Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

晩秋の田園夕景

5回シリーズでお届けした田園風景を舞台にした、新撮夕景を紹介します。

そろそろ野良仕事が終りの頃合いです。

婆ちゃんと母ちゃんはお勝手に立ち、間もなく帰る男達の為に玄関に灯りがつきました。

尾根向こうのお寺は夜の闇に包まれていきます。

小川を渡り急斜面の下を進む急行列車、赤とんぼが舞っていそうです。

レールの影が長く伸び、夕陽は間もなく山の端に沈みます。

東の空が暗くなり、ワダチの影も濃くなります。 この写真8時半から9時方向にレイアウト基台の台枠が写っていますが、目立たないのではないでしょうか。 試行錯誤して、ダークグーン塗装すると違和感が最小になることが解りました。

暮れ残りの築堤大カーブを、残照を浴びて列車が去っていきます。


動画をアップしました。

Nゲージレイアウト国鉄露太本線07「晩秋の田園夕景」

お寺の鐘の音、川のせせらぎ、用水路流水音、鉄橋通過音など効果音入りです。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。