Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

鉄の履歴書ー10 最初で最後の一等車

東京オリンピックが開かれた昭和39年、中学2年の正月です、この年は家族で正月旅行へ出かけました。 帰省ラッシュは現在の比でなく、特に北行は臨時列車大増発でも上野駅テント村に10時間近く並ばないと乗車できない時代でした。 旅行先は南紀、関東から少し出た事しかなかった私の初遠距離旅行でした。 父が奮発して一等均一周遊券を用意してくれた様です、年末30日の出発列車は急行「那智」一等寝台でした。

【夜汽車】・・・汽笛が細く長く谺します。

遠くへ行きたい夢の実現、初の寝台車、時刻表片手に東京新宮間一睡もせずに外を眺めていました。 名古屋から音で蒸機牽引になったと解りました、停車駅で見に行きたい衝動がありましたが、未知の土地で真夜中では勇気が出ませんでした。 多気で急行「伊勢」分割後は、蒸機の息遣いが聞こえなくなり、山間部をゆっくり進みました。


新宮での瀞峡観光は往復プロペラ船内で寝ていました、紀伊勝浦に2泊、初日の出を拝み那智滝へ行きました。 串本を見て白浜で1泊、白浜口和歌山間は準急「きのくに」だったと思います、和歌の浦と和歌山城へ寄りました。 この日の宿泊場所記憶が欠落しています。 最終日は大阪城へ行き、大阪駅から急行「よど」で帰京しました、急行一等車より特急二等車の方か良かったのにと思いました。 等級制時代に一等車へ乗った唯一の旅でした、と同時に国鉄ローカル線への興味が一気に高まる契機にもなりました。


《注》当時の急行「那智」を調査した結果、乗車したのはオロネ10一等B寝台、牽引機は名古屋からC57、多気からDF50だったと推定しています。 準急「きのくに」はキハ55系か58系か特定できませんでした。 白浜口の駅名記憶は間違いなし、翌昭和40年に白浜へ改称されていました。 記事掲載に係わる考証調査も楽しい作業になっています。


ではまた。

鉄の履歴書-9 上野から蒸機で初詣

昭和37年末、H君から蒸機が牽く列車で成田へ初詣に行かないかと誘いがあり、1月4日か5日に約束しました。 上野発午前10時前後、我孫子から成田線経由成田行きの客車普通列車、牽引機はC58でした。 第一次SLブーム前で撮り鉄さんもほとんど居ない、初詣シーズンなのに乗客は7割程度、成田なら京成電鉄が通常ルート、2時間近くかけて大回りする物好きは少なく、大半が成田線内乗降客だった様です。


これが蒸機牽引列車の初体験になりました、窓を閉めた季節でも、音、匂い、振動、排煙で存在感と躍動感が伝わってきます。 それまでの蒸機は旧式機関車という見方が一変し強く惹かれました。 本線運転なので常磐線国電駅を通過するのがとても爽快でした。

【ヤード塔がある駅構内風景】・・・H君の餞別

その年の秋にH君は転校しました、『お前レイアウトを作りたいんだろ』と、餞別にHOスケールヤード塔3本をもらいました、メーカー不明、海外製品かもしれません。 それから半世紀放置された後、白熱灯をLEDに換装し、高さを2/3に詰めて、露太本線生野駅に設置されました。 H君は私に熱病を感染させて去った、不思議な友人でした。


《注》確認調査の結果、上野-成田間蒸気牽引列車の運転終了日は昭和44年3月、こんな時期まで都内のターミナル駅に蒸機が乗り入れていたとは知りませんでした。 牽引機は佐倉機関区C57、時々C58とあり、筆者はピンチヒッターの日に当った様です。


ではまた。

生野南中学校の製作-3 校庭完成と全景

ユニット化した校舎と体育館を位置決め固定し、校庭・小物類・接合部風景を製作して、生野南中学校が完成しました、全景と点景、昼景と夜景を紹介します。

生野南中学校全景です、校庭も両ユニット同様に下駄を履かせた木材上に板紙で製作しました。 置き場がなかったバックネット(外野フライが線路越えか校舎窓破損)を除き、キット付属の小物類を校庭に配置しました。 段々水田・廃屋跡への自然地形連続性と、築堤に敷設された鉄路の風景を破綻なくまとめられたと思っています。

当時はニガリで突き固めて細かい砂利を敷いた校庭で、転んで筋状の擦り傷をよく作りました。 板紙をフラットアース塗装後、3種混合リアルサンドを数回重ねて撒布固着し、出たとこ勝負でしたが、適度なムラに仕上がってくれました。

キット付属の朝礼台は、サイズは良いのですが階段がないので2mmプラ角棒で製作し、共にマホガニーで塗装して配置しました。

南中学校を生野駅側から見た風景です。 実寸換算すると校庭は狭く、サッカーコート、バスケットコートも小さいのですが、低目線だとそれなりに広く、らしく見えるから不思議です。 校門左の境界柵が敷地段差を下る部分は、製作時に問題発見し、斜行鉄路柵を2mm、1mmプラ角棒を加工して製作しました。

最初の画像と同アングルの夜景です、職員室・校長室・普通教室、体育館、階段ホール・玄関、校庭の4系統12灯が点灯しています、校庭灯は校門から体育館の通路照明です。 点灯中の体育館は部活、2階教室は文化祭準備?、あるいは夜間学級かもしれません。

残り6教室は昼間常時ON、夜間照明点灯時自動OFFの回路構成にしてあります。 選択スイッチ切替で常時点灯にもできます、賑やかですが実感的かどうかは疑問です。

教室内をのぞいてみます、これなら学習に十分な明るさ、椅子が無くてもそれらしく見えます。 教室前掲示板に生徒が描いた文化祭ポスターが貼ってあります。

手間暇かけた室内が見える画像をもう1枚、今度は少し引いた夜景です。

最後は夕景です、偶然に校舎壁時計は4時15分を差しています、晩秋のこの時間はこんな具合でしょうか、夕陽を浴びると水田の稲ワラの表情も変わります。 今日は週2回ある7時間授業の日、午後4時過ぎが下校時間です。 最後の南西コーナーが完成しました。


ではまた。