Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

露太本線生野駅について

ローカル線レイアウトに使えるキットは限定され、国内に「生野駅」が数多く存在しているようです。 露太本線のメインステーション生野駅について紹介します。

(注)図中の数字記号はポイント番手と分岐方向、小丸印は電気的ギャップを表します。


生野駅は鉄道敷設時の反対運動により、生野町東端の小高い丘の上に建設されたという設定です。 峠の登り口に位置するので、小さな町ですが規模の大きな駅になっています。 1番線が下り本線、2番線が下り貨物待避線、跨線橋を渡った3番線が上り本線、4番線が旅客列車待避線になっています。 2番線と3番線間には積雪時の構内除雪用の融雪溝が設置されています。 幅深さ共に1mほどで水量が多く、融かすより押し流す「排雪水路」機能の施設で、一晩で30cmの積雪が珍しくない北国の路線に良く見られたものです。 4番線の外側には機廻し線があり生野機関支区の詰所や施設群が並び、駅東北端には機関庫があります。 機関庫と本線間には、簡易ポイントから分岐する保線区車両留置線があります。 一番外側に留置線が2本あり、生野止まりの区間列車や増結車の留置、冬季には除雪列車が待機するという設定です。


ほぼ完成状態の生野駅全景です。 駅奥斜め2本の物体は耐震補強構造鉄骨で、回避不能な立地条件として目をつぶっています。(不思議なことに見慣れると気にならなくなります!?)

設計コンセプトで重視した夜景はこんな具合です。

使用部品を簡単に整理します。
ホーム本体は御座敷運転で使ったKATO近郊型を加工して、両端を2mm低くした嵩上げタイプにしました。 ホーム幅がちょうど良く、手持ち部品を活用する為です。 駅本屋はKATOローカル駅舎セットのホーム部を切除して近郊型ホームと合体、1番線上屋はKATOローカルホームセット、3/4番線上屋はグリーンマックスローカルホームセットの転用です。 跨線橋はスパン延長の為、グリーンマックス製2セットから加工しました、左右それぞれ2スパン延長しています。 機関庫と付帯施設はKATO製、ジオコレの小物を少々、ホーム上の給水施設や標識類は自作しました。 機廻し線の右手、給水塔の並びに古風なヤード塔3基が並んでします。 中学生だった50年前にレイアウト製作に備えて入手した部品で、HO用を高さを2/3に詰め、LEDに換装して設置しましたが、まだ少し高過ぎるようです。


生野駅が舞台の動画をアップしてありますので、よろしかったらご覧ください。


Nゲージレイアウト国鉄露太本線02「生野駅夕景」

【動画のシナリオ】
夕暮れ時、給水が終った下り貨物列車が2番線に停車しています。
峠を下った上り普通列車(キハ52 3連)が増結車が待つ4番線に到着します。
(上り本線をカメラが塞いで使えないのが真相)
ポイントと出発信号機が切り変わり、タイフォン音と共に下り特急(キハ181系6連)が生野を通過して行きます。
そして数分後、ループ線を登った特急が姿を現し彼方へ消え去ります。



ではまた。

国鉄露太本線のシナリオと線路配置

最初に露太本線のシナリオ設定について書きます。
1.路線の設定
露太本線は始点終点間を結ぶ電化された幹線と並行して走る、とある北国の裏街道亜幹線です。 全線非電化単線の乙線区で、当時の奥羽本線や中央西線をイメージしています。
2.舞台の設定
露太本線が走る、とある地方の経済・交通の要衝守屋市から北へ20km、穀倉地帯守屋盆地北端に位置する人口1万人強のごくありふれた町、生野が舞台です。(具体的モデルはありません) 生野から北は峠越えの山岳区間となり、かつては補機で賑わっていた生野機関支区も、煙害対策・スピードアップの為に勾配緩和された新トンネルの開通以降、無煙化加速と合わせめっきり蒸機の姿が減りました。 季節は田園風景が変化に富む稲刈りが終った晩秋としました。
3.時代の設定
昭和40年代後半は、蒸機が現役だった最後の時代、国鉄労使紛争激化、オイルショックと狂乱物価、減反政策開始の時代です。 携帯電話・PCは存在せず、コンビニ・ファミレス・ファーストフードが産声を上げたばかりの、古いものと新しいものが混在する転換点の時代でした。 生野町では高度経済成長により出稼ぎが姿を消しつつあり、守屋市へ進出した大手企業工場への通勤客や進学校へ通う通学客の増加や、昨年スーパーが開店したりなどと、こんな片田舎にも時代変化の波が押し寄せています。


