Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

物置を作る その2

大分間が空きましたが、狭小水田脇に設置予定の物置製作の続きです。 本体4面壁が組み上がった処で塗装します。

晴天日をを選んで百均調達ブラウンスプレーで下塗りしました。 少々光沢があるのでウェザリングしないと実感的になりません。

地色ブラウンより明るいフラットアースに近い色を遠くからサッと一吹き、更にグレーサフも遠くから一吹きして完成、光沢とノッペリ感が消え、壁板に泥ハネの跡が残る古びた木製小屋になりました。 屋根下地板を取り付け屋根を乗せる前に差し掛け下照明組み込み準備です。 実感的でなければ給電しなければ良いだけで、後から追加不能だからです。

➊小基板に33kΩ抵抗と給電線を半田付けします。
➋出入口扉側差し掛け支持板下に0.6mm穴を2ヶ所空けます。
➌小屋強度補強に取り付けた0.8t板紙製床に2.5mm穴を空け、四角ヤスリで給電線が通る広さに拡げました。
➍リード付きLED配線を0.6mm穴に通します、ポリウレタン線を通し易く、ショート防止し、LED向きを安定させる為に2ヶ所にしてます。

ポリウレタン線を基板に半田付けし、給電線を引き出してから点灯試験し、OKでした。

格子窓から内部が見えるので、基台端側に稲わらを積み、基板はニュートラルグレイで物置収納物に、ポリウレタン線はフラットアース塗装し荒縄風(?)にしました。

基板を床に瞬着固定し、格子窓からどの程度見えるか確認しました、まずまずです。 次は屋根下地板の取付です。

➊屋根下地板は0.5tプラ板使用予定でしたが、加工と塗装が楽なキット台紙に変更です。
➋厚みは0.5mmで同じです。
➌壁から2mm出る山型サイズに裁断して中折りし、中央部を0.8t板紙で裏打ちしました。 紙の特性を活かし、前後一体化と板紙裏打ちで単体で屋根形状にする目的です。
➍屋根材下に重なって見える軒先端面と軒裏及び物置内天井をフラットアース塗装します、すでに屋根形状になってます。

下地板屋根を乗せて接着しました、次は屋根材加工です。

屋根材には少し厚いですが、手持ち材でピッチが狭いクラップボード4061を使用します。

➊屋根下地材仕上がり寸法より各0.5mm大きめに2枚と差し掛け屋根用を切り出しました。
➋差し掛け屋根遮光処理として裏に黒を塗りました。
➌小さな部品なのでキューブ材に固定して塗装準備です。
➍トタン屋根色は赤茶か緑、赤茶は調合が必要なので緑を筆塗り、吹き付けの様な均一な仕上がりになりませんが、屋根なのでOKです。

塗装上りが左、写真では差し掛け屋根以外解り難いですが、テカリがあり実感的でありません。 テカリ消しと古びた感じ演出に薄茶とグレー系スプレーでウェザリングしました。

物置屋根2枚を取り付けました、緑色のトタンらしく見えまずまずです。

まだ屋根は完成しません、2枚の屋根接合部を三角ヤスリで溝彫りします、屋根棟に1mm丸棒を取り付ける為です。 接着してから筆塗りすると汚くなるので、暗めの色としてジャーマングレーを選び、先に1mm丸棒をスプレー塗装しました、臨機応変です。

それを溝彫りした屋根頂部に接着固定しました。  現在の視力で作れるのか半信半疑でしたが、何とか物置らしい外観になりヤレヤレです。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する