Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

技術技法のブログ記事

技術技法(ムラゴンブログ全体)
  • バッテリー寿命の話

    間もなく旅に出る準備と事前調査で忙殺されてます。 先日入手した新カメラに関して追加発注をしました。 発注したのは新カメラ用予備バッテリー、型番・電圧・容量同じで、純正充電器対応の互換品です。 何故入手したか正しく理解できるう人は意外に少ないのではと考えバッテリーの話、電気ミニ講座の形になります。 ... 続きをみる

    nice! 2
  • 蒸機発煙装置の話

    先日『1965年秋各地の運転会』で発煙装置付きナロー蒸機を紹介しましたが、その発煙装置の話を書きます。 リンクは控えますが発煙装置付きN蒸機を製作し、動画公開されてる方も居ますので、工作力のある方なら(筆者には絶対無理です)組込み可能だと思います。 【TMS1966年2月号表紙】 TMSに蒸機発煙... 続きをみる

    nice! 4
  • 【臨時更新】当社電気何でも相談室への質問

    【慌て者講師からのお詫びと訂正】2023.04.06 図3と図5のフィーダー向きにミスがあり、ギャップ車輪通過時にショートが発生するので修正しました、スミマセン。 4月4日拙ブログコメント欄へ『ykhm9330』さんから質問が届きました。 鉄道模型を始めた当初誰しもが悩む共通の問題ですし、文書回答... 続きをみる

    nice! 3
  • 当社のデュアルキャブコン その3

    延伸線で計画してる1人2列車運転ついて解説します。 従来線で実施した2列車運転の様に2列車の速度制御とセクション選択及びポイント切替をタイミング通り行う忙しい運転ではなく、一つ一つの操作を順番に行う運転で時間に追われず楽しめる様にします。 延伸線線路配置概念図です。 従来線と同じ考え方でセクション... 続きをみる

    nice! 2
  • 当社のデュアルキャブコン その2

    前回の2列車運転操作でCW高速列車をDC急行にしましたが、DC各停にても交換待避時間が伸び、7分弱が8分強になるだけで可能です、では列車を逆にしたらどうでしょうか?。 初期設定は本線と笠松信号所のセクション選択が異なるなるだけです。 左右キャブの運転操作がほぼ入れ替わるだけで、セクション選択/ポイ... 続きをみる

    nice! 3
  • 当社のデュアルキャブコン その1

    前回TMS1964年2月号に掲載された編集部中尾氏の記事で、デュアルキャブコンの基本について解説しました。 当社のデュアルキャブコンはすでに簡単に紹介してますが、改めて従来線制御の方式と、延伸線採用予定の改良型について詳細に解説します。 ◆従来線セクション区分 従来線は全長23mの単線エンドレスで... 続きをみる

    nice! 1
  • 良く解る2列車運転

    TMS1964年2月号紹介の続編第4回です。 【同号表紙】 ◆良く解る2列車運転 この時代も現代も目に見えない『電気』が苦手の鉄道模型マニアは多く、現代の方が多いと思います。 TMS編集部中尾氏の電気が苦手の人向けの解説記事が掲載されてます。 キャブコントロールの非常に解り易い解説なので、記事内容... 続きをみる

    nice! 3
  • 倉元駐泊所ユニット構想➌KATO車止

    拙ブログは6:00更新でしたが最近ブログ村にすぐ反映されず操作が必要になってます。 朝寝坊で反映操作は9:00頃、今後18:00更新に変更しますので予めご了承ください。 機関庫の置くだけ給電方式は、ユニトラックとPecoフレキ混在の路盤構造や、機関庫設置高さが決まらないと決定できません。 先にKA... 続きをみる

    nice! 1
  • 倉元駐泊所ユニット構想➋

    機関庫照明を周辺ストラクチャに合わせ込む作業からです。 【前回記事より転載】 現状は詰所よりかなり明るく赤味不足で、詰所前まで照らし出してます。 側面窓から漏れる光は倉元駅ホームまで照らすほどの明るさです。 ◆機関庫照明の仕上げ と言う事で機関庫照明に以下3点の修正を行います。 ➊低輝度化 詰所と... 続きをみる

    nice! 1
  • 倉元駐泊所ユニット構想➊

    前回給水塔が完成しました、フルスクラッチストラクチャはドライブイン以来久方振り、目が悪くなっても何とか製作可能と自信になりました。 【給水塔全景】 ◆駐泊所ユニットを作ろう! この給水塔は倉元駅機関車駐泊所に設置します。 駐泊所の他の施設機関庫は自作で、詰所はGMキット改造で完成してます。 主要施... 続きをみる

    nice! 2
  • 娘の里帰り

    娘と言っても実の娘ではありません、手塩にかけた娘の様なHyper-G Evo湖南電源がマイナートラブルで一時帰宅したのです。 マイナートラブルとは常点灯調整範囲が不足し、調整Maxで走行開始しない通常モーター車両の存在です。 速度計は常点灯電圧と走行電圧差の演算表示方式なので、調整Maxでノッチオ... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G Evo➏メイン基板製作 その3

    Hyper-G Evoメイン基板が完成に近付いてきました。 昨日、Hyper-G高性能/高機能電源『露太本線ブログINDEX』にHyper-G Evoメイン基板製作法を追加掲載しました。 本記事も追加掲載します。 電源製作意思のない読者は全く興味を持てない内容で、それが不人気の理由と承知してますが... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G Evo➎メイン基板製作 その2

