Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

北海道遠征記 その2

北海道初日は引き返して旭川泊でした。 5月11日から道東を反時計回りに富良野⇒帯広⇒釧路⇒根室⇒網走⇒紋別と訪問する計画です。

旭川から富良野線沿いに南に進み、市街域を出外れると、如何にも北海道という田園風景が広がります。 うねった丘全体が畑です。


★美馬牛
富良野線の中央付近美瑛南にある美馬牛駅が最初の目的地です。

田中邦衛さん主演の長編ドラマ『北の国から』ロケに使われた美馬牛駅です。 ローカル線標準仕様の様な駅舎で、当然無人駅です。

駅舎前1番線が旭川方面、御覧の様に富良野方面2両分+αの完全オフセットホームが踏切で繋がってます。 左端に貨物側線が残ってます。

北海道の地名は難読が多いですが『びばうし』と読みます。

この駅に来たのは時刻表で解る様に朝6-8時台に列車交換がこの駅で行われるからです。

富良野方面ホームから駅舎ホームを見ると、こんな感じです。

立入禁止看板がなかったので線路脇を歩いてゆくと、貨物側線分岐は遺構ではなく、遠隔操作可能モーター付きでした。 除雪/保線車両が現在も使ってるのかもしれません。

発車時間8分前に富良野行列車がやってきました、降車客ゼロ、乗車客1人だけでした。

旭川行列車が姿を現したのは発車時間2分前、降車客はゼロでしたが乗車客は4人、高齢者が多かったので、美瑛か旭川への病院通いでしょうか。

8:37同時発車、いずれも2両編成、美馬牛駅取材終了です。


★富良野/幾寅
次のナビ目的地は富良野ワインレストラン駐車場、営業開始前に小高い丘の上から空知川橋梁を渡る列車狙いですが、ダブルミスをしてしまいました。 アホさ加減はこの後で。

 

美馬牛から国道に戻る道の両側もこんな感じで『北海道に来たな』と実感できました、本州とは風景のスケールが全く違います。

最初のミスは目的地、富良野ワイン工房レストランに向かってました。 ナビにワインレストランが入ってなく勘違いでした。 『目的地周辺です』にキョトン、通りかかった軽トラ小父さん(筆者同世代)に市の施設で数キロ行き過ぎたと教えられ戻りましたが・・・。


写真は富良野手前の脇道です、あるべき物がありません、路端を示す矢印標識または赤白ポールです。 地元民の生活道路なので、両側の電柱で代用してるのでしょうか。

富良野発10:01列車に間に合いそうになく、丘の麓の鉄橋脇に陣取りました。 10:03頃通過予定なのに来ません。 10:10に諦めてこの写真撮って幾寅へ向かいました。 2番目ミスは2月末に5月日付けで計画した事、3月のダイヤ改正が計画に反映されてなかったのです。 先行程分をその夜調べると、釧網本線の減便や数分の時間変更など結構ありました。

富良野から新得方面に向かった場所で、まだ富良野盆地内です。 根室本線この区間は水害不通でバス代行輸送になり、復旧せずに廃線が決まり、今年3月廃線になりました。 踏切レール上に柵が作られたのは廃線決定時からの様で、廃線後ではなさそうです。

廃線2ヶ月後だからなのかレールはまだ撤去されてません。

10:45幾寅着、停車中バスは代行バスではなく観光バスです。 廃線により完全な観光地になってます、富良野-帯広間に他に何もありません。

駅名標は幾寅でなく幌舞です、今年3月の廃線で幾寅は廃駅ですから辻褄は合ってます。

映画セットのだるま食堂がそのまま残ってます。 それにしても先頭部分切ったキハ22のモニュメントは何の意味があるのでしょう。

旧幾寅駅舎は『ぽっぽや記念館』と化してます。 現在は入場無料ですが、これからどうなる事か、維持管理には金が掛かりますからね。

これが記念館入口、『幌舞』とは実際になくても100人中95人以上が北海道の駅を連想する上手いネーミングです。

高倉健さんが身に着けた衣装・小物も展示されてます。

美寄は名寄と美深を合成した架空駅名ですが旭川は実在、すると幌舞駅は宗谷本線の想定なのかもしれません。

 

富良野方から狩勝峠方面の眺めです。 50年前には交換施設があり、上下一方の急行『まりも』が真夜中に停車してました。 運転停車で良かったのに客扱いしてました、つまり幾寅は急行停車駅だったのです。


★新得・タウシュベツ
幾寅から狩勝峠を越えて十勝に入りました。 旭川から1日で釧路は遠過ぎ、帯広では時間が余ります。 そこで見てないタウシュベツ橋梁に足を伸ばす事にしました。 渇水期しか見えない、+3時間強で水没ではガッカリですが、当って砕けろの下調べなし突撃です。

新得の立寄り場所到着予定5分前、丁度正午に蕎麦の里がありました。 そう言えば十勝/日高は蕎麦の産地です。 天ザル大盛¥1,900は少々高い物の、味は70点の良でした。

50年前の北海道はD51と9600王国でした。 新得SL広場に保存されてる9600です。 昭和13年製の後期グループで新得で9年間活躍しました。

キャブ内にカメラを差し込んで撮影した1枚です。 静態保存蒸機の中では良く原状を留めてる方です。 写真多数撮りましたが、紹介する余裕ありません。 静態保存場所は狩勝峠から十勝平野に下って来る石勝線脇でしたが、撮影予定特急は来ませんでした。

この9600はナメクジドームの変わり種です。 鉄道P誌9600特集にも載ってませんでしたので、相当特殊な個体だと思います。

ナビ指示ルートの然別湖左岸ルートです。 湖岸をウネウネトレースする狭い道で平均速度30km/hです。 結果的に少し遠回りして右岸側の広い直線道路を70-80km/hで走れば早く着けました、単細胞脳ナビなので仕方ありません、それでも新得から1時間半でした。

駐車スペースから300mほど歩いた展望台から望遠で撮影しました。 最悪水位が高く水没してる可能性もあったのに実にラッキーでした。

土曜日だったからか、駐車スペースには常時4-5台が停まり、熊除け鈴不要でした。 説明板によると、6月-10月完全に水没とありますので、日程選択が良かった様です。

直線距離約700m、こちらは標準レンズ撮影です、5人並べば一杯になる狭い展望台です。

道路から展望台へ向かう途中で自然歩道を横断します。

コレ、どう見てもダム建設でタウシュベツ橋梁水没時に付け替えられた士幌線の廃線跡です、反対側も同じで道路沿いに伸びてました。

ナビを帯広に設定して、今度は然別湖右岸経由で向かう際、タウシュベツ橋梁を水没させた糠平ダムが見られました。 旅最初の2日は好天に恵まれましたが、12日(日)は雨降ったり止んだり、13日(月)は雨の予報で、特に13日は大事な日で困りました。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する