Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

道南ぶらり旅-1 定年後の特権?

5/24-28、4泊5日で函館を拠点に道南を夫婦で旅してきました。 今月末期限切れのANAスカイコイン用途を考えていた時にタイムセールのメール着信、再訪したかった函館へ、御柱祭の骨休みを兼ねて、事前計画のなかったぶらり旅に出かけてきました。

この航空券、往復普通運賃6.4万円、ディスカウント約4万円、株主優待3.8万円です。 航空会社は1ヶ月前予約状況で搭乗率をほぼ正確に予測できます。 空席より収益向上、でも他へ影響するので販売価格は伏せたい。 そこで、空室確実のホテルと組み合わせ、タイムセールを行います、羽田発福岡2日¥19,800、札幌・沖縄3日¥29,800などです。

羽田は遠く時間は十分ある、函館4泊の条件で検索し一番安い5/24出発を選びました。 羽田13:05発、16:35着、現地滞在時間が長くアクセスに都合良い、ホテル(食事なし)は函館山の麓、赤レンガ倉庫に近い十字街、〆てお値段何と¥37,500。 株主優待より安くホテル4泊おまけ付き、スカイコインと株主優待券売却で超激安旅になりました。 こんな選択ができるのは、時間が自由になる定年後の特権かもしれません。

5/24到着後シャトルバスで市内へ移動しチェックイン、市電終点谷地頭から立待岬を経由してロープウェイ山麓駅まで1時間ほど散策してから、18時過ぎ函館山へ登りました。

初訪問の9年前も夜景を見ましたが、夕暮れから刻々と変化する様が本当の楽しみ方と後で教えられ、今回はそれを見に行ったのです。 あいにくの曇り空で霞がかかり、夕焼けに浮かぶ光景は見られませんでしたが、日没時間18:55はこんな状態でした。

その30分後、かなり暗くなり光が浮き上がってきましたがとにかく風が強くて寒い。

それに、ここは香港島かと思えるほど中国人観光客の大軍団、真っ暗になるのを待たずに山を下りました。 新幹線開通企画ツアーかもしれませんが、ロープウェイアナウンスが日本語・中国語・韓国語・英語の順でしたので、普段から多い様です。 宿泊ホテルにも他日訪問した元町教会群やベイエリアにも傍若無人な中国語が飛び交っていました。


ではまた、続きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。