    サッパリ人気ありませんが、Hyper-G Evoメイン基板の製作を続けます。 前回その1に恥かしくて書けませんでしたが、様々な製作容易化手段を実施してなお、コテ先当ててもリード線がない部品挿し間違えが発生し、細かな作業の限界を感じてます。 3-3.ラッチ回路の部品実装(cont.) 発注した不足部... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G Evo➍メイン基板製作 その1

    湖南電源完成するまで、再び電源基板製作するとは考えてませんでした。 勿論成果のフィードバックは考えてましたが、2CHで企画し途中で1CHへ軌道修正したHyper-G空きスペースに湖南電源サブ基板2枚で実現した機能を盛り込めると解り、半ばその素敵なアイディアに惚れて『ならばやってやろうじゃないか』と... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G Evo➌部品配置設計

    Hyper-G Evo回路が確定したので部品配置設計に進みます。 高機能電源メイン基板を製作する筆者自身が必要ですし、これから電源製作に挑戦する方の為に、高性能電源メイン基板と高機能基板の部品配置設計も必要です。 後日電源製作ブログINDEXに掲載します。 【県営住宅 昼】 時代と共に様々な物が姿... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G Evo➋回路確定実験

    究極のHyper-G電源を延伸線配備し、大の苦手になった基板製作を行う事になりました。 【倉元駅舎ホール】 筆者が最後に鉄道小荷物(チッキ)の受け取りに行ったのは1970年代後半、武蔵溝ノ口駅でした、荷物が何だったか記憶がありません。 1-6.加速回路決定実験 部品配置設計を行うには回路確定が必要... 続きをみる

    nice! 1
  • Hyper-G Evo➊回路設計

    先日『gaou』さんへ送品した湖南電源は、Hyper-G高機能電源をベースに様々な改良を加えた進化バージョンです。 設計開発を行った筆者延伸線電源の同等性能バージョンアップを決断し、メイン基板を再製作します。 この電源を『Hyper-G Evo』と命名しました。 【生野駅前18:30】 製作には道... 続きをみる

    nice! 2
  • 娘を嫁に出した様な・・・

    Hyper-G湖南仕様を送品し検収試験をパスの見込みです。 高性能高機能PWM電源自社開発を思い立ったのが2018年6月ですから4年近くなります。 その集大成が湖南電源、育児が大変だった子ほど可愛いと言いますが、手塩に掛けた愛娘を嫁に出した父親の心境です。 【峠のD51 夕】 開発者である筆者手元... 続きをみる

    nice! 4
  • 湖南電源 完成送品

    足掛け4年に及んだ大仕事『湖南電源製作』がいよいよ完結です。 【小川を渡る急行】 この表紙替わり画像も今回が最終回です。 7.送品に係る作業 7-1.ケーシング 検収試験NGで返送されてから湖南電源メインCHの蓋は開けっ放しでした。 設計意図通り動作しない安全性保証回路をあーでもないこーでもないと... 続きをみる

    nice! 2
  • 湖南電源 戦い済んで・・・

    前回までで湖南電源検収試験の要改善項目全てを解決できました。 【小川を渡る急行】 結果から見れば大きな回り道をした訳ですが、何が起きてて何故こうなったか、設計者として理解し自分を納得させる為に考察しました。 6.電源製作のレビューと考察 6-1.安全性保証回路 新安全性保証回路完成後に実施したショ... 続きをみる

    nice! 2
  • 湖南電源 出た!逆転サヨナラHR

    やりましたやりました、ついに最後まで残った安全性保証回路動作を100%満足する形で解決し、湖南電源完成送品の目途が立ちました。 【小川を渡る急行】 5-4.パッチ回路の改修 前回詳細な波形観察により、過電流検出パルス幅が狭いとラッチ回路を一旦オフしても長いToffで再度オンし保護回路が動作してない... 続きをみる

    nice! 2
  • 湖南電源 成功せずも進展あり

    最後の悪足掻き実践編です、アドオンパイパス回路なので効果がなければ外すだけ、でもそうなったらもう打つ手がなくお手上げです。 【小川を渡る急行】 湖南電源は今年度内に送品仕事完了にしたいので、電源設計の専門的内容に係る筆者備忘録兼『gaou』さんへの進捗報告に付き合わせる結果になりますが、暫時ご容赦... 続きをみる

    nice! 2
  • 湖南電源 最後の悪足掻き?

    湖南電源評価が終了し恐れてた最悪事態は回避できました。 保護回路動作は100%満足できませんが『gaou』さんの了解を得て足掛け4年の本案件ケリを付けたいのが本音です。 【小川を渡る急行】 しかしどうにも後味が悪いのです。 もう一度設計やり直す気力も時間もありませんが、何とかする知恵はもう出ないの... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源 やっぱりこんな物?

    結果見るのが怖くて放置してた湖南電源安全性保証回路の動作確認です。 【小川を渡る急行】 3.安全性保証回路動作確認 3-1.筆者のジレンマ 過電流検出にヒゲ対策で金属皮膜抵抗使えないと判断した時から、安全性保証回路動作にはずっと以下のジレンマが付きまとってました。 抵抗は常点灯から最大出力までパル... 続きをみる

    nice! 1
  • 湖南電源 常点灯は二重丸

    新安全性保証回路を何とか完成に漕ぎ付け基本動作確認が終わりました。 しかし検収試験で要改善点が見つかって返送されてから1年近くなります。 以降のドタバタ経過を約15回記事公開し、最終的に安全性保証回路再設計再製作になりましたが詳細を覚えてません。 【小川を渡る急行】 先日誕生日を迎え72歳になりま... 続きをみる

