Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

消防屯所の再製作ー1 悪い予感が的中

消防屯所と火の見櫓の再製作として開始したシリーズですが、思わぬトラブル続きで長引きましたので、消防屯所の再製作として再スタートします。

いや~な予感が当ってしまいました、消防車が大き過ぎるのです。 建物キットのネット通販ならサイズ表示がありますが、車はありません。 小さいボンネット消防車なら何とか入るだろうと購入しましたが、屯所の長さが2-3mm足りません。

幅の方はギリギリ、乗車スペースはありますが、装備品置場が窮屈そう・・・。  屯所を大きくする?、いえいえ消防車を短くします、格納された消防車の風景が製作目標で、出動予定はありませんので・・・、とまあ、つまり楽な選択をしました。

3mmも10mmも切るのは同じという訳ではありませんが、最終的に7mm切りました。 照明用スペースも稼ぎ出す算段で、消防車が消防指揮車のようになってしまいました。

次に消防屯所前加工を行います。 接着剤不要がジオコレの売りですがこれが曲者、ベースと本体の勘合が悪く、ベース・建物のゆがみや、内部照明が足元から漏れる原因になっています。 ベース表裏の穴をカッター刃先でバリ取りの要領でテーパーを付けます。

建物側の爪はヤスリでコーナーを落します。 消防屯所は仮組みでOKでしたが、キットにより更に爪長さ加工の必要があります、ゆがみや遮光トラブルを避ける手順です。

奥に窓プラ段差調整部材を貼ってあります、ジオコレ箱が丁度良い厚さでした。

赤色灯先端を塗料が剥げる程度にヤスリで面を出し、光ファイバーを通す0.9mm穴を空けます。 赤色灯パーツがもげない様に真っ直ぐに貫通させます。

屋根を仮組みし、光ファイバーを通してみます。 屋根のリブの間を無事通過しました。

消防屯所内を照明するので遮光します。 内壁黒色塗装が一般手法ですが、扉を開けた時に見えるので、別の方法を使います。 カレンダー用紙表裏に黒マーカーを塗って透過率を見たところ、充分行けそうなので採用しました、何でも使うのが露太本線式です。

プリンター印刷した壁材と張り合わせて、遮光壁材の素材にします。

先に裏側に両面テープで貼り、屯所内壁の窓部分を逃げる形に切り出して張りつけます。

奥側のすき間は、照明モジュール用のスペースです。 今回はここまでにします。


ではまた。

露太本線の光ファイバー照明について

今回は消防屯所の再製作に先行して、露太本線の建物門燈、ホーム構内灯などの小さな灯りに採用している光ファイバー照明について紹介します。

光ファイバーは、小学校高学年~中学生対象の実験キットで、通販で¥800でした。 0.8mmx5mの光ファイバーが付属されており、まだ1/3も使っていません。

【子亀式光ファイバー照明】

専用光源を持たず、建物照明から光ファイバーで導光する方式です。

中山平病院門燈への実施例です。 他に、中山平駐在所、農家1、生野商人宿太田屋など、一定の条件を充たす場所に採用しています。

病院の屋根を外し、遮光部材をめくった状態です。 一方を建物照明の砲弾型LEDに固着し、他方を瞬着で濡らして光を拡散しています。 一定の条件とは、LED正面±45度以内から採光できる事と光ファイバーを小さなRで曲げない事です。 LEDスペックは60度で輝度1/2ですが、45度を越えると大きく減光します。 また光ファイバーは曲げに弱く、梱包状態のクセを真っすぐ伸ばす~更に15度曲げる範囲で使っています。

【専用光源式光ファイバー照明】

上記条件を充たさない場合、及び高輝度が必要な場合は専用光源式を採用しています。

専用光源式の製作工程です。 3x4ランドに切り出したユニバーサル基板に3225チップLED電球色を半田付けし、リード線を引き出します。

1.5mm穴を空けたコの字型0.8t真鍮板を、穴とLED中心を一致させて半田付けします。 内径1mm真鍮パイプを穴に差し込んで半田付けし、光ファイバーをLED表面に届くまで差し込みます。 この状態でLEDを点灯させると、ビーム状の光になります。

光ファイバー先端部を瞬着で濡らし、光を拡散させて照明に適する様にします。

LED部からの遮光をする為、黒色絶縁テープに穴を空けて通し基板ごと包みます。

これで専用光源式光ファイバー照明モジュールが完成します。

中山平対向ホーム構内灯への実施例です。 LEDはホーム下です、真鍮パイプを長くして柱にし、KATO構内灯先端を加工して被せています。 電球傘をシルバー塗装して反射・拡散の目論見でしたが、足元を充分照らすには至っていません。 生野駅3・4番線ホームにも同じ物を設置しています。 この方式は農業倉庫、籾倉、消防屯所、子亀式では輝度不足だった中山平駅舎門燈などに採用しています。

現在の消防屯所屋根を外した状態です。 赤色灯だけですので、専用光源式光ファイバー照明モジュール真鍮パイプを大きなRで曲げ、屋根と干渉回避して設置してあります。 でも、これでは消防車のスペースがありません、再製作では子亀式を採用予定です。


ではまた。

諏訪大社御柱祭 上社山出し祭終了

4月4日、綱置場から御柱屋敷まで12kmの道のりを、8本の御柱を曳行する上社山出し祭が終了しました、期間中の人出は52万人と報道されました。 最終日は朝方の激しい雨が昼前には上がり、ほぼ日程通りに諏訪盆地を熱気に包んだ祭の第一章が終りました。
注:第二章、勇壮な木落しが特徴の下社山出し祭は来週開催されます。

午前9時半に木落しが行われた前宮三のセレモニーの様子です。 メドは曳行用6mから木落し用8mに付け替えられ、それぞれ10人のメド衆を乗せたまま坂を下ります。 氏子達は部落の法被が見える様に、透明カッパを着て早朝からここまで綱を引いてきました。 ぬかるんだ木落し坂に足を取られ泥まみれになった氏子も大勢いました。

前宮四のセレモニーでは、木落し坂にせり出した御柱の上で、こんなパフォーマンスも行なわれました。 メド衆は各部落消防分団員が多く、出初め式の技を晴れ舞台で披露しているのです、午前11時半に8本目、最後の木落しが行われました。

川越しです、両岸は観客が鈴なりです。 筆者の部落では、区旗を持ち川を渡った3人、綱係の2人、川の中で命綱を担当したメド衆10人が雪解け水の川に入りました。 【会場の様子】で紹介した様に、現場は重機で掘ってあり、頭まで浸かった人の話では、足が川底に届かず綱にしがみついたそうです。 数回前の山出し祭川越しでは死人も出ており、現在は川下にネットを張り、数人のレキュー隊員を配置したイベントになっています。

川越しを終えた対岸に御柱屋敷よ呼ばれる場所があり、里曳き祭までの一ヶ月間、御柱が安置されます。 前宮四が到着し8本の御柱が揃いました、午後5時過ぎのことです。

大総代の挨拶の後、氏子全員で万歳三唱して上社山出し祭が終了しました。 後片付けを終り帰路についたのは午後6時半、互いの労を労う直会が深夜近くまで続きました。


ではまた。