Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

夜明けの築堤を行く

今回は『畦道から見た夜明けの蒸機』がテーマです。 レイアウトは眺め下ろすアングルになり易いので、あえて堤の上を走る蒸機を見上げる視点にこだわってみました。

日の出、空や山はすでに明るく山の端から昇り始めた朝日が里へ射し込む頃です、堤下の水田は、まだ陽が当っていません。 このカメラアングルは昼景・夕景には使えません、この時間帯設定ならOKですが、左上背景空が切れて天井裏が見えているからです。

段々水田の築堤を朝焼けに照らされて・・・、キャブの窓が光っています。

小川堤防の農道から見上げた、朝日を浴びて築堤を進む重連蒸機です。 撮影は川面から行っています、このアングルは動画にも使いたいと考えています。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。