Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

物置を作る その3

物置本体が完成し、差し掛け屋根を固定して照明LED取り付けたい処ですが、差し掛け屋根下に置くハザ棒置場を先に作ります。 ハザ棒は乾燥させた5寸丸太の長さ1間半で、1/150にすると1mm丸棒18mm長です。

【現代のハザカケ】
今回3枚の水田用に19本用意しますが、ハザ棒の用法を解説して置きます。 最近天日干しがブランド価値を持つ様になり、自家用以外も手間の掛かるハザカケする農家が増えましたが、一旦やめた時に処分したのか、使われてるのは軽量のアルミ製ハザ棒です。

実例写真の様に、両端は倒れ防止で3脚の足にしますが、稲木を支える途中の足は2本です。 製作水田は狭いので平年作なら3連、豊作年でも4連で足りますが5連分用意して19本です。 4連使用時に中央足を3脚にして17本使用する事もあり、アバウトなのです。

➊1mm丸棒18mm長19本と、1mm角棒20mm長8本を切り出します。
➋丸棒3本に2本乗せた5本セット3組と1本乗せた4本セット1組を接着して組み立てます。
➌5本セット3段の上に4本セットを接着固定し、19本一体化します。
➍1mm角棒2本を仮止めしハザ棒乗せ、曲がりを直して接着します。

残り6本の1mm角棒でこの様に組み上げます。 プラ用接着剤では強度不十分で、半完成状態で裏側に瞬着を流しました。

角棒余分を切り取りハザ棒置場の外形完成、計算では差し掛け屋根下にギリギリ収まるハズなのですが、どう見てもはみ出します。 6mm3尺差し掛け屋根では不足なので作り直し、12mm1間では設置場所制約があるので、中途半端ですが4尺5寸9mmにします。

ハザ棒置場をフラットアース塗装し、乾き切ってない角棒だけ茶系を上塗りしました。

➊9mm幅差し掛け屋根を切り出しました、屋根傾斜があるので0.3mm長くしてます。
➋1.2tプラ板から2.5mm幅帯板を切り出します、差し掛け屋根柱の台と受けになります。
➌貼り付け位置を見易くする為、先に遮光黒色マーカーを塗り、差し掛け屋根先端コーナーに接着します、先に切って貼り付けるのは無理です。
➍柱上部受けはオーバーサイズで極力目立たなくしたいので、ヤスリでコーナーと縁、厚さも少し削り、中央に1.0mm穴を空けました。

柱には洋白線を使います、1mm角棒では太い上に弱いからです。 カタログには0.7mm角とありましたが現品表示は0.8mm角、1.0mm穴で試すと通りました。 0.7mm角なら対角0.99mmで通り、0.8mm角なら対角1.13mmで通らないハズです、現物重視にしま。


この洋白線調達主目的は標識や看板柱です。 従来線線路脇標識、特に停車位置目標や速度制限はレールクリーニング時に折損し易く、一部は0.8mm真鍮線で補修しました。 しかし丸いのが気に入らず未補修放置もあり、延伸線看板・標識柱と共に補修用に使います。

➊差し掛け屋根表面を緑色で筆塗りしました。
➋実物は最初に作る基礎をこの工作は最後に作ります、差し掛け屋根柱受けと同位置の1.2tプラ板基礎に、差し掛け屋根柱台を接着します、ここも接着後切断の低視力工作法です。
➌物置本体屋根と同じ方法でウェザリングしました、少し強目のザラザラ感演出です。
➍差し掛け屋根裏をフラットアース塗装しました。


差し掛け屋根取付前にコンクリート基礎を加工します。

➊採寸して36x37mm、ほぼ正方形の基礎を切り出しました、照明配線逃げ角穴を大き目に空けてあります。
➋差し掛け屋根柱受け穴位置に合わせ柱台に1.0mm穴を空けます。
➌百均グレースプレーを吹きました。
➍ダークグレーと茶系をウェザリング吹きしてテカリを消し、ザラ付いた質感にします。

➊差し掛け屋根裏LED装着部に両面テープを貼ります。
➋差し掛け屋根を取付用桟の上に差し込み瞬着で接着、両面テープ台紙を剥がしLED向きを調整し、配線と共に両面テープに止めました。
➌ここで最終点灯試験、照射方向も良い様です。
➍LEDと配線に黒い瞬着を爪楊枝で付けます、硬化スプレーはLED破損リスクが高いので放置、5時間ほどで自然硬化します。

差し掛け屋根柱取付前に上から眺めました。 差し掛け屋根は作り直しで中途半端に違うよりとヘビーウェザリングしたので、地の緑は解っても本屋根と違う雰囲気になりました。 チョッと気になります。

黒色マーカーで遮光したので漏光は全くありません 完成までにはまだ数工程あり、次回持ち越しになります。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する