以上がシナリオ設定ですが、この時代を選んだのは、合法的(?)に蒸機走行可能で、筆者が学割均一周遊券であちこち旅した青春時代の懐かしい風景再現が本当の理由かもしれません。


【露太本線線路配置図】

露太本線設計図から風景設計を除いた線路配置図です。 全長約22mの単線エンドレスで生野駅(下部)、中山平駅(中央左部)、笠松信号所(上部)の3箇所に列車交換施設があります。 図の12時から4時の基台高は40cm、4時から12時の基台高は45cmで、峡谷部分は基台なしにしてあります。 中央右部はエンドレスを複線状に配置し、どこを見ても線路が見える風景を回避する工夫をしました。 勾配は笠松信号所スイッチバックで120mm(105mm、2016.10.1訂正)登り、峡谷上部からダブルループで120mm(105mm、2016.10.1訂正)下るのみ、他はフラットです。 御座敷運転用を転用する都合で、大部分はKATOユニトラック既製品を使用しています。 最小曲線半径はトンネル内R315、他は最小R348とし、R481、R718を多用しています。


ではまた。

国鉄露太本線の設計コンセプトとレイアウトルーム紹介

昭和40年代後半の風景再現という大目標は決めたけれど、ではどうやってというお話です。 2mx4mは個人レイアウトとしては大型ですが実寸換算で300mx600m、山あり谷ありには無理があります、 そこで何を重視し、何を諦めるか決めなくてはなりません。 以下3点を重視することにしました。
1.地形を重視する
自然が先に存在し鉄道は後から敷設されました。 可能な限り真っ直ぐ平坦が理想です、築堤や鉄橋を作って平坦にし、山裾迂回・勾配緩和・構造物回避の為に曲線を設け、仕方なく勾配区間や切り通しを作り、他の手段が尽きてトンネルを掘削しました。 レイアウトでは線路敷設の都合で地形が決まることが多い様なので、地形の自然さにこだわることにしました。 
2.夜景を重視する
敷設場所が屋根裏部屋なので照明を消せば昼でも真っ暗です。 この利点を活かし夜景を重視し、灯りがあるべき場所は全て照明することを基本にしました。(例外:自動車)
3.地方国鉄駅らしさを重視する
露太本線は北国の亜幹線の設定なので、当時の長閑な国鉄駅らしさを重視しました。 具体的には本線有効長に対して短めのホーム長、ポイントの定位・反位や構内線路配置、優等列車停車駅の嵩上げホームなどです、 また長閑な雰囲気を壊す駅端ポイントから直の90度以上カーブや、駅構内以外のポイント配置も禁止しました。 その結果、線路密度を低く抑え、列車編成も6両+αまでに制限しました。


建設開始前のレイアウトルームを紹介します。 2階廊下が入口、収納式ロフト梯子で登ります。

レイアウトルーム側から入口を見るとこんな感じ、メタボになったらアウトの隙間から入ります。

入口から南側半分を見たのがコレ、幅2mには人間様用スペース75cmが含まれています。 左側の黒い縦棒は屋根構造材鉄骨で撤去できません。 右側基台は床面上45cm、左と奥は40cmにしてこの差を地形の自然さ演出に使います。

北側はこんな感じ、左右共45cmで峡谷を作る為一部切れています。 左奥はループ線予定地で、点検用の穴を空けてあります。 鉄骨がある中央部は165cmの高さがありますが、屋根勾配によりレイアウト端では65cm、基台上20-25cmしかありません。

今日はここまでにします。
ではまた。