Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

微かな光の中の蒸機

前回投稿写真にも重連が2枚含まれていますが、『重連蒸機の峠越え』以来、すっかりその魅力に取り憑かれています。 趣味なので、面白いと感じたらとことんハマるのも良いのではと思っています。 今回は砲弾型LED1灯で照明した写真2枚を紹介します。

水銀構内灯に浮かび上がる、側線待機中補機のイメージです。 KATO製蒸機は常点灯が利かず、ヘッドライト点灯域で走行してしまうので、これまで静止画夜景・夕景はごくわずかしか撮影していませんでした。 しかし、光の当て方でとても魅力的な絵になる事を知り、風景が見えなくてもこれはこれで良いもんだと感じています。

こちらは白々明けの重連、築堤石垣・通信電柱・背景樹木等もかすかに見えています。 50年前の鉄道雑誌に、夕映えに照らされた加太越えD51重連写真が掲載されており、とても印象に残りました、それが源イメージになっています。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。