Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

生野駅夕景と動画「急行列車」

生野駅の夕景スナップと夕景動画『急行列車』を紹介します。

前回『貨物待避線』に掲載したD51ツーショットの夕景版です。

夜景が絵になりにくい貨物列車ですが、夕景なら鑑賞に耐えるのではないでしょうか。

当時は客車列車同士の交換も毎日繰り返される風景でした。 3番線は荷物上屋付近なので、スハニ32を置いてみました。 KATOから発売されたC12予約注文の際、混合列車に必要と入手しました。 カプラー交換、室内灯組み込み(色差し)、軽いウェザリングを済ませてあります。 もちろんオハ35系との混成にもピッタリです。

上り急行到着の図です。 この時間帯のホームに人影がないと淋しいですが、まだ方針が固まっていません。 動画撮影重視なので、動かない人の不自然さ回避に加え、Nスケールフィギュアの品質に満足できず、配置すると質感を損なう様に感じているからです。 現在配置したフィギュアは数体、建物内など動きがない姿かつ目立たない場所のみです。

陽が傾いて構内灯や通信電柱を照らしています、機関区施設の影も長く伸びています。 4番線に生野始発守屋行区間列車が停車中です、通勤通学客用の土日運休ダイヤです。 1番線に下り急行が到着して、間もなく発車時間です。

Nゲージレイアウト国鉄露太本線09「急行列車」

生野駅を舞台にした夕景動画「急行列車」をアップしましたのでご覧ください。 車内放送・構内放送などは筆者の声を録音編集して製作しています。 効果音製作に力を入れており、音楽編集ソフトWavePadと多重録音ソフトMixPadを使っています。 なお、急行「ろふと号」はヘッドマーク装着前、ラストシーン生野駅南側は着工前の状態です。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。