    nice! 2
  • 湖南電源 安全性保証回路仕上げ

    前回更新に『やらなくちゃと思いながら未解決問題があると億劫でつい先延ばしになり、一旦着手すると止まらなくなる』と書きましたが、先延ばしにしてた重要案件があります。 【小川を渡る急行】 湖南電源安全性保証回路再製作を決めて、ほぼ完成してから5ヶ月放置してます。 納入先『gaou』さんには急がないと言... 続きをみる

    nice! 3
  • 倉元駅コテコテアナログ制御 完結編

    倉元駅アナログ制御はいよいよ最後の追い込みです。 【倉元駅舎】 8.ボタン無茶押し耐性確認 アナログ制御特有の問題です、5連プッシュロックスイッチ2個は独立ですので個別選択できます。 孫と一緒に遊び無茶押しされても電源ショートや故障が起きないか?、フールプルーフ/フェールセーフの確認です。 前回ギ... 続きをみる

    nice! 5
  • 倉元駅コテコテアナログ制御➌

    倉元駅アナログ制御設計したので、運転操作シミュレーションで不具合がないか確認します。 後でアチャーッとならない為のステップです。 【倉元駅舎】 7.運転操作シミュレーション ポイント/信号機制御に注記した様に、電源オフ、運転操作ボタンリセット状態でポイント定位、信号機停止です。 当社延伸線は定位/... 続きをみる

    nice! 3
  • 倉元駅コテコテアナログ制御➋

    アナログ制御にする事で大幅な時間節約と配線/部品減が可能な事が解りました。 具体的な設計を開始する前に、まず5連プッシュロックスイッチの電気特性を調査します。 【倉元駅舎】 お断りして置きますが筆者はArduino有用性を否定する気は毛頭ありません、サーボ駆動や複雑な制御はArduinoが最適です... 続きをみる

    nice! 6
  • 倉元駅コテコテアナログ制御➊

    さてArduino制御を中止し、アナログ技術で同じ機能を実現する事にしました。 『電気は見えないから苦手』と言われては身も蓋もありませんが、少なくもムカデ足のデジタルICやそれを動かす初歩的プログラム言語スケッチが不要な分だけ取り付き易いと思います。 【倉元駅舎】 デジタル庁新設と担当大臣の任命、... 続きをみる

    nice! 3
  • Arduino制御や~めた!

    昨日1月18日は-2℃でした。 大した事ない?、最高気温がですよ! 【倉元駅舎】 これまで延伸線倉元駅ポイント/信号機制御をArduinoで一括制御する前提で進めてきましたが、この度Arduino制御中止の見直しをしました。 【倉元駅制御はこうする!より転載】 本線系だけでポイント8個と信号機8基... 続きをみる

    nice! 4
  • 従来線フィーダー改修➌

    それでは従来線フィーダー改修工事に着工します。 【C57の牽く夕焼け列車】 4.フィーダー改修工事 4-1.生野-笠松間FXC設置 給電レール長が9mを超え、補助フィーダー設置を決定した生野-笠松間の工事からです。 レール外側の側面を磨いて半田を乗せ、3A容量線を半田付けしました。 レール-枕木間... 続きをみる

    nice! 6
  • 従来線フィーダー改修➋

    従来線のフィーダー設置基準検証が完了し、補助フィーダー2ヶ所追加と決定しました。 改修着手したい処ですが気になる事があり追加検証です、もう屋根裏寒いしね(笑) 【C57の牽く夕焼け列車】 3.Wさんレイアウト線路配置の検証 3-1.検証の目的 昨年末年始にユニトラック敷設レイアウトのギャップ/フィ... 続きをみる

    nice! 4
  • 従来線フィーダー改修➊

    ユニジョイナー経年劣化問題でレイアウト敷設レールに係る様々な経時変化を計測し、結果を『フィーダー設置基準』にまとめましたが、自社適用しなければ意味がありません。 【C57の牽く夕焼け列車】 ユニジョイナー経年劣化シリーズの表紙画像はD51夕焼け列車でしたが今回はC57です。 遠目でも軽快なのはボイ... 続きをみる

    nice! 5
  • 露太本線式フィーダー設置基準

    フィーダー設置基準と言うと偉そうに聞こえますが、当社失敗事例と安物テスター計測結果を基に、建設時にこうすれば後でアリャリャとならないよのノウハウ集的にまとめます。 【本シリーズ表紙画像】 この写真こんなに長く使うとは思ってませんでした。 オハニ/オハユニ連結の蒸機牽引鈍行列車、50年以上昔の想い出... 続きをみる

    nice! 1
  • フィーダー設置に関する計測結果まとめ

    今回は一連の計測結果をまとめ、具体的な事例で解り易く解説します。 【本シリーズ表紙画像】 計測は全て完了?、いえ一つだけ残ってます。 KATOフィーダー配線はメーカーデータ引用で、当社幹線配線半分弱の芯線数で同じ配線抵抗は変です、確認するしかありません。 6-1.KATOフィーダー配線抵抗(con... 続きをみる

    nice! 2
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後⓬

    いやーっ驚きました、手配ミスで部品調達が遅れ場繋ぎにチョチョイと書いた記事の注目度です。 千回近い更新で半数以上レイアウト製作サブカテ注目度1位になってますが、そのほとんどは更新18時間後0時過ぎリランキングです。 前回更新は夕方1位、21時には鉄道カテゴリでも1位、難しい電気の話より、レイアウト... 続きをみる

    nice! 2
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後⓫

    従来線速度段差発生に始まった本シリーズは、特定箇所ジョイナー接触不良発見と半田付け補修で目に見える問題は解決しました。 しかし様々な計測して見ると知らなかった事ばかり、乗り掛かった舟で解り易い『こうすれば良いよ』にまとめたいと考えてます。 【本シリーズ表紙画像】 ◆御礼:150万アクセス到達 お陰... 続きをみる

