Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

田園風景-3 踏切から線路沿いに

今回は踏切から線路沿いに進みます。

このエリアの建設時の様子です。 中央手前が中山平駅の駅端で45cm基台上に敷設しています。 その先から40cm基台エリアに入り、線路は50mm木製ブロック上をプレートガーダー橋へ至り、その先も50mm嵩上げされた路盤上に水平に敷設されています。

線路より50mm低い基台が、様々な風景製作の鍵になっています。 写真奥のレイアウト南端は、反対側の峡谷同様天井が低く、背景設置用合板の高さは30cmしかありません。

踏切下水田から南方向の眺望です、線路沿いに3枚の水田が続いています。 左から右へ手前は緩く、奥へ行くほど急傾斜になる自然地形です。 そこに畦を築いて水田を作り、路盤を整備して鉄道が敷設され、この景観になったという想定です。 エンドレスを折り畳み、複線状に配置した区間なので、列車すれ違いの風景にしてみました。

踏切から分岐した農道は水田の間を下り、写真下レイアウト端面で左折し水田沿いに進む想定です。 3枚の水田は、乾燥後のわらぼっちをその場で細断した、すき込まれる前の姿を再現しています。 撮影用にフィールドグラスと0.8真鍮線で自作した可動式ハザカケを置きました、雰囲気重視のオーバーサイズです。 用水路は農家1から鎮守様、踏切下を通って中央の水田、そして左右へと流れており、すべての水田の高さが違います。

2番目の水田も同形状で高さが5mm低いだけです。 コーナー部は、用水路を通す為、路盤の一部が石垣になっています。 アクセサリーにキット付属の距離標乙号と、爪楊枝と板紙で製作した野立看板を配置しました。 地酒・学生服・穀倉地帯お米の看板は見慣れた車窓風景でした、設置後手入れされていない様子でかなり汚れています。

3番目の水田は2番目の7mm低い位置にあり、左側を削り、右側の低地から土を掻き上げて畦を作った、「一粒でも多くの米を」時代の象徴で5角形になっています。 肥料用のモミ殻焼きがあります。 山側本線は次第に傾斜が急になり、石垣の下を走ります。

水田右側のアップです。 わらを積み上げたコレも「わらぼっち」と呼ばれています。 枯草色フィールドグラスと0.8mm真鍮線の工作です。 わら小屋はキット(どれだが解りません)付属品に、自作ハザ棒置場の差し掛けを追加して配置してあります。 ここが踏切からの農道(レイアウト外なので製作していない)の終点です。

わら小屋の先は下り傾斜の灌木帯が河原まで続きます。 山側本線は落石止めを潜ってトンネルに入り、谷側本線は落石止め手前から右カーブし、次第に高くなる石垣の上をコンクリート擁壁に守られて進みます。 擁壁は自身の角度と線路のカーブで底面が曲線になるので、型紙を取り板紙から製作しました。 0.8t板紙、商品名「布目板紙」は強度と弾力があって造形自由度が高く、塗装も容易なので非常に重宝し多用しています。

落石止め覆道としては洞門が有名ですが、柱幅が太く線路間に設置できません。 モデル化のベースとなる簡素なタイプを探したところ、この写真(旧富内線、鵡川ー穂別間)を見つけました。 山側コンクリート壁、鉄骨構造のスリムな落石止め覆道です。

トンネルポータル高整合の為、上部はコンクリートの背が高い落石受けに、骨組を太くしてモデルより頑丈なタイプに変えてあります H鋼は2mm工作用角材を板紙でサンドイッチ、土台と上部コンクリート壁は3x10mm工作用角材、山側コンクリート壁は3mm合板に板紙貼り合わせ、クロスバーは2mmプラ角棒、金網は網戸ネットを使っています。 プラ塗装表現は自信がなく、塗り重ねが容易な木と紙で作れるものは何でもの方針です。

夕陽を浴び鈍く光る落石止めにしたいと思い、薄く溶いた「黒鉄」「赤鉄」「ダークコッパー」(銅葺き屋根の色)「フラットアース」「フラットブラック」「ダークグリーン」を10回ほど様子を見ながら塗り重ね、イメージに近付けました。

「田園風景-1」から3回に渡り紹介したエリアの全景です。 広がる水田の中に伸びる鉄路と、のんびりした農村風景は、レイアウト製作でぜひ実現したかった風景です。

稲穂が夕陽に輝きます。


謝辞

鉄道模型から半世紀離れ、浦島太郎状態での初レイアウト製作開始に際し、道しるべとなったブログがあります。 「Nゲージレイアウト 郷愁の情景」kyoshusenさんです。 設定年代もシナリー重視のコンセプトも近く、製作過程の「素材」「技法」だけでなく、「背景」「根拠」までを詳細に公開されています。 また、筆者が知らなかった鉄道関連知識などの教示を受け、非常に参考になりました。 この場をお借りして改めて感謝申し上げます、kyoshusenさん、大変ありがとうございました。   【lofthonsen】


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。