トンネル入口で車線幅変更して辻褄を合せましたが、新道とは言っても地方道にはオーバースペックです。 県道トンネルは高さ制限3.5m、嵩上げ歩行者・自転車専用路なし路側帯のみの「通るのが恐いトンネル」です。

トンネル基台に使用するのは内径60mmの塩ビパイプ、直線と45度継手です。 入口から15mほどでカーブしその先直線の道路配置です。 内径60mm90度継手は非現実的で使えませんが、45度ならトンネル内カーブとして使えるのではないかと考えました。

トンネル1本分3本の継手を仮止めして入口正面から見ると、路面はありませんが道路が更に奥へと続いている様に見えそうです。 カーブの具合も、現実感を損なわない範囲に収まっていると思います。

ただし継手ですので両側から入るパイプストッパー段差1.8mmがあります。 生野トンネルでは打ちっぱなしコンクリート内壁の補強リブと、勝手な解釈(?)をしてそのまま使いましたが、タイトな県道トンネルでそれは許されません。


最初にトンネル内道路の幅員を7.5m、車線基準幅3mx2+路側帯0.75mx2、1/150で50mmに決めました、自転車で走るのが恐いにはこの幅でなくてはなりません。

設計完了した県道トンネル断面図です。 トンネル断面3975R(スケール換算26.5mm)で道路幅員、断面形状、車両制限高+マージンの三条件を満足しました。 当時のバスと自転車に乗った人をスケール化するとこんな感じです。


トンネル内壁は薄手のボール紙、路面ベース1.2tプラ板、ストッパー段差補正のスペーサを天面に、路面接点を2mmプラ角棒、中間点壁を3mmプラ角棒で支持する構造です。 構造簡略化で容易に製作する為、1サイズ下の内径50mm継手も検討しましたが、3975Rが3480Rとなり高さ制限3m、路側帯なしの危険なトンネルになるので断念しました。

トンネル設計が完了したので西側トンネル出口設置洞門の設計検討を行いました。 細部の詰めはまだですが、同じ幅員で背を少し高くするとバランスが取れる様です。 洞門はトンネル完成後に詳細設計すればOKなので、ここで留めます。


ではまた。

県道沿いの民家D⑦あれこれ製作と改修

昨夜先日紹介した別ブログ記事を削除しました。 趣味ブログに集中します。


さて、照明組込みで回り道を余儀なくされ中断していた民家Dの製作を続けます。 裏庭設計が決まらなかった事と、民家Aとのシナリオ整合が一休みの背景でした。

表紙はスイッチバック信号所です。 33パーミル本線と両渡り線、水平な発着線、出発信号機からポイントまで16.7パーミル緩和勾配の様子がこのアングルなら解ります。

【前号より転載】
前回民家Aに比べ民家Dの泥ハネは深刻でないと書きましたが、カーブ鉄橋下から三叉路カーブで減速した車は、民家D前から再加速するので、民家A寄り居室側は泥ハネがかかります。 商店ガラス戸の汚れは好ましくないので泥ハネ除けを設置します。

製作するのはお客の出入の邪魔にならず、泥ハネがかかり易い居室側半分です。 民家Aと同じく2mmプラ角棒で敷地造成しました。

出入口と庭の踏石をニュートラルグレイで、造成敷地をフラットアースで塗装し、リアルサンド混合砂で2面の地面製作をしました。 踏石はテカリ消しを行い、店のコーナーは三叉路道路隅切り形状でカットしてあります。

民家Aと同じ製作法で38mm長4本支柱の泥ハネ除けを製作しました。 スジ彫が埋まらない様に薄く塗装し墨入れしました。

カーブから離れるほど、すなわち右側ほど車の速度が上がり泥ハネが酷くなるイメージで泥ハネ表現をしてみました。

次は建物の工作、店入口戸上軒先一杯の位置に1608LEDを取り付け、居室天井中継基板夜間照明系に接続しました、100kΩで0.09mA仕様です。 夜間店入口を照らすと共に、屋号看板の照明が目的です。 右側穴は紛失したたばこ看板取付穴です。

このままでは目立ち過ぎて実感を損なうので、LED前面と両サイド端面を照明器具カバーに見せかけてマホガニーで塗り、電極にクリアオレンジ色差しをしました。 背後の壁に溶け込んで昼景ではほとんど目立たなくなりました。

【『県道沿いの民家D⑥照明組込み その2』より転載】
次に今一つ満足できなかった店内照明特性の改善を試みます。

LED発光面から斜めに店入口を直接照射する光がバランスを崩している様なので、拡散板を大型にして均質化を図りました。 右が点灯状態の補助照明です。

たばこ看板を再製作、出入口表示を加えて泥ハネ除けを付けたベースに仮組しました。 ここで大きな問題発見、先を急いでたばこ看板を瞬着固定した際にガラス戸を白化させてしまい、せっかく製作した店内商品陳列棚が見えにくくなってしまいました。

泥ハネ除けと整合させる為、店入口戸とコーナー部腰板に泥ハネ表現を追加しました。 常点灯系に通電し店内点灯の昼景状態です。

同じく正面から、店内がこれだけ見えれば昼景として十分です。

夜景です、拡散板大型化により店内照明バランスが改善しました。 門灯で出入口表示と屋号看板が読めます、ガラス白化で店内が見えにくいのがやはり気になります。


ではまた。