    nice! 3
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後❿

    今回は新品レールで敷設し、塗装/バラスト撒布してないトンネル内区間のジョイナー接触抵抗劣化を計測し、塗料やボンド水の影響がどの程度あったのかを明らかにします。 【本シリーズ表紙画像】 4-6.塗装/バラスト撒布影響度の調査 対象となるトンネル内区間はレイアウト南北に位置し、天井が低く作業困難な場所... 続きをみる

    nice! 3
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➒

    前回本シリーズの発端となった速度段差異常現象は、ジョイナー経年劣化ではなく、特定箇所の接触不良が主因と言う意外な事実が判明しました。 【本シリーズ表紙画像】 5.ジョイナー接触不良箇所の修復 4-6.項として、塗装/バラスト撒布なし新品レール敷設8年後のジョイナー接触抵抗劣化度計測を予定してました... 続きをみる

    nice! 4
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➑

    問題発覚時の計測法に疑問を感じ、追加フィーダー設置場所検討を兼ねて検証しました。 【本シリーズ表紙画像】 【本シリーズ表紙画像】 ◆祭りの後 生来の慌て者が目を悪くして遠近感が狂ったら鬼に金棒(笑)、かなりの被害発生です。 中山平ではテスタークリップ押し当て点近くの貨物側線接触限界標が根元からポキ... 続きをみる

    nice! 3
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➐

    今後の計測計画に従い計測を行い考察を進めます。 【本シリーズ表紙画像】 4-4.レール塗装/バラスト撒布の影響 計測-5は新品敷設未使用品、計測-4は8年間使用ポイントです。 ポイントは道床/レール塗装だけでバラスト撒布なしなのでボンド水侵入はありませんが、内部スイッチ接触抵抗が同じとは限りません... 続きをみる

    nice! 3
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➏

    次から次へと新しい発見があり調査必要項目が増えてくる、当初予想に反し本シリーズは長くなりそうな状況です。 【本シリーズ表紙画像】 4-3.ポイント内部抵抗の計測 ジョイナー接触抵抗経時変化計測の本項目的から少し外れますが、前回KATOポイント内部抵抗が無視できないと解りましたので確認します。 ◆計... 続きをみる

    nice! 2
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➎

    前回の30年前レールジョイナー劣化度試験、何だか消化不良です。 【本シリーズ表紙画像】 ザクッとジョイナー接触抵抗3倍になってると解りましたが、従来線リニューアル仕様決定の必要情報が不足しており、追加計測を行いました。 4-2.中山平北方電気区間計測と考察 前回の試験区間R315/180度を含む電... 続きをみる

  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➍

    ジョイナー接触抵抗経年劣化シリーズ続編です。 【本シリーズ表紙画像】 この問題に悩まれてる方、興味を持つ方が多い様です。 何しろ実験/考察と記事更新の同時進行なので、スマートに結論をスパッと提示する事ができません。 途中の失敗も含めた右往左往・紆余曲折や思考プロセスも記事にしますので、予めご理解ご... 続きをみる

    nice! 4
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➌

    前回の続編です。 【本シリーズ表紙画像】 いきなり図面は味気なく表紙が必要、画像在庫も少なく使い回します。 3.計測結果に基づく考察 3-1.KATOレイアウトプランの検証 計測結果からフィーダー設置基準作成の為に、KATOレイアウトプランを検証します。 【KATOレイアウトプラン集】・・・前々号... 続きをみる

    nice! 4
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➋

    前回の続編です。 従来線改修の為のユニトラックフィーダー設置基準、延伸線敷設の為のPecoフィーダー設置基準を明確にする確認実験です。 【問題発覚区間を往く夕焼け列車】 ブログネタにしなければ即実験開始で結果が得られますが、写真撮影だけでなく難しい電気関係理解には、頭の中の考えを図面化して説明する... 続きをみる

    nice! 2
  • ユニジョイナー経年劣化問題その後➊

    今年春に発覚したユニジョイナー経年劣化問題のその後です。 敷設8年の従来線にどう対策するか悩み、暫定対策を実施しても効果不十分でした。 一番確実なジョイナー半田付けは実施不能、大工事になる補助フィーダー追加にも施工の基礎データが何もありません。 【拙ブログ2021年4月3日更新】 問題発覚時に『が... 続きをみる

    nice! 4
  • Hyper-G湖南仕様改修⑰新基板製作

    納期遅延部品が届き、湖南電源安全性保証回路の再製作です。 【朝一番の上り急行】 2年前は何でもなかった基板製作が視力低下により難行苦行です。 そろそろレイアウト製作もブログも年貢の納め時が近いのかもしれません。 そんな筆者の諦めに似た気分がブログ記事品質にも影響してるのか、この春以降読んでいただい... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G湖南仕様改修⑯最後の改修

    長期に渡ったHyper-G湖南仕様改修も最後の直線に入りました。 【車窓から夕暮れの街並み】 『がおう☆』さんとの約束を果たし、長期停滞してた自レイアウト製作を再開できます。 その『がおう☆』から『コメントしたくても難しくて・・・』とメールありました、無理ないですね、筆者自身がようやく理解できて、... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G湖南仕様改修⑮サブCHヒゲ退治

    前回PWM波形はシャープな方が良いという常識が覆りました。 低コスト2CH電源の餌に釣られ、結果的に1CH2台の方がはるかに楽でした。 でも自分で決めた事、解決策を探してウロウロするのも趣味の楽しみの内、こんな新しい学びもあると言い聞かせてます。 Hyper-G湖南仕様軽負荷時ヒゲ問題、スピードダ... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G湖南仕様改修⑭ヒゲ退治

