Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

露太本線の光ファイバー照明について

今回は消防屯所の再製作に先行して、露太本線の建物門燈、ホーム構内灯などの小さな灯りに採用している光ファイバー照明について紹介します。

光ファイバーは、小学校高学年~中学生対象の実験キットで、通販で¥800でした。 0.8mmx5mの光ファイバーが付属されており、まだ1/3も使っていません。

【子亀式光ファイバー照明】

専用光源を持たず、建物照明から光ファイバーで導光する方式です。

中山平病院門燈への実施例です。 他に、中山平駐在所、農家1、生野商人宿太田屋など、一定の条件を充たす場所に採用しています。

病院の屋根を外し、遮光部材をめくった状態です。 一方を建物照明の砲弾型LEDに固着し、他方を瞬着で濡らして光を拡散しています。 一定の条件とは、LED正面±45度以内から採光できる事と光ファイバーを小さなRで曲げない事です。 LEDスペックは60度で輝度1/2ですが、45度を越えると大きく減光します。 また光ファイバーは曲げに弱く、梱包状態のクセを真っすぐ伸ばす~更に15度曲げる範囲で使っています。

【専用光源式光ファイバー照明】

上記条件を充たさない場合、及び高輝度が必要な場合は専用光源式を採用しています。

専用光源式の製作工程です。 3x4ランドに切り出したユニバーサル基板に3225チップLED電球色を半田付けし、リード線を引き出します。

1.5mm穴を空けたコの字型0.8t真鍮板を、穴とLED中心を一致させて半田付けします。 内径1mm真鍮パイプを穴に差し込んで半田付けし、光ファイバーをLED表面に届くまで差し込みます。 この状態でLEDを点灯させると、ビーム状の光になります。

光ファイバー先端部を瞬着で濡らし、光を拡散させて照明に適する様にします。

LED部からの遮光をする為、黒色絶縁テープに穴を空けて通し基板ごと包みます。

これで専用光源式光ファイバー照明モジュールが完成します。

中山平対向ホーム構内灯への実施例です。 LEDはホーム下です、真鍮パイプを長くして柱にし、KATO構内灯先端を加工して被せています。 電球傘をシルバー塗装して反射・拡散の目論見でしたが、足元を充分照らすには至っていません。 生野駅3・4番線ホームにも同じ物を設置しています。 この方式は農業倉庫、籾倉、消防屯所、子亀式では輝度不足だった中山平駅舎門燈などに採用しています。

現在の消防屯所屋根を外した状態です。 赤色灯だけですので、専用光源式光ファイバー照明モジュール真鍮パイプを大きなRで曲げ、屋根と干渉回避して設置してあります。 でも、これでは消防車のスペースがありません、再製作では子亀式を採用予定です。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。