Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

水田➌を作る

思い付きで製作開始した水田は、ようやく最後の1枚になりました。

使用予定水田表面材の端材を置いて見ると、余裕で使えそうです。 完成風景をイメージすると工作意欲が湧いてきます。

ここで先の事を考えずに作った袖石垣が問題になりました、この折れ曲がり角度では水田➌面積が狭くなってしまいます。 袖石垣接合部角度変更してもダメで作り直しです。

➊石垣材端材から折れ曲がり角度を緩くする袖石垣を切り出しました。
➋県道下石垣と同じ工程で、百均調達グレースプレーを吹きます。
➌ダークグリーン主体、フラットアース補助のウェザリングです。
➍接合部とベースを瞬着でガッチリ固定しました。

水田➋より1mm低い2mm嵩上げ材が必要で、手持ちはコルクマットしかありません、線路敷設用高級品を使うの勿体ないし弾力があるので、2x10mm工作材を調達しました。

工作材を切り出しボンドでベースに接着しました。

現物合わせで0.8t板紙の水田➌ベースを切り出しました。 水田➊/➋は四角形でしたが水田➌は五角形です、石垣縁まで水田にして1株でも多く1粒でも多く米を作るのが当時の米作りだったからで手抜きはできません。

➊水田➋製作時に7mm幅材を半裁した残りを水田境界畔用に加工します、石垣側と水田面側及び水の入口を斜めにヤスリ落としてます。
➋板紙ベースに接着しましたが、水の入口が高く、水田➋から水が流入しません。
➌残り肉1mmまでヤスリ込んで水が流れる様にします、先にこの加工すると折れてしまうので接着後に加工してます。
➍畔と水田面境界部をフラットアース塗装しました。

水田➊/➋と同じなので途中省略、石垣側2辺と右辺を5mm幅材から加工して接着しフラットアース塗装しました。 左上から流入した水は右下川側から排水する形にします。 排水口は右辺でも良かったのですが、黄色い排水口仕切り板を基台端アクセントに使います。

5mm幅材を加工して排水口取付溝を掘り込み接着しました。

接着部をフラットアース塗装してから帯板細工の排水口を作って塗装し、溝に嵌めて接着しました。 同じ作業で段々馴れてきます、撮影後排水口持ち手を切断しました。

排水口反対側の畔を削り出して接着しフラットアース塗装、畔に3種混合砂を撒いて水田➌の外形完成です。

切り過ぎ厳禁の水田表面材なので、コンマ数mm単位で切断してピタリ収まるサイズにして接着しました。

完成した水田➌をベースに接着し植物素材を配置しました。 手前が完成すると奥の袖石垣と県道の隙間が気になり、まだ風景は未完成です。

➊問題の隙間の鳥瞰です、県道下は水田敷地ベースがなく空洞になっており、このまま紙粘土詰めても強度が出ません。
➋失敗作袖石垣の廃物利用、1辺を平らにヤスリ落とします。
➌7mm幅材切り出し残りと板紙でフェンスを作ります。
➍これを隙間に接着すると紙粘土を詰め込める閉空間ができます。

➊竹串を使い奥から紙粘土を詰め込みました。
➋乾燥したらフラットアース塗装です。
➌3種混合砂をボンド水で固着。
➍植物を植えて地形完成です。

水田➊-➌手前基台端にもダークグリーン板紙を貼りました。 北基台西端の県道トンネルから民家Aまで、基台半分の風景が小物配置を除き完成刑になりました、ヤレヤレです。

低い目線で水田と県道を眺めます。 設計段階でここに水田なんて思いもよりませんでしたが、視界を遮らずかつ山村らしい風景になり、良い選択だったと感じてます。

同アングルの夜景です。 水田の存在は消えて当然ですが、県道沿いに点在する灯りが路面を明暗に浮かび上らせ、『地方の暗い夜』の風景再現できたと満足してます。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する