    亀の歩みの様なHyper-G湖南仕様改修は、ようやく『軽負荷時ヒゲ対策』を残すのみになりました。 早く完成しなと『がおう☆』さんレイアウト完成しそうですし、試験運転ニーズがあるハズです(滝汗) 【早くしないと日が暮れる】 前回書いた様にこの件を最後にしたのは様々な要因の複合汚染で、他の問題解決後で... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G湖南仕様改修⑬損失低減

    今回は安全性保証回路の損失低減検討です。 【1番線到着急行待避の4番線各停DC】 ◆安全性保証回路損失低減の検討 安全性保証回路は理論設計して組立て動作したので、各部が理論値通りになってる詳細検証をしてません。 損失が理論値倍近くになってるので、まずそこから確認を開始します。 最初にTR91ベース... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G湖南仕様改修⑫予期せぬ出来事

    前回安全性保証回路各部損失の計測を行い、理論値と大きく異なる結果でした。 また抵抗電流検出を廃止し0.47Ωショートを決定しました。 【築堤を往く貨物列車】 今回はその後の進展です。 理論がなければ設計はできない、しかし現実は予期せぬ事が起こり理論通りとは限らない、物作りは難しいです。 Hyper... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G湖南仕様改修⑪モグラ解剖

    高負荷時損失増加と低負荷時出力波形ヒゲの原因は安全性保証回路にある、つまりモグラの居場所が特定できましたので解析と改善に進みます。 【米屋角の裏通り】 当社は『がおう☆』さんの湖南総合運転所と業務提携しており、委託業務は着々と進行してるのに受託業務の湖南電源改修が遅れており、申し訳ない状態になって... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G湖南仕様改修⑩モグラは何処だ?

    前回電流容量確認実験で抵抗負荷を10.8Ωに下げた処、電源電圧が低下し何処かで損失発生してる様子なので実験を中断しました。 【トンネルを出て鉄橋へ】 何が起きてるか確認しなくてはなりません、出力波形(出力トランジスタコレクタ)と同時に電源電圧波形(同エミッタ)を計測しました。 電源電圧が10.1V... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G湖南仕様改修⑨モグラ叩きの如し

    前回の続きです、先に出力回路を最終仕様にしてから安全性保証回路動作点、つまり電源電流容量を確認する工順に変更しました。 【中学校教室の中】 ところがまだ4-5本残ってたハズの改修に必要なダイオードBAT43がどこへ行ったやら見つかりません。 業を煮やして2パック20本発注、部品代¥300なのに送料... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G湖南仕様改修⑧ボチボチ その2

    前回モールド用黒い瞬着流し過ぎのミスはありましたが、何とか回路改修を完了しました、現在の視力で良くやったと自分を褒めてます。 【生野駅夕景】 1ヶ月半もやらなきゃと思いながら着手できなかったのは、回路改修できるかどうかの心配ともう一つ、改修後の確認作業で予測される困難でドツボに嵌り立ち往生する事、... 続きをみる

    nice! 4
  • Hyper-G湖南仕様改修⑦ボチボチと(汗)

    『がおう☆』さんの『気が向いた時で良いですよ』の言葉に甘え、TMS紹介や回想録で1ヶ月半湖南電源改修をサボってました。 当方から委託したKATOキハ58系やC12の入線整備が進む中で放置もできず、両目注射手術が終わり、遅れ馳せながら着手しました。 恥を晒す様ですが、ノッチ加速特性改修で図矢印リード... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-G湖南仕様改修⑥一歩一歩

    サブチャンネル加速度特性改修効果を現品で確認します。 【晩秋なら赤味もう少しかな?】 ★加速度特性改修の効果確認 要改善点が再検収試験でNGは許されませんので念には念を入れてます。 【『Hyper-G湖南仕様改修④さて次は』より転載】 この問題の原因は筆者確認不足で、送品仕様ノッチ2は実車最速ラン... 続きをみる

    nice! 4
  • Hyper-G湖南仕様改修⑤アチャーとアレーッ

    Hyper-G湖南仕様改修は残すところ安全性保証回路非動作問題だけになりましたが、トラブル続きで思う様に進まず記事ストックが枯渇で穴が空きそうになり、摂津鉄道砕石場ネタで一息付かせていただきました。 【ガード下の土手から見上げて】 ショート時に安全性保証回路が非動作の場合、出力トランジスタ2SA1... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G湖南仕様改修④さて次は

    Hyper-G湖南仕様改修は、奥の手回路採用で蒸機常点灯問題解決の目途が立ちました。 【『Hyper-G湖南仕様改修①』より転載】 でもまだ4件の要改善点の③番が解決しただけ、今回は④番と②番の片付けを行います。 2.蒸機速度計表示不一致問題 元々この問題は個別改善不能な問題でした、しかし常点灯性... 続きをみる

    nice! 5
  • Hyper-G湖南仕様改修③奥の手とは?

