Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

露太本線生野駅について

ローカル線レイアウトに使えるキットは限定され、国内に「生野駅」が数多く存在しているようです。 露太本線のメインステーション生野駅について紹介します。

(注)図中の数字記号はポイント番手と分岐方向、小丸印は電気的ギャップを表します。


生野駅は鉄道敷設時の反対運動により、生野町東端の小高い丘の上に建設されたという設定です。 峠の登り口に位置するので、小さな町ですが規模の大きな駅になっています。 1番線が下り本線、2番線が下り貨物待避線、跨線橋を渡った3番線が上り本線、4番線が旅客列車待避線になっています。 2番線と3番線間には積雪時の構内除雪用の融雪溝が設置されています。 幅深さ共に1mほどで水量が多く、融かすより押し流す「排雪水路」機能の施設で、一晩で30cmの積雪が珍しくない北国の路線に良く見られたものです。 4番線の外側には機廻し線があり生野機関支区の詰所や施設群が並び、駅東北端には機関庫があります。 機関庫と本線間には、簡易ポイントから分岐する保線区車両留置線があります。 一番外側に留置線が2本あり、生野止まりの区間列車や増結車の留置、冬季には除雪列車が待機するという設定です。


ほぼ完成状態の生野駅全景です。 駅奥斜め2本の物体は耐震補強構造鉄骨で、回避不能な立地条件として目をつぶっています。(不思議なことに見慣れると気にならなくなります!?)

設計コンセプトで重視した夜景はこんな具合です。

使用部品を簡単に整理します。
ホーム本体は御座敷運転で使ったKATO近郊型を加工して、両端を2mm低くした嵩上げタイプにしました。 ホーム幅がちょうど良く、手持ち部品を活用する為です。 駅本屋はKATOローカル駅舎セットのホーム部を切除して近郊型ホームと合体、1番線上屋はKATOローカルホームセット、3/4番線上屋はグリーンマックスローカルホームセットの転用です。 跨線橋はスパン延長の為、グリーンマックス製2セットから加工しました、左右それぞれ2スパン延長しています。 機関庫と付帯施設はKATO製、ジオコレの小物を少々、ホーム上の給水施設や標識類は自作しました。 機廻し線の右手、給水塔の並びに古風なヤード塔3基が並んでします。 中学生だった50年前にレイアウト製作に備えて入手した部品で、HO用を高さを2/3に詰め、LEDに換装して設置しましたが、まだ少し高過ぎるようです。


生野駅が舞台の動画をアップしてありますので、よろしかったらご覧ください。


Nゲージレイアウト国鉄露太本線02「生野駅夕景」

【動画のシナリオ】
夕暮れ時、給水が終った下り貨物列車が2番線に停車しています。
峠を下った上り普通列車(キハ52 3連)が増結車が待つ4番線に到着します。
(上り本線をカメラが塞いで使えないのが真相)
ポイントと出発信号機が切り変わり、タイフォン音と共に下り特急(キハ181系6連)が生野を通過して行きます。
そして数分後、ループ線を登った特急が姿を現し彼方へ消え去ります。



ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。