Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

基礎工事ー1 床の桁設置

地道な作業の開始です、最初は床張り、今回は桁設置です。 従来線床・基台・昇降階段設置工事をしてもらった友人大工さんとの一問一答。
①「床桁は2x4でいい?」「大丈夫」
②「桁間隔は?」「頑丈にするなら30cm、45cmまでOK、それ以上は撓むからダメ」
③「床板は10mmでも大丈夫?」「床は12mm」(と断言、理由説明なし)
プロの言葉に従う事にしました。 我家はメーターモジュールなので、床桁は8フィート2x4材を1980mmに切断しました、残り420mmは基台足に流用予定です。

昇降階段真上は従来線基台が塞いでいるので、一旦梯子にもたせ掛け延伸線ブロックへ斜めに搬入しました。 床材コンパネ半裁(450x1800mm)の搬入が思いやられます。

搬入後、断熱材をめくって寸法確認しました。 桁を仮置きすると重大な問題発覚、耐震クロスバーに当り鉄骨で支持できません。

また干渉部を削って鉄骨で支持しても、12mmコンパネ床を張ると従来線床より低くなる事も判明、クロスバーを逃げ床高を揃えるには13mmスペーサーが必要と解りました。 この写真から、気に止めていなかった従来線床桁間隔が、30cmだと確認できました。

手持ち材料にたまたま硬い材質(樫?)の13mm材があり、70x90mmに切り出して2x4材に接着しました。 桁設置位置の鉄骨逃げが必要な部分は削っています。

足場が悪く暗い空間で照明はパルックボール20Wスタンドだけです。 天井を踏み抜かぬ様注意して45cm間隔6本+1本の桁設置を完了しました。 床桁は鉄骨で支持され、断熱材下耐震クロスバーに力は加わっていません。 600x900mmメンテ床用9mmコンパネを入口に仮置きしてあります、乗ると少し撓みプロの言葉の正しさを実感しました。

北側床材コンパネはぎ合わせ部は、強度重視で2本にしました。 最高気温は22度でしたが少し蒸し、狭い天井裏の馴れない作業で大汗をかきました。


ではまた。

延伸計画ー最終回 今後の工程

延伸計画最終回は、今後の工程を整理します。


1.基礎工事 ①床製作 ②電気工事 ③天井工事 ④基台製作
床製作と電気工事を最初に行います。 2000x2250の床を張り、照明・コンセント・増設換気扇を設置します、これが完了しないと工作スペースも資材置場もできません。 次に天井工事、同時に防寒防暑の断熱対策を行います。 基台製作はかなり先になります。

【夜明けの貨物列車】
2.延伸線設計
従来線接続部設計とスイッチバック両渡り線改造検討が重要ポイントになります。 双方を起点として線路配置と風景を設計し、基台のサイズと高さが決まります。 従来線設計は半年かけました、延伸線はそれほど長くありませんが年内を目途にしています。 設計プロセスもブログで紹介します。


3.延伸線製作
製作着手は多分来年です、設計段階の紆余曲折もあると思います。 工程は、基台製作、路盤製作、地形骨格、線路敷設、ストラクチャ配置と風景製作の順番になります。


4.並行して進めること
①ストラクチャ製作
 配置位置未定でも使用予定品の製作を進めます。
②樹木製作
 独立樹が200-300本は必要になるので、ストック製作に励みます。
 一部は紅葉樹木になる予定です。
③車両整備
 数少ない在籍車両には未走行車が含まれており、順次整備を行います。
 延伸線風景に似合う昭和40年代初頭の車両増備も視野に入れています。


延伸計画は一旦ここまでとし、変更・進展があればお知らせします。 計画はしたけれど何が起こるか解らない、従来線紹介時と異なりハラハラドキドキしています。 いよいよ基礎工事が始まります。


ではまた。

露太本線の舞台裏 その2

露太本線舞台裏続編は、ループ線トンネル内部です。

【『重連貨物鉄橋をゆく』より昼景】

【『重連貨物鉄橋をゆく』より夕景】

昇降階段を登った右側がループ線です、基台に正面と同じ手摺りを設置してあります。 11mm集成材切り出し地形端面を基台に立て、プラスタークロスで地面製作しました。 画面上部に入れた天井梁空形状から、厳しい空間制約をご理解いただけると思います。

ダブルループ一周目6時方向から二周目3時方向まで、緩和勾配を挟み40/1000で82.5mm登り一旦フラット、ループトンネル出口から再び20/1000で峡谷鉄橋先まで登ります。 中央に400x500mmのメンテ用穴を空けてあります。 図中80SLx2本のスライドレールでエンドレス全体の敷設誤差を吸収する設計で、実績は4-5mmに収まりました。

基台下は上下33cmの空間です、トンネル内メンテと峡谷奥照明兼用クリップスタンドを設置してあります、ここも仰向け頭から潜り込み、脱出時は手摺りを使います。 メンテスペース床面上天井高は手前90cm奥70cm、更に梁の突出があり、上半身を完全に起こす事ができませんが、掃除とレールクリーニングは何とか可能です。

内部です、ループ線岩山は集成材柱とベニヤ切り出し稜線、梱包用布テープ積層両面貼り下地にプラスタークロスで製作しています。 中央横長グレー部分がトンネル出口石垣、その下集成材が20/1000勾配ループ線路盤です、露太本線は木製路盤に2mmコルクマットを介し線路敷設しています。 固定式なので軽量化より強度を優先した結果です。

同じく内部一周目と二周目交叉部です、ループ線に使用したKATO高架用線路橋脚が干渉するのでこの形になりました。 平面線路はコルクマットに両面テープ接着、トンネル内は更に厚手両面テープで押さえてあり、完全固着はしていません。

撮影画角に入らない鉄橋脇「空の切れ目」から覗き込んだループ線内部です。 平坦から下り勾配にかかるループ線北端です、線路上空10cm弱に天井が迫っています。 橋脚の基台取り付け部にもコルクマットを使い騒音発生を防止しています。

前写真の逆方向、メンテスペース空の切れ目から始めて撮影してみました。 砂防ダム上流、峡谷断崖の様子、中山平製材所踏切へ進む普通列車も見えています。 見えない部分なので手抜きが目立ちます。 左奥プラスタークロス塗り残しを修正し、断崖上部不自然な部分に植樹すれば撮影ポイントとして使えそうです。


従来線は至る所がギリギリの限界設計になっています、延伸線はメンテ性や居住性、及び風景撮影画角自由度に配慮した設計にしたいと考えています。


ではまた。