    前回出力トランジスタToffを短縮する回路手段『奥の手』で蒸機常点灯性能が大幅に改善される様子を紹介しました、今回はその種明かしです。 【生野トンネル】 公開に当たり解説用に追加実験を行いましたが、お断りした様に100%の自信を持てないので推奨できません、採用の際は各自判断による自己責任でお願いし... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-G湖南仕様改修②奥の手使います

    Hyper-G湖南仕様蒸機常点灯性能は検収試験結果が再現しませんでしたが、調整範囲がピンポイントで実用性能NGと判明しました。 【『湖南電源⑬物作りって難しい・・・』より転載】 蒸機常点灯性能OKと判断したこの実験は、ユニジョイナー経年劣化による従来線電圧低下で、上図0.4V(車両近傍)の電源出力... 続きをみる

    nice! 5
  • Hyper-G湖南仕様改修①アララ再現しない

    技術提携先との当社信用に係る問題を片付けなくてはなりません。 【《ユニジョイナー経年劣化発覚!》より転載】 1年以上お待たせして納入した電源は検収試験をパスできませんでした。 と言う訳で納入した電源は製造元の当社へ送り返されて来ました。 要改善点は以上4点で、モーター唸り音等出荷試験と一致しない点... 続きをみる

    nice! 2
  • ユニジョイナー経年劣化発覚!

    人生に三つの坂有りという言葉があります、『上り坂』と『下り坂』そして『まさか』だそうです、その『まさか』が当社で発生しました。 【日に1本の特急がやってくる】 『アレーッ、変だな~』が発生したのは、湖南電源が完成し当社従来線生野-中山平間レール磨きをして試験運転の際でした。 『何か速度上昇がゆっく... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源最終章⑥仕上げと出荷前試験

    湖南電源は最終工程に入りました。 まだ次々と解決すべき問題が見えてきます、物作りは本当に難しく奥が深いです。 ★ケーシング メインチャンネル電源はメイン基板、高機能基板、安全性保証回路基板3枚取り付けた裏フタ閉めてますが、サブチャンネルはこれからです。 内蔵するのは高機能基板1枚だけで簡単と思いき... 続きをみる

    nice! 5
  • 著作権に想う事③&湖南電源最終章⑤

    まずはようやく出口が見えた湖南電源の進捗状況からです。 ロータリースイッチ配線を修正し各ノッチ最高出力電圧と出力波形確認をしました。 常点灯調整により最高出力電圧が変化するので1.2V調整で試験しました。 ノッチ1最高出力電圧は設計値6Vより若干低い5.87VでOKです。 ノッチ2最高出力電圧は設... 続きをみる

    nice! 3
  • 著作権に想う事②&湖南電源最終章④

    前回の続き、まずは湖南電源から、ノッチ1-5の速度変化が異常です。 【各ノッチ最高出力電圧】 ノッチ1-4最高出力電圧はほぼ1V刻み設計なのに全く異なる特性です。 ブログに書きませんでしたが従来線用転用ロータリースイッチのサブチャンネル用は、最後のツマミ圧入時に分解破損してしまい追加調達品です。 ... 続きをみる

    nice! 4
  • 著作権に想う事①&湖南電源最終章③

    湖南電源は最後の仕上げで悪戦苦闘してます。 Hyper-Gの設計をしてた頃より目の状態が更に悪くなってる事を思い知らされ少々凹んでます。 歪んでハッキリ見えないのも困りますが遠近感が狂い、右手で持った半田ゴテ先にハンダを合わせるのに苦労する有様です。 【表紙替わり画像】 前回サブチャンネル電源を正... 続きをみる

    nice! 4
  • 湖南電源最終章②追い込み作業

    一昨年4月に着手した湖南総合運転所への納入電源は、足掛け3年で完成に近付きました。 集中して製作すれば3ヶ月で完成したハズ(そのつもりで受けた)ですが、苦手な箱製作や安全性保証回路動作トラブル、更に視力低下が進み細かな半田付けが困難になる等半ば嫌気も差し、ついつい後回しになってました。 と言って約... 続きをみる

    nice! 3
  • Wさんのレイアウト⑧運転操作シミュレーション

    楽しく遊ばせていただいたWさんのレイアウト、線路配置設計と電気設計サポート完了しましたが、操作方法を解説して置かないと仏作って魂入れずになりかねません。 今回基本的な操作方法を解説し結びにします。 【減反転作水田】 食糧増産から一転米を作るな!への農政180度転換、農家は農協割り当てに従い転作奨励... 続きをみる

    nice! 3
  • Wさんレイアウト⑦KATO転車台は顧客視点欠如

    昨年末からWさんの依頼を受けレイアウト設計のお手伝いをしてきましたが、残る電気設計サポートは転車台制御のみになりました。 【小川を渡るキハ】 ★転車台の制御 KATO転車台は湖南総合運転所で採用しており一通り動作理解してましたが、今回は電気が苦手なWさんサポートなので再度仕様を精読しました。 【K... 続きをみる

    nice! 5
  • Wさんレイアウト⑥ポイント切替制御の新提案

    Wさんレイアウトの電気設計はフィーダーとギャップを設置し、デュアルキャブコントロールコア部分の設計が終わりました、次のテーマはポイント切替制御をどうするかです。 【中山平の夜】 実感的なサーボスローアクションや番線選択ボタン一括切替はArduino等コントローラやリレーが必要になるので選択対象外と... 続きをみる

    nice! 2
  • Wさんレイアウト⑤キャブコンのフィーダーとギャップ

    設計お手伝いしてるWさんレイアウトの線路配置が確定しました。 自作線形設計ツールを他人様のレイアウトに適用したの始めてでしたが上手く機能し、Wさんがイメージしてたこんな事やりたいを形にできました。 【水田脇のハザ棒置場】 記事タイトル通り遊ばせて貰ってますし、Wさんにはバーターで筆者ができない事を... 続きをみる

    nice! 2
  • TMS特集 楽しい鉄道模型④CBと車両製作

    1冊で長く引っ張るつもりなかったのですが内容盛り沢山で長編シリーズになりました。 今回は制御技術積み残し運転制御盤と車両製作編です。 ⑤コントロールボード(運転制御盤) 鉄道模型に電気知識ほとんど不要になってもレイアウトはそれぞれ個別仕様、電気知識不要にしたTOMIXはレアウト製作推奨しても制御盤... 続きをみる

