Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

生野南中周辺の風景確認

今回は生野南中周辺のカメラ限定風景を紹介します。 地形と線路・ストラクチャ配置をこうすれば、この角度からこう見えるはずという設計意図の検証作業を兼ねています。

レイアウト南端、体育館前校庭からの眺めです。 通常見る事ができないわら小屋と籾倉の農道側をのぞき込めます、わら小屋の彼方に小川対岸のわらぼっちが見えています。 中央上から左下に流れる尾根が山のお寺を隠しています。

視線を右に振ると、校庭脇カーブ越しに段々水田が見えます。 蒸機と緩急車の角度は75度、更に手前で75度カーブします、実際にはまずない箱庭的風景です。 その不自然さを、小川ガーダー橋と野立看板前の2本の直線が、かなり緩和してくれています。

廃屋跡カメラ台から校庭と校舎を眺めてみました、そこそこ広く見えるのでマルです。

同じく廃屋跡カメラ台から生野駅を発車した各停3連を狙ってみました。 駅前から下ってくる道路、校庭と線路の高低差と法面角度、納得できる景色になりました。 境界柵が線路脇で鉄路柵からガードレールに替わっていますが、まあ不自然でない範囲かと。 

校門内側から生野駅方向の眺めです、校門通用口からガードレールに守られた通学路が駅方向へ伸びています。 駅構内で線路が枝分かれしてゆく様子が遠望できます。 亜幹線急行停車駅の雰囲気を出せたのではないかと思っています。

同じく夜景です、線路沿いの道路が暗いので、駅ホームの明るさが際立ちます。 跨線橋右上に見えるヤード灯が給水塔を浮かび上がらせています。


ではまた。

鉄の履歴書-11 16番車両増備と工作

153系2両でスタートした16番次の一歩は、編成完成に向かいませんでした。 行きたい場所へ通じる路線は、東海道と上越を除き全線電化前、東京から千葉、平、仙台、米沢、長野、甲府までが電化区間、八高線、川越線は非電化、9600、C58、D51が現役でした。


立ち読みした鉄道FやPの記事にも新型電車に混じって、行き場を失い始めた蒸機特集が目立ち、次第に非電化ローカル線に傾倒して行きました。 本シリーズ前回南紀の旅、前々回蒸機で初詣の経験が、大きな要因になった事は言うまでもありません。

【上り急行発車】

2台目動力車は宮澤模型C58でした、天賞堂9600が欲しかったのですが、その半額以下のC58が限度でした。 当時の16番は完成品だけでなく、上回り、下回りバラ売り、真鍮製車体塗装有無、ペーパー車体キット等実に多様で、台車、床下機器、駆動系等部品が豊富に揃っていました。 科学雑誌に掲載された工作記事に従い、トキ15000を自作してC58に牽かせました、車体を5両完成したのに台車が買えず、走行したのは2両でした。


旅客列車用にオハ35ペーパーキットを製作し、木製屋根と床下は筆塗り、ペーパー車体は雑誌記事を参考にして、殺虫剤手押し式ポンプで初の吹き付け塗装を行いました。 TMSレイアウトデザインコンペ記事に触発され、方眼紙にコンパスと定規でローカル線レイアウトプランを書いては消し、消しては書き、夢想を始めたのもこの頃です。


ではまた。

築堤の貨物列車 

完成した生野南中の校庭は、サッカーゴールを避ければどこにでもカメラを置けます。 今回は校門左手の線路脇から撮影した、貨物列車の風景を紹介します。

校庭からは段々水田とその中を通う農道、川面は見えませんが小川に架かる鉄橋と、その向こうの山が見渡せます。 小春日和の時間が止まった様に感じられる昼下がりです。 中山平から生野へ向かう貨物列車が、山際から姿を現し鉄橋を渡ってやって来ました。

列車を追って視線を転じます。 貨車の不規則な鉄橋通過音に重なって、蒸機ドラフト音が次第に高まってきます、平坦区間なので軽快なリズムを刻んでいます。

校庭脇カーブに列車が迫って来ました。 前の2枚は手前の築堤越しに、7mmスペーサを敷いて撮影しましたが、このショットから校庭直置きして視点を下げています。 校庭と線路面高低差15mm、コンデジレンズ中心がほぼ蒸機ランボードの高さになります。

蒸機がカーブを回り接近してきます、ドラフト音が大きくなり、やや甲高くなります。 高速運転には少し物足りないカントですが、蒸機にはこの程度が似合います。

蒸機が目の前を通過しようとしています。 ドップラー効果で高くなったドラフト音が、切り返して低くなる瞬間です。

ドラフト音は低くなって遠ざかり、タタッタタッタンタンとジョイント音がしばし続きます、緩急車のタンタンという音が通り過ぎると、辺りに静寂が戻ってきます。


ではまた。