Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記

運転よりシナリー重視コンセプトで、昭和40年代後半の風景再現を目指しレイアウトを製作中です。映像・画像を交えながら、製作記に加え、随想や旅行記も発信します。2016年9月より延伸線建設に着手しました。

風太郎さんの写真展

8月28日(日)午後、新宿ニコンサロンで開催中の写真展『旅のたまゆら 1981-1988』を訪問しました。 開催期間(16日-29日)前半は多忙で動けず、東京での所用に合わせ会期末になりました。

ブログ開設以来、レイアウト製作以外の鉄道関連ブログをのぞく様になり、偶然出逢った風太郎さんブログ [http://futaro1980.blog.fc2.com] に衝撃を受けファンになりました。 80年代ローカル線の一瞬一瞬、モノクロ77点、ご自身プロフィールに『鉄道車両が写っていなくとも、「旅」が写っていれば良しとする』と書かれていますが、筆者は旅と共に「時代の雰囲気」「そこにあった生活」「場の匂い」まで写っていると感じます。

【風太郎のPな日々 2016.1.17『駅の品格』より転載】
会場でお目にかかった風太郎さんにブログ転載許諾を頂戴した、ファンになったキッカケです。 風太郎さんの作品には、鑑賞者個々の『あの時代』と結び付き、何かを呼び覚ます触媒の力がある様です。 筆者より一回りお若く、露太本線設定時代と10年の時差がありますが、高度成長からバブル崩壊へ、全てが急激に変化し得た物の陰で失われた物、昭和時代末の空気感は、ローカル線ともなれば多くの部分で色濃く重なっています。


筆者の1981-1988は鉄分なし、「第二子誕生」「転職移住」「第三子誕生」「自宅新築」の中で目一杯生きた時代、やり直したいとは絶対思わない・・・でも懐かしい、甘酸っぱい想いと静かな感動のタイムスリップ旅でした。 風太郎さん、ありがとうございました。


ではまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。