    nice! 3
  • TMS特集 楽しい鉄道模型③制御技術編

    今回この特集シリーズを紹介するに当たり全記事に目を通しましたが、タイトル通りストラクチャ/車両工作難易度が低いのに対し制御技術だけレベルが高いのです。 それは現在の鉄道模型界と違い、誰もが走らせて楽しむ為に必要な一般電気知識を持ってたからです。 【前々号より転載】 高校時代にコレ読んだ筆者は制御技... 続きをみる

    nice! 3
  • Wさんレイアウトで遊ぶ④踊る線形設計

    本シリーズ前回でKATOユニトラックをTOMIXローカルホームに適合させる難問を解決しましたが、電気設計ベースの線形が中々決まりません。 【3年振りに全面結氷した諏訪湖】・・・ニュース画像より 近年暖冬ですが諏訪湖全面結氷のニュースが流れました、しかし13日14日と最高気温7-8度で氷が緩み御神渡... 続きをみる

    nice! 2
  • Wさんレイアウトで遊ぶ③やればできる!?

    お楽しみにと期待持たせて引っ張るのも嫌なのでシリーズ続編を連投します。 Wさんからサポート依頼受けたのが12月10日頃、線路配置助言も欲しいの追加依頼を受け、ブログ記事化了解を得て作業開始しました。 【鉄橋脇の保線小屋】 4.大どんでん返し Wさんレイアウトで遊ぶ①プロローグ公開の12月24日には... 続きをみる

    nice! 4
  • Wさんレイアウトで遊ぶ②線路配置設計

    前回記事公開前にWさんと連絡を取り、駅構内線形についても助言して欲しいと依頼されました。 電気設計のお手伝いだけでなく線路配置も、先月公開した『駅をレイアウトする』シリーズの実証実験になりました。 【木造校舎の中学校】 Wさんから機関区があり、本線渡線は検討中で未定と連絡がありました。 機関区規模... 続きをみる

    nice! 2
  • Wさんレイアウトで遊ぶ①プロローグ

    気の向くままの鉄道模型趣味ライフ、仕掛中の湖南電源仕上げてないのに新しい案件に着手しました。 電気が苦手なWさん(仮名)からの電気設計応援要請を受けて、他人様のレイアウト設計で遊び始めました(汗) 【急行生野駅進入】 1.Wさんの応援要請 拙ブログではレイアウト電気関連技術を紹介し、湖南総合運転所... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源最終章①&氏神様の正月準備

    新安全性保証回路が完成し評価もOKだったので、いよいよ本番湖南電源組み込みです。 【水田の広がる風景】 水田には水の出入口があり、流れに沿って水田が拓かれてると解る風景を製作しました。 まずは安全性保証回路基板取付位置の確認です。 メイン基板と高機能回路基板を左に移動する選択もありましたが、裏ケー... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源⑲新安全性保証回路製作と評価

    比較的簡単にできると思い設計製作着手した過電流検出型の安全性保証回路は、思わぬ難産になりようやく修正設計を完了し製作に移ります。 【半世紀続いた減反開始の頃】 ★基板製作 必要部品第一陣は腕木式信号機制御改修用部品と一緒に届いてました。 ①0.47Ω金属皮膜抵抗3Wは1本単位販売ですがバカデカい、... 続きをみる

    nice! 4
  • 湖南電源⑱安全性保証回路 その後-3

    前回更新に対し『おじさんK』さんから頂戴したコメントで、トンデモナイ勘違いしてた事に気付きました。 ラッチ回路オフ特性の22msecは電源+とGND間アルミ電解コンデンサの放電特性ではないかと指摘を受け、調べると正にその通りだったのです。 【前回記事より転載】 電源+とGND間にはメインボード・安... 続きをみる

    nice! 3
  • TOMIX腕木式信号機制御の改修

    一昨日夕方更新は臨時増刊号でしたので、通常更新に戻ります。 TOMIX腕木式信号機の切替制御シリーズで延伸線コンデンサ切替式の回路開発と共に、直流駆動従来線改修仕様も決まりました。 その結論に基づき従来線改修を実施しました。 【『TOMIX腕木式信号機の切替制御 まとめ』より転載】 従来線信号機S... 続きをみる

    nice! 5
  • 湖南電源⑰安全性保証回路 その後-2

    安全性保証回路ラッチ回路オフ応答時間が長い事が前回解りました。 実を言うと視力低下でユニバーサル基板半田付けが難しい作業になりつつあり、思う様に進められません。 【山のお寺】 その後の中間報告です、内容的には電子回路の理論設計と実験計画です。 ★ラッチ回路オフ特性追加実験 前回のTR94によるラッ... 続きをみる

    nice! 5
  • TOMIX腕木式信号機の切替制御 まとめ

    腕木式信号機のTOMIX推奨条件は、コンデンサ充放電エネルギーが切替必要パワー下限値4.32倍、切替波形有効パワーが下限値6-7倍のオーバーパワーと解りました。 ハイパーポイント電源ポイント切替同等か以上のストレスで寿命に悪影響が出ると考えてます。  シリーズ最後のまとめとして、TOMIX腕木式信... 続きをみる

    nice! 3
  • TOMIX腕木式信号機の切替制御 その4

    前回腕木式信号機コンデンサ切替制御開発実験で信号機破損事故を起こし意気消沈気味です、9V電源が手元にあったので実験を開始します。 【月夜の中山平】 新たに設置した従来線南基台のテープLED部分照明は、ストラクチャ照明と同電源別SWでオンオフ可能です。 夜景にしてこの部分照明点灯すると、レイアウト北... 続きをみる

    nice! 4
  • TOMIX腕木式信号機の切替制御 その3

    TOMIX腕木式信号機制御法開発は直流切替従来線改修仕様が7Vに決まりましたので、コンデンサ切替式の延伸線に進みます。 【横谷観音】 前回更新日10月21日(水)は例年より10日ほど早く紅葉が見頃を迎えてると聞き、標高1,500mの蓼科へ紅葉見物に行きました。 【横谷峡王滝】 平日にも係らず駐車場... 続きをみる

    nice! 3
  • TOMIX腕木式信号機の切替制御 その2

    現在TOMIX腕木式信号機切替制御開発と湖南電源安全性保証回路設計見直し作業を並行して進めてます。 双方で秋月調達部品が発生するので、まとめて発注する算段です。 腕木式信号機の電気的解析は、若い頃の線区初訪問時の様な期待感でワクワクします。 【9割方稲刈りの終わった水田】 秋が深まり稲刈りもほぼ終... 続きをみる

    nice! 4
  • TOMIX腕木式信号機の切替制御 その1

    筆者はTOMIXの工業製品にはほど遠いオモチャレベル電気設計品質と、お客様の声に真摯に向き合わない企業姿勢を批判してます。 なのでストラクチャでお世話になっても、TOMIX車両の入線は今後あり得ません。 1.プロローグ 当社想定は昭和40年代国鉄ローカル亜幹線で腕木式信号機が必須です、ダミーで満足... 続きをみる

    nice! 4
  • 湖南電源⑯安全性保証回路 その後-1

    設計意図通り動作せず見直しが必要になった安全性保証回路記事に対し『おじさんK』さんからコメントを頂戴しました。 素人考えと謙遜されてますが、コメント内容から安全性保証回路の設計意図と動作を100%理解されてる事が解ります。 しかも上手く動作しない推定原因として、筆者が疑った起動コンデンサのトランジ... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源⑮安全性保証回路製作の大誤算

    納期延長の湖南電源は安全性保証回路設計終了で放置してました。 【7月末に秋月から届いた荷物】 『できた時で良いですよ』の言葉に甘え、興味の赴くまま風景製作に励み、アッと言う間に2ヶ月経過しました。 一度気持ちの糸を切ると戻すのが難しい事もありますが、基板半田付けが苦痛になったのが本音です。 中身は... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源⑭追加安全性保証回路の設計

    延伸線2CH走行電源と湖南2CH電源に追加搭載する安全性保証回路の設計です。 前者は2.2A、後者は2.7A動作の過電流保護を各CH1.3A動作に、かつ保護回路動作をパイロットランプ表示させる設計変更です。 これは後戻りできない、したくない筆者のある意味悪あがきで、設計プロセス開示しますが製作推奨... 続きをみる

    nice! 3
  • Hyper-Gの事後対応

    前回7月20日更新でお知らせした通り、Hyper-G 2CH仕様安全性問題が判明し、その事後対応に追われてます。 1.公開情報改訂 まずは公開情報の改訂からです。 Hyper-G設計製作関連記事のまとめページに判明した事実を追記し、安全性問題のある2CH仕様と未確認の2A仕様を製作推奨から外しまし... 続きをみる

    nice! 2
  • Hyper-Gに関する【重要】なお知らせ

    湖南電源製作で出力トランジスタ破損が発生し、簡単交換構造へ変更した話を前回書きました。 何故出力ショート試験後に壊れたのか解明した結果、Hyper-G開発者/情報発信者として告知義務がある重要な事実が判明しましたのでお知らせします。 ◆判明した事実 Hyper-Gは入手容易な低コスト部品で作れる1... 続きをみる

    nice! 5
  • 湖南電源⑬物作りって難しい・・・

    製造業で働いている方は良くご存じだと思いますが、継続生産製品でも予期せぬトラブルは発生する物、新製品生産開始時は事前のテストランで問題なしの判定が出ても、新たなトラブルにに見舞われるのが普通です。 湖南電源は特別仕様の一品料理、開発設計者の筆者は元電子回路設計エンジニアとは言え電源は専門外、30年... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源⑫配線と動作確認

    着手した延伸線建設進めたいのですが、納期の迫った湖南電源片付けないと落ち着かず、ケース組立完了したので回路配線へ進みます。 ◆配線 高機能基板取付操作部配線はできてますが、メイン基板と高機能基板接続を始め、電源機能発揮には多くの配線が必要で、数が多いメインCHから着手します。 最初に速度表示出力端... 続きをみる

    nice! 3
  • 湖南電源⑪ケース組立完成

    自分で設定した納入期限まで1ヶ月になりました、湖南電源は基板準備が完了したので、電源組立へ進みます。 ◆天面パネル クリアアクリル天板に貼る天面パネル製作からです。 『がおう☆』さんと打ち合わせ決定した右メインCH、左サブCH原寸版下をA4サイズで作成しました。 プリンターノズルクリーニングして1... 続きをみる

    nice! 2
  • 湖南電源⑩基板準備 恥を晒します

    湖南電源はケース/接続ケーブルが完成し組立に移行します。 しかしここで筆者ミスが次々発覚、カメラ設定ミスを含めミスオンパレード、恥を晒します。 ◆9V三端子レギュレータ チンチンに発熱し昇天させた9V三端子レギュレータ調達・交換からです。 【カメラ設定ミスったまま進めたので色が変です】 当初基板部... 続きをみる

    nice! 5