Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

KATO新型キハ58後日譚

KATO新型キハ58が届いたけれど・・・ - Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記で休車扱いやむなしの判断をしたKATO新型キハ58の後日譚です。


1.当て外れ
当社KATOキハ58系急行「ろふと号」の先頭車新型置き換えグレードアップ計画は、新製品情報事前調査不足の天罰が下り・・・。

【『KATO新型キハ58が届いたけれど・・・』より転載】
カプラー仕様が異なり旧型と連結ができない、それに・・・。

【『KATO新型キハ58が届いたけれど・・・』より転載】
この室内パーツ色じゃ照明真っ青必至、キロ28はエンジ色で多分真っ赤、天井構造変更で室内灯クリア装着は難しそうだし、調べた限りKATOから関連する情報発信なし。


いっそ編成全体を新型に置き換えるかと調べると、Yは「予定数の販売を終了しました」Mは「欠品中」で打つ手なし。 半ば嫌気が差し休車にするしかありませんでした。


2.温かい支援の輪

【くさたんさんに紹介いただいた調達先】
最初にくさたんさんから『私が良く利用する通販店に在庫少量ございます。』と助け舟がありました。 HPでキハ58を検索するとキハ58はあってもキロ28なし、残念。

【KATOキハ58Assy】
次にoomoriさんから『ホビーセンターカトーからアーノルド/ナックルカプラーセットを販売する様です。』の情報を頂戴するも、追伸で『調べた範囲では、KATOナックル型やKATOカプラーNは、ボディマウント方式のカプラーとは連結できないようです。』では仕方なし。 oomoriさん、ズボラな筆者の為にお手を取らせスミマセンでした。


とそんな時、偶然目に止まったのがntmuseumさんの新型キハ58系入線記事、無断リンクを控えますが、以下3回に渡り新型セット・単品計8両の入線整備解説をされてます。
Neko Transport Museum
①4/1更新:国鉄キハ58系・その1
②4/8更新:国鉄キハ65形
③4/9更新:国鉄キハ58系・その2


その中に室内灯クリアを天井でなく室内パーツ取付で装着し、しかも室内パーツ色影響は許容内、明るさ均一性も良好な写真が掲載されてました。 知りたい質問ばかりの不躾な初コメントに丁寧な回答をいただいたntmuseumさんに大変感謝しております。

『何とかなるかもしれない』の気持ちが芽生え、心が決まったのはこの発想転換です。 諦めも早いが立ち直りも早い(笑)、上下「ろふと号」の生野駅交換や、倉元駅で上りが客扱しない運転停車して下りをやり過ごすなんて場面も絵になりそうです。


3.車両調達
となると問題はキロ28の車両調達、多少高価でもの覚悟でした。

【在庫残「2」だったキロ28】
念の為くさたんさん紹介の調達先HPで「キロ28」を検索するとありました、「キハ58」では出ないんですね、在庫残2両何とか間に合いました。 キハ58T車2両と合わせ送料・代引手数料込で¥8,034、送料無料のYより10円玉2つ3つ安いのに驚きました。

4月16日午前に到着、背景は前日開催された長野マラソンの様子を伝える地元紙です。

《新》でなく《もう一編成》の急行「ろふと号」車両が揃いました。 ストラクチャ工作が一段落したところで、好みの味付けをした編成に仕上げたいと思います。


それにしてもブログ継続してなかったら新キハ58は休車扱いのままだったでしょう。 くさたんさん、oomoriさん、ntmuseumさん、大変ありがとうございました。


4.信州にも春

【庭でお散歩】・・・アリが気になるハナちゃん
諏訪湖周辺の桜は葉桜になりかけですが、標高50-60m高い茅野市運動公園はまだ見頃、4/17嫁さんは仲間とお花見、筆者は家族のハナちゃんと留守番です。

①玄関アプローチの水仙が満開になりました。
②壁際ではムスカリが青い花を付けてます。
③早咲きの黄色いチューリップは間もなく開花。
④赤いチューリップはまだ蕾、黄色より10日ほど遅くなります。

地温が高くなり今年一番のアスパラが伸び始めました、5cm/日以上伸びます。

【JAM2017にて】
このアスパラの葉をポリマー処理した竹がJAM2017に出展されてました、処理法は不明で材料調達がネックとの説明でした。 材料はふんだんにあるし、どんな処理法かは不明ですが、他の素材では出せない風合いがあるので挑戦してみたいと思います。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。