Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

田園風景-10 里山周辺

田園風景シリーズ最終回は、北東コーナーの里山です。 これからも個別の田園風景を撮影し、改修などがあれば紹介しますが、ブロック毎シリーズは一旦完結とします。


レイアウト敷地の形状に係らず、コーナー部を山にする事例が多い様です。 トンネル設置、風景変化、見せたくない物を隠す、様々な目的達成に山は非常に便利です。 4コーナー全て山になり易いドーナツ型敷地の露太本線では、風景製作の工夫をしました。

【『ループ線と峡谷八景』より転載】

ループ線がある北西コーナーは、ゴツゴツした「急峻な岩山」が峡谷まで続きます。 梁を稜線で隠し、ループ線内保守スペースを確保する為には他の選択がありませんでした。

【『鎮守様から山のお寺に』より転載】

お寺がある南東コーナーは、針葉樹が植林された「普通の山」にしました。 農家1から山門・本堂に至る斜面と整合した延長線上に稜線があります。 今回紹介する北東コーナーは、差別化する為に「なだらかな里山」を目指しました。 本当になだらかにするには膨大なスペースが必要なので、あくまで見え方・雰囲気重視ですが・・・。

峡谷鉄橋を渡った北東コーナー入口です。 地質学的に正しいかどうかは別として、対岸は浸食が進んで岩山と深く抉れた峡谷になり、此岸は岩石層上堆積層の浸食が進まずに、なだらかな地形が残ったという設定です。 不自然に見えないので良しとしています。

線路脇にズームすると、小さな尾根と谷がゆるやかな起伏を繰り返す草地に切り株が点々と並んでおり、伐採跡地だと解ります。 当初は樹林帯にする計画でしたが、列車が見えなくなる、天井が低いなどの理由で植樹を諦めて伐採跡地にしました。

伐採跡地先、稜線が梁の下を潜る場所から尾根が派生し、トンネル出口上を通って製材所裏まで続き、峡谷と中山平をエリア区分しています。 伐採された樹木がこの製材所で加工されたかどうかは別として、風景関連性を持たせたいという製作意図がありました。 稜線と尾根は合板切り出し、地形骨格は粘着テープとジオコレ箱、プラスタークロスで表面を固めて紙粘土で細部修正、最後にレイアウトマット貼り合わせで製作しています。

稜線は梁の下から小ピークを経由して、高さを抑える為10cmほど前へ出た最深部へ続きます。 各ピークから尾根とその間に谷が広がる地形にして、お椀を伏せたレイアウト山を避けています。 稜線にフォーリッジクラスター塊で遠景樹木を表現し、遠近感を演出しました。 茂みが点在する広い草原は、コースターフ枯草色・明緑色にフラットアース薄め液グラデーションを加え、山から里へ季節が移り変わる様子を表現しています。

最深部から南に下った場所が笠松信号所上り方トンネル出口です、その手前下に引上げ線終端部石垣が見えます。 トンネル出口は3例目の自作コンクリート擁壁で、プラ製石垣パネルでは造形不能な形状です、型紙を取り癖付けして製作しました。 上部にループ線と違うタイプの雪崩防止柵2段を設置してあります。 そのまま下り続け信号所へ至る原計画でしたが、全背景高山の単調さ回避と背景用連続写真に大きく写る高圧鉄塔を消す為に、再び小高い丘にしました。 鞍部から八ヶ岳連峰北端の蓼科山が見えています。

背景の都合で生まれた台地をもっともらしく見せる為、戦国の昔、ここに山城があったという想定にして、「笠松城址」の看板を立てました。

笠松信号所から北東コーナーを眺めたアングルです、こうして見ると決してなだらかではないようです。 本線と引上げ線が離れながら次第に標高差を増す風景、コレが見たくてスイッチバックを作ったと言っても過言ではありません。

Nゲージレイアウト国鉄露太本線11「田園の夕景1

田園風景を舞台にしたスライドショウ動画『田園の夕景』をアップしましたので、よろしければご覧ください。


ではまた。

水田の表情豊かな季節

【中山平製材所付近】・・・記事内容と関係ありませんが鉄分添加剤として。

【同夕景】

露太本線の季節設定を晩秋にしたのは、稲刈り後の水田の表情が変化に富むからです。 晩秋と共に水田の表情豊かなのが今、田植え前のわずか10日ほどです。 散歩道に広がるこの季節の水田風景を紹介します。(他の地方では連休前後だと思います)

連日見られる風景がコレ「しろかき」です。 半月ほど前に「田おこし」した水田に水を張り、土を更に細かく砕いて水と馴染ませる田植えの準備作業です。 昔は牛馬と人力、昭和30-40年代に耕運機が普及し、平成に入ってからはトラクターが主役の仕事です。 今週末から来週末にかけてが田植えのピークになりそうです。

この地域では農業経営基盤強化の為、平成一桁時代に大規模な圃場整備が行われ、機械化効率が良い真っ直ぐでビッグサイズの水田が整然と並んでいます。 記憶に残っていませんが、それ以前は昭和の香りが残る”非効率な”田園風景だったと思います。

圃場整備後に5年以上耕作放棄された水田もあります、後継者不足なのでしょうか、草を茂げらせ放置すると、水田に戻すには2-3年かかるそうです。 彼方に見えるのは、諏訪大社御神体の守屋山を含む1400m級の山々で、露太本線南側背景として使っています。

田植えを待つ水田に挟まれたこの水田は冬越し姿のままで、今年は休耕になる様です。

ここから下側3枚の水田(同農家と思われます)は、田おこししないで水を張ってありました、去年の稲株が水面から顔を出しています。 このままトラクターでかき混ぜて田植えする様です。 親世代が引退すると兼業農家になる例が多く、省力化でやむを得ないのかもしれませんが、田おこしには殺菌や土造りの目的があったはずで???です。

この水田だけ田植えが終っていました、単に陽当りが良いからとも考えられますが、早稲の冷害に強い品種かもしれません。 高冷な当地では、コシヒカリ等収量が多く単価も高いが冷害に弱い品種での全滅を避ける為、保険を掛ける場合があると聞きました。

こちらは「苗代」、苗床で種籾から発芽させた稲を、田植えまで育てます、これで農家1軒分でしょうか。 近年分業化が進み大型ハウスで育てた苗を、田植え時期に開設される苗受け渡し所で受け取る農家が増えています。 種籾から育てる米作りから、田植えから始める米作りへの変化が進んでいる様です。

幅90cmの大型用水路と給水口です。 緩やかな傾斜地ですが、圃場整備で水田幅を広くしたので畦の高さは平均1m、水田毎に2-3箇所の段差で給排水高低差を作っています。

その結果、排水はこの様に畦の中を通したパイプを通して行われています。 露太本線の段々水田にこのタイプを取り入れました。 田に水が入る連休明けはカエルの恋の季節、連夜大合唱が聞こえます。


ではまた。


もう一つの御柱祭 綱打ち

5月16日下社里曳き祭が終り、諏訪大社御柱祭が終了しました、次は平成34年に開催されます。 しかし氏子達の御柱はまだ終わっていません、各部落の神社の御柱を建て替える「小宮祭」がこれから始まります。 7月から10月まで毎週、諏訪のどこかで小宮祭があると言われています。 筆者が住む部落では8月下旬に夏祭りと同時開催の予定です。 

部落の神社です、右手前が一の柱で直径40cm、高さ5m強の堂々とした御柱です、6年前に筆者も曳行と建て御柱に参加しました。 歴史や名称は様々ですが、各部落に地域の守り神として神社があり御柱が建てられています。 小宮祭で曳行されるのは1本か2本、どこの部落も少子高齢化・人口減少に悩んでおり、4本曳行は難しくなっています。

御柱があるのは神社とは限りません、道祖神に建てられた例もあります。

こちらは個人宅または一族の守り神でしょうか、1m弱の小さな御柱が建っています。 諏訪大社御柱祭開催年の今年、全ての御柱が建て替えられるでしょう。 5月15日(日)に小宮祭の綱打ちが行われ、約70人の住民が力を合わせ、2本の綱を打ちました。

肖像権もあるので遠景で説明します。 1本目は荒縄8本50mを、重機で固定した綱打ち機で折り返して3組、48本25mを打ち上げて17mの綱を作ります。 蛇口と呼ばれる折り返し部の輪を若者達が作っているところです。 事前勉強会があり今日は実践の場、ベテランは最小限の指示だけで手は出しません、こうして技術が伝承されていきます。 背後に以前紹介した練習用メドが見えています、小宮祭へ向けた練習がまた始まります。

蛇口完成後16本3組に住民が付き、綱元のよりを戻しながら手櫛で形を整えます。 綱長の「よいてーこしょ」に「よいしょ」と掛け声を合わせ綱を打ちます。 もう一本、12本3組17mの綱を打ち上げて午前の作業を終了しました。 昼はカレーと焼肉、6月並みに温かい青空の下、大いに食べ、飲み、そして語り合いました。

午後の作業は飾り付け、公民館玄関に小宮祭まで飾ります。 左が蛇口付の太い綱、右が後から打った細目の綱です。 小宮祭では2本を繋げ、一の柱を部落内で曳行します。

綱の端末です、伝承されてきた手仕事です。 昔は稲ワラ綯いから始めたのでしょう。 高冷な原村では稲ワラ入手が難しく、藤ヅルで曳き綱を作る伝統が今も残っています。 
祭に係わりが深くなるにつれて、『文化の伝承』を強く感じます。


ではまた。