Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

生野駅裏のシナリオ

生野駅は敷設時の反対運動で生野町東南端にある設定で、駅前から街外れに向かう住宅街や南中学校を紹介してきました。 生野駅裏は外れの外れに位置し、そこへ行くには南中側踏切か北町踏切を渡って迂回するしかなく、駅前広場から直線距離100m程でも近くて遠い場所です。 その不便さから畑や荒地のまま開発から取り残されてきました。 

【東京都港区公式HP 広報みなとより転載】
現在の姿から見るとタイムスリップした様な昭和55年(1980年)の品川駅東口です。 駅名板がなければ地方ローカル駅舎に見えます、工場が建ち並ぶ都心ターミナル駅裏口でさえこんな時代ですから、出入口のない地方駅の駅裏は実に閑散とした場所でした。

レイアウト配置図の上記青い部分です、ここも南西コーナーと同じく後で考えれば良いと白紙状態で建設着手しました。 住宅街や南中学校とは線路で分断されているので、独立して設計できます。 しかし、右側に斜行する駅詰所群及び左側の段々水田上部と違和感のない風景でつなげるという、最後の辻褄合わせを迫られる場所になりました。

●生野駅裏のシナリオ
①駅前再開発事業を開始した10年前、駅裏開発についての議論が町議会で始まった。
②税収と雇用、経済発展を目指し、駅裏を工業団地として開発する事が決定された。
③土地収用され、北町踏切側から大型トラック通行可能な産業道路が建設された。


シナリオ決定後、上り方転轍手詰所裏から真っ直ぐに駅境界鉄路柵を設置し、草や樹木を植えた駅構内仮完成の姿です。 左下に工業団地予定地の基台・コルクマット・地面黒色紙粘土が見えています。 屋根裏狭小空間では奥から手前に製作するのが原則です。

同じアングルの夜景です、夜の生野南中と通学路の様子が見えます、街外れにしても淋しい眺めです。 工業団地なので煌々と照らす訳にはいきませんが、バランスの良い灯りで、温もりのある風景にしたいと思います。 

線路沿い道路横断歩道にコンデジ縦置きした眺めです。 道路脇電柱上の空は、5寸勾配屋根裏ギリギリでこれ以上延長できません、工業団地建築物はこの画角範囲に収めないと風景撮影に支障が出ます、また一つクリアすべき課題が追加されました。 この画像撮影後に、線路脇を充実させる為、職員通路や標識類を増設しています。


ではまた。

鉄の履歴書-15 自作ブレーキハンドル

高校生になって昂進したレイアウト熱を癒すには資金が必要でした。 1年冬休みから親の許可を得て長期休暇毎にアルバイトを始めました。 時給100-120円でしたが、部品や車両を増やすには十分な収入になりました。 比較的安価なスロ(リクライニングの特ロ車、51?)、ナハ10、ナハフ10を手に入れ、オハ35と合わせ急行編成にしました。

【生野南中通学路】

雑誌記事を参考にパワーパックを改造して「脈流スイッチ」を取り付け、ロッドの動きが見えるスロー運転を楽しみました。 セレン整流器を半波整流にしてPWM的効果を出す方式ですが、モーターがかなり唸りました。 いつかは自作トランジスタコントローラで実感的運転を楽しみたいという思いが、電気工学への進路を決めたのかもしれません。

更に実感的にとこだわって自作したブレーキハンドルです、自信作だったので残してありました。 握りは鍋の取っ手か何か、レイアウト素材になりそうな物は何でも貯め込んでいました、例えば鉛筆削りのカス、ジオコレも植物素材もなく自作する時代です。

ハンドル本体は取っ手に木材削り出し部品をつなぎ、先端部は裁縫糸ボビンにビス止めして、加工したフィルムケースをかぶせています。 底にUFO型の穴を空けてあります。

ハンドル受け部です、ラッカー空缶を糸鋸で加工した本体に、16番車軸を加工して割りピンを入れた軸をワッシャを介して中心に取り付けてあります。 割りピン部がUFO形の穴に嵌合する仕掛けです。 缶内径とフィルムケース外径が丁度良い寸法でした。 

裏側は真鍮製ギアを缶底に半田付けして軸受にしています。 ブレーキ回路用ボリュームとジョイントか虫ゴムで連結して作動させる設計でした。 100W半田ゴテでこれでもかと半田を盛ってあります。 現在でも開放から停止までスムースに回転します。

組み合わせた状態です、実物同様停止位置でハンドルを取り外せます。 ハンドル取っ手から先と受け部は鈍い光を放つ金黒で塗装する計画でした。 ロータリースイッチ軸取付用マスコンハンドルも製作しましたが、気に入らず整理時に処分されてしまいました。


コントローラを製作しなければ無用の部品ですが、将来の夢に向け今できる事は何かと、真剣に考えていたのは事実です。 御座敷運転用電源でも製作し活かさないと、昔の自分に申し訳ない様な気がします、技術ある、時間ある、お金も何とかなる範囲ですから。


ではまた。

ご愛読に感謝します5万アクセス到達

6月11日付け投稿『ご愛読に感謝します3万アクセス到達』の中で、3段ロケットの如き急加速と書きましたが、もう1段ブースターが残っていました。 更に加速し一昨日5万アクセスに到達しました、皆様のご愛読に心より感謝申し上げます。
0(開設)~1万アクセス: 78日、128/D、48投稿
1万~2万アクセス:    56日、179/D、34投稿
2万~3万アクセス:    34日、294/D、22投稿
3万~4万アクセス:    22日、455/D、12投稿
4万~5万アクセス:    24日、417/D、14投稿

【トンネルから鉄橋へ】
6月下旬から7月上旬にかけて平均500/Dが続き、現在は350/D前後で推移しています。 週間アクセス数BEST10下位に、開設初期の記事『設計コンセプトとレイアウトルーム紹介』『シナリオと線路配置』がランクインしていることから、新しい読者の皆様がバックナンバーを読んで下さった事が一つの要因だと推定していますが、良く解りません。


ロケットはエンジンを止めても等速運動を続けますが、ブログアクセス数はジェット機の様に、エンジン噴射し続けなければ巡航高度を保てず墜落するでしょう。 どこまで飛べるのか皆目見当がつきませんが、できる範囲で楽しく継続したいと考えておりますので、これからも引き続きのご愛読をよろしくお願いいたします。


ではまた。