Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

もう一つの御柱祭 綱打ち

5月16日下社里曳き祭が終り、諏訪大社御柱祭が終了しました、次は平成34年に開催されます。 しかし氏子達の御柱はまだ終わっていません、各部落の神社の御柱を建て替える「小宮祭」がこれから始まります。 7月から10月まで毎週、諏訪のどこかで小宮祭があると言われています。 筆者が住む部落では8月下旬に夏祭りと同時開催の予定です。 

部落の神社です、右手前が一の柱で直径40cm、高さ5m強の堂々とした御柱です、6年前に筆者も曳行と建て御柱に参加しました。 歴史や名称は様々ですが、各部落に地域の守り神として神社があり御柱が建てられています。 小宮祭で曳行されるのは1本か2本、どこの部落も少子高齢化・人口減少に悩んでおり、4本曳行は難しくなっています。

御柱があるのは神社とは限りません、道祖神に建てられた例もあります。

こちらは個人宅または一族の守り神でしょうか、1m弱の小さな御柱が建っています。 諏訪大社御柱祭開催年の今年、全ての御柱が建て替えられるでしょう。 5月15日(日)に小宮祭の綱打ちが行われ、約70人の住民が力を合わせ、2本の綱を打ちました。

肖像権もあるので遠景で説明します。 1本目は荒縄8本50mを、重機で固定した綱打ち機で折り返して3組、48本25mを打ち上げて17mの綱を作ります。 蛇口と呼ばれる折り返し部の輪を若者達が作っているところです。 事前勉強会があり今日は実践の場、ベテランは最小限の指示だけで手は出しません、こうして技術が伝承されていきます。 背後に以前紹介した練習用メドが見えています、小宮祭へ向けた練習がまた始まります。

蛇口完成後16本3組に住民が付き、綱元のよりを戻しながら手櫛で形を整えます。 綱長の「よいてーこしょ」に「よいしょ」と掛け声を合わせ綱を打ちます。 もう一本、12本3組17mの綱を打ち上げて午前の作業を終了しました。 昼はカレーと焼肉、6月並みに温かい青空の下、大いに食べ、飲み、そして語り合いました。

午後の作業は飾り付け、公民館玄関に小宮祭まで飾ります。 左が蛇口付の太い綱、右が後から打った細目の綱です。 小宮祭では2本を繋げ、一の柱を部落内で曳行します。

綱の端末です、伝承されてきた手仕事です。 昔は稲ワラ綯いから始めたのでしょう。 高冷な原村では稲ワラ入手が難しく、藤ヅルで曳き綱を作る伝統が今も残っています。 
祭に係わりが深くなるにつれて、『文化の伝承』を強く感じます。


ではまた。

夜明けの築堤を行く

今回は『畦道から見た夜明けの蒸機』がテーマです。 レイアウトは眺め下ろすアングルになり易いので、あえて堤の上を走る蒸機を見上げる視点にこだわってみました。

日の出、空や山はすでに明るく山の端から昇り始めた朝日が里へ射し込む頃です、堤下の水田は、まだ陽が当っていません。 このカメラアングルは昼景・夕景には使えません、この時間帯設定ならOKですが、左上背景空が切れて天井裏が見えているからです。

段々水田の築堤を朝焼けに照らされて・・・、キャブの窓が光っています。

小川堤防の農道から見上げた、朝日を浴びて築堤を進む重連蒸機です。 撮影は川面から行っています、このアングルは動画にも使いたいと考えています。


ではまた。

微かな光の中の蒸機

前回投稿写真にも重連が2枚含まれていますが、『重連蒸機の峠越え』以来、すっかりその魅力に取り憑かれています。 趣味なので、面白いと感じたらとことんハマるのも良いのではと思っています。 今回は砲弾型LED1灯で照明した写真2枚を紹介します。

水銀構内灯に浮かび上がる、側線待機中補機のイメージです。 KATO製蒸機は常点灯が利かず、ヘッドライト点灯域で走行してしまうので、これまで静止画夜景・夕景はごくわずかしか撮影していませんでした。 しかし、光の当て方でとても魅力的な絵になる事を知り、風景が見えなくてもこれはこれで良いもんだと感じています。

こちらは白々明けの重連、築堤石垣・通信電柱・背景樹木等もかすかに見えています。 50年前の鉄道雑誌に、夕映えに照らされた加太越えD51重連写真が掲載されており、とても印象に残りました、それが源イメージになっています。


ではまた。