Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

諏訪大社御柱祭 綱打ち

御柱祭は鉄道模型レイアウト製作にそぐわない話題ですが、多くの方にアクセスいただいていますので、各部落が担当曳き綱を作る「綱打ち」の様子を紹介します。 筆者が住む新興住宅街は40年ほど前に宅地開発された丘陵地で、独力で御柱祭に参加する実力がありません。 400年以上の歴史を持つ隣部落の寄子として、お手伝いする形で参加しています。 2/28日曜日は隣部落の綱打ち、約30人でお手伝いに駆けつけました。

朝7時半、隣部落到着時の様子です。 幸い天気は晴れ(雨天決行)で、朝の陽射しが差しはじめる頃、すでに100人近い人達が祭装束に身を固めて集まっています。

公民館倉庫に仮設祭壇を設置し、この後、参加者全員で作業と祭の安全を祈願しました。

地区役員が鏡割りを行い、樽酒で乾杯して作業開始です。 綱打ち作業は、約40mの部落内生活道路を通行規制して行われます。(雨天の場合はテントを建て並べて行う)

若者が曳き綱の材料、荒縄10本の端末を担ぎ、綱打ち機で折り返し運びます。 1往復すると荒縄20本を1m間隔ほどで仮止めします(写真奥路上)、長さ約25mです。 これを6回繰り返して、荒縄40本で3束を作ります。 御柱は男綱・女綱の2本で曳行されます、この綱は山出し祭で御柱に近い場所用なので非常に太く、120本の荒縄が使われます。

綱打ち機に取り付けられた綱の端末部分です。 千人近い曳き子の力が掛かるので、芯に補強用マニラロープが入っています。 端末処理の左に荒縄40本の3束が見えています。

荒縄40本の3束をそれぞれ30人近くで持ち上げ、手櫛を通して荒縄の長さを揃えます。 指揮者の「よーいてこしょ」の掛け声を合図に、「よいしょ、よいしょ」と声を合わせ、綱元でかけた撚りを戻します。 3本均等な撚りと張力で綺麗な綱を打つには、技術と体力が必要で、2-3m打っては一休み、百人近い氏子が心を合わせた作業です。

打ち終わった約17mの綱です、昼休みを挟んで午後3時までに、山出し祭用(120本)、里曳き祭用(108本)、部落小宮祭用(48本)、3本の綱打ちが完了しました。


片づけを終えた午後4時から公民館で直会(なおらい)が6時半まで開催されました。 「祭には酒がつきもの」と言われますが、直会は単なる懇親会・慰労会ではなく、祭の技術と文化を次世代へ継承し、地域の結束を固める重要な行事だと考えられています。


ではまた。

植樹と風景改修-5

後回しになった、スイッチバック信号所両渡り線奥土手の風景改修作業です。

改修予定地です、通常目線ではOKですが、カメラ目線は非情、問題を発見しました。

高い位置から見ると、両渡り線向こう側レイアウトマットにめくれが発生しています。 ここの補修も同時に行います。 ポイントスイッチをカバーして作業開始です。

何で埋めるか、バラスト、バラスト+草素材の混合ペーストも考えましたが、一番安全な方法、フォーリッジ滓(緑色)をボンド水溶液でペースト状にして塗り込みました。

余剰分は土手の草として野立看板前に盛り、一昼夜乾燥させます。

乾燥後にクリーナーで余分な滓を除去し、植樹作業を始めます。 ところが標準木では樹高が低くてバランスが取れず、樹高70-75mmの針葉樹タイプを2本追加生産しました。

その1本と標準木1本、すき間にフォーリッジクラスターを配置した完成形です。

スイッチバック奥土手の植生が乏しいのは、広葉樹もどきを植樹した区間だけではなく、その両側も同じです。 信号所建屋側の改修前はこんな状態、スカスカでした。

建屋裏に追加生産した針葉樹タイプの残り1本、左の土手に標準木2本と小型標準木1本、及びフォーリッジクラスターを植樹して、背景と稜線の見え方を調整しました。

反対側も樹木間にすき間が空いて、バランスが良くありませんでした。

フォーリッジ滓で斜面に草を生やし、フォーリッジクラスターと標準木1本で、風景の連続性が良くなる様に改修しました。

改修前の信号所特急通過風景です、標識類の改修・増設前ですが植生は同じです。

改修により、見え過ぎた背景が適度に隠れ・・・と予想していたのですが、この角度だと隠れ過ぎかもしれません。 しかし、山の中の信号所の雰囲気はかなり向上しました。

出発信号機が変わり、D51牽引旅客列車が、発着線から急勾配に向かう情景です。

広葉樹もどきの製作から、大小17本の樹木を製作植樹した風景改修は一旦終りです。


ではまた。

植樹と風景改修-4

スイッチバック信号所両渡り線奥土手の風景改修を先送りして、カメラ限定アングルで発見した問題箇所の改修を先に行います。

「田園風景ー5 段々水田」に掲載した画像です、中央奥の稜線が良く見えています。

この部分は、角度が約60度異なるこの方向を基準として風景製作しました。

斜面中腹に立木が3本あり、稜線と空の関係は、それなりに自然で悪くありません。

コントロールボード位置からの俯瞰もOK、樹木や草が生い茂った山の斜面に見えます。

ところが、問題のアングルから拡大するとスカスカです。 意図的な手抜きではありませんが、植物が重なって輪郭を作る裏側は、まばらな配置で済ませた(結果的に手抜き)、想定外の眺望条件でした。 問題を発見した以上、改修するしかありません 

改修面積が広いので、枯草の原を大小5ヶ所作ることにしました。

ボンド容器を押しながらレイアウトマットに、山盛りにならぬ様に塗布します。

コースターフ枯草色を、ボンド水溶液でもんじゃ焼き具材状態にして盛り付けます。

枯草の原だけでは不足なので、フォーリッジクラスター緑色・明緑色とフォーリッジ明緑色大小各サイズを、すき間を埋める様に10数ヶ所ボンドで貼り付け乾燥させます。

作業時+7度、夜間は-4度でしたが、一昼夜で問題なく固着しました。

乾燥後、枯草の原はフラットアース水溶液で着色し、風景に馴染ませます。 稜線から少し下がった位置に、下から標準木1本、小型標準木3本を間隔を置いて上部まで植樹しました。 更に斜面中段(写真左中部)に小型標準木1本を植樹してあります。 遠景に小さな樹木を配置することで、空間が広く見えるのではないか、という狙いです。

コントロールボード位置から俯瞰すると、植樹した5本の樹形が良く見えます。

背景の雑木林と連続感を改善するには、更に2-3本の植樹が必要かもしれません。

ビフォア・アフターのアフターです。 稜線付近のスカスカ感が解消し、山全体が様々な植物で覆われている印象になり、枯草の原が季節感を演出してくれる様になりました